ソユーズT-6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズT-6
徽章
Soyuz T-6 mission patch.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズT-6
質量 6,850 kg
乗員数 3
コールサイン Памир
発射台 バイコヌール宇宙基地
ガガーリン発射台
打上げ日時 1982年6月24日
16:29:48 (UTC)
着陸または着水日時 1982年7月2日
14:20:40 (UTC)
ミッション期間 7日21時間50分52秒
遠地点 233 km
近地点 189 km
公転周期 88.7分
軌道傾斜角 51.7°
年表
前回 次回
ソユーズT-5 ソユーズT-7

ソユーズT-6 (Союз Т-6 / Soyuz T-6) は、ソユーズによる宇宙ステーションサリュート7号への往来を目的とした、2回目の有人ミッションである。コールサインは「パミール」。

サリュート7号まで残り900mになった時、アルゴンコンピュータが不調を起こした。船長のウラジーミル・ジャニベコフは、手動コントロールで、予定時間の14分前にドッキングを完了した。彼が披露したこのスキルによって、彼は1985年にサリュート7号を救うために行われたソユーズT-13の乗組員に抜擢された。クレティエンはソ連の宇宙船に初めて搭乗した西側諸国の人間であり、彼の参加は、ソ連と他国との共同宇宙飛行計画「インターコスモス」の新しい時代の幕開けを象徴するものだった。

サリュート7号での滞在中、このフランス人は、1週間分のゴミを宇宙船から輩出するという「名誉」な仕事を任された。長期滞在していたヴァレンチン・レベデフの日記には、クレティエンがサリュート7号のことを“単純で印象的ではない。しかし信頼できる。”と評したことが書かれている。

乗組員[編集]

バックアップ[編集]