STS-124

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STS-124
徽章
STS-124 patch.svg
ミッションの情報
ミッション名 STS-124
シャトル ディスカバリー
乗員数 7
発射台 LC39-A
打上げ日時 2008年5月31日 21:02 UTC
着陸または着水日時 2008年6月14日 15:16 UTC
ミッション期間 約14日間
高度 225km – 343km
軌道傾斜角 51.6 °
航行距離 217周回(約923万km)
乗員写真
Sts124crew.jpg
(左から)シャミトフ、フォッサム、ハム、ケリー、ナイバーグ、ギャレン、星出
年表
前回 次回
STS-123 STS-123 patch.png STS-126 STS-126 patch.png

STS-124は、国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション(1J)のために、2008年5月末から15日間に渡って行われたスペースシャトルディスカバリーによる有人宇宙飛行である。

ミッション内容は、日本の実験棟きぼうの本体部分である船内実験室のISSへの運搬と設置、STS-123でISSに仮設した船内保管室の本設置等であった。

乗組員[編集]

かっこ内の数字は、今回を含めたフライト経験数。

出発する Expedition 17 乗組員[編集]

  • グレゴリー・シャミトフ (1) — フライトエンジニア

帰還する Expedition 16–17 乗組員[編集]

  • ギャレット・リーズマン (1) — フライトエンジニア

緊急時救援飛行[編集]

STS-124の飛行中に万が一、耐熱パネルに損傷が生じる等してディスカバリーが地球への再突入に耐えられないと判断された場合、エンデバーが救援飛行を行うことになっていた。この飛行はSTS-326と名付けられており、STS-126で飛行予定の7名の宇宙飛行士の中からファーガソン船長以下4名の飛行士が搭乗することになっていた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]