STS-104

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STS-104
徽章
Sts-104-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 STS-104
シャトル アトランティス
発射台 39-B
打上げ日時 2001年7月12日 05:04 EDT
着陸または着水日時 2001年7月24日 23:38 EDT, ケネディ宇宙センター
ミッション期間 12日18時間36分39秒
周回数 200
高度 226 km
軌道傾斜角 51.6°
航行距離 850万 km
乗員写真
STS-104 crew.jpg
年表
前回 次回
STS-100 STS-100 STS-105 STS-105

STS-104は、スペースシャトルアトランティスを用いて行われた国際宇宙ステーションへのミッションである。2001年7月にフロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられた。主な目的はクエストモジュールの取付けとISSの維持管理である。3度の宇宙遊泳を含むミッションは成功し、事故無く地球に帰還した。

乗組員[編集]

職務
船長 スティーヴン・W・リンジー
(3度目の飛行)
パイロット チャールズ・ホーバー
(初飛行)
ミッションスペシャリスト1 マイケル・ガーンハート
(4度目の飛行)
ミッションスペシャリスト2 ジャネット・L・カヴァンディ
(3度目の飛行)
ミッションスペシャリスト3 ジェームズ・レイリー
(2度目の飛行)

ミッションパラメータ[編集]

  • 質量:
    • 打上げ時質量:117,129 kg
    • 帰還時質量:94,009 kg
    • ペイロード:8,241 kg
  • 近点:372 km
  • 遠点:390 km
  • 軌道傾斜角:51.6°
  • 軌道周期:92.2分

ISSとのドッキング[編集]

  • ドッキング時刻:2001年7月14日 03:08:00 UTC
  • ドッキング解除時刻:2001年7月22日 04:54:00 UTC
  • ドッキング時間:8日1時間46分00秒

宇宙遊泳[編集]

  • ガーンハートとレイリー - EVA1
  • 開始時刻:2001年7月15日 03:10 UTC
  • 終了時刻:2001年7月15日 09:09 UTC
  • 時間:5時間59分
  • ガーンハートとレイリー - EVA2
  • 開始時刻:2001年7月18日 03:04 UTC
  • 終了時刻:2001年7月18日 09:33 UTC
  • 時間:6時間29分
  • ガーンハートとレイリー - EVA3
  • 開始時刻:2001年7月21日 04:35 UTC
  • 終了時刻:2001年7月21日 08:37 UTC
  • 時間:4時間02分

ミッションハイライト[編集]

STS-104の主な目的はクエストモジュールの運搬と取付けだった。これはジョイントエアロックで、シリンダー状の気密された2つの部屋がハッチで繋がっている構造をしていた。ISSに取り付けられ、起動された後は、ISSからの宇宙遊泳の主な出口として働いた。

ジョイントエアロックは長さ6.1m、直径4.0mで、重量は5.9トンである。アラバマ州ハンツビルマーシャル宇宙飛行センターボーイングによって製造された。またSTS-104ではスペースラブの4つの高圧ガス容器も運ばれ、エアロックの外側に取り付けられた。

ミッションスペシャリストのマイケル・ガーンハートとジェームズ・レイリーは3度の宇宙遊泳を行い、合計で16時間30分を選外で過ごした。最初の宇宙遊泳ではエアーロックの取付けを補助した。2度目と3度目には4つの高圧ガスタンクや手すり、生命維持装置等をエアーロックの外壁に取付けた。3度目の宇宙遊泳は、クエスト自身から出て行われた[1]

起床コール[編集]

NASAの有人飛行では、ジェミニ計画以来、乗組員は宇宙での一日の始まりに特別な音楽を流すことになっている[2]。それぞれの音楽は家族等により特別に選ばれたもので、乗組員各自にとって特別な意味を持つか、日常の業務に適したものである[2][3]

歌手/作曲家 リンク
Day 2
Wallace Courts Murron ブレイブハートサウンドトラック WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 3
God of Wonders Caedmons Call WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 4
Space Cowboy イン・シンク WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 5
No Woman, No Cry ボブ・マーリー WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 6
Nobody Does it Better カーリー・サイモン, from the The Spy Who Loved Me soundtrack WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 7
Happy Birthday, Darling Conway Twitty WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 8
All I Wanna Do シェリル・クロウ WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 9
A Time to Dance Space Center Intermediate School Symphonic Band WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 10
I Could Write a Book ハリー・コニック・ジュニア, from 恋人たちの予感サウンドトラック WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 11
Who Let the Dogs Out? The Baha Boys WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 12
Orinoco Flow エンヤ WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 13
Honey, I'm Home シャナイア・トゥエイン WAV MP3
TRANSCRIPT
Day 14
Hold Back the Rain デュラン・デュラン WAV MP3
TRANSCRIPT

出典[編集]

  1. ^ Giving the space station a doorway to space”. NASA. 2010年2月18日閲覧。
  2. ^ a b Fries, Colin (2007年6月25日). “Chronology of Wakeup Calls” (PDF). NASA. http://history.nasa.gov/wakeup%20calls.pdf 2007年8月13日閲覧。 
  3. ^ NASA (2009年5月11日). “STS-102 Wakeup Calls”. NASA. 2009年7月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]