ソユーズMS-02

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズMS-02
Expedition 49 Preflight (NHQ201609150017).jpg
飛行前点検中のソユーズMS-02
運用者 ロスコスモス
COSPAR ID 2016-063A
SATCAT № 41820
任務期間 173日3時間16分21秒[1]
飛行距離 1億18百万キロメートル[1]
周回数 2,768[1]
特性
宇宙機種別 ソユーズMS 11F747
製造者 RKKエネルギア
乗員
乗員数 3
乗員 セルゲイ・リジコフ
アンドレイ・ボリシェンコ
シェーン・キンブロー
コールサイン Favor
任務開始
打ち上げ日 2016年10月19日 08:05 UTC
ロケット ソユーズFG
打上げ場所 バイコヌール宇宙基地 LC 31/6
任務終了
着陸日 2017年4月10日 11:20 UTC
着陸地点 カザフスタン
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
傾斜角 51.6°
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ポイスク
ドッキング(捕捉)日 2016年10月21日 09:52 UTC
分離日 2017年4月10日 07:57 UTC

Soyuz-MS-02-Mission-Patch.png

Expedition 47 backup crew members in front of the Soyuz TMA spacecraft mock-up in Star City, Russia.jpg
左からキンブロー、リジコフ、ボリシェンコ
ソユーズ計画
(有人宇宙飛行)

ソユーズMS-02は2016年に国際宇宙ステーションに向かって打ち上げられたソユーズ宇宙船である。打ち上げは当初2016年9月23日の予定であったが、技術的な問題により2016年10月19日に打ち上げられた[2]。第49次長期滞在クルー3名を国際宇宙ステーションに送り届けた。ソユーズMS-02は131機目のソユーズ宇宙船である。クルーはロシアのコマンダーおよびフライトエンジニアとアメリカのフライトエンジニアであった[3][4]。ソユーズMS-02は2016年10月21日にポイスクモジュールにドッキングした[4]

ソユーズMS-02は2017年4月10日に帰還した[5]。降下中に主パラシュートが展開された際にカプセル内部が一部減圧状態になったものの、173日の飛行期間を終え、11:20 UTCに無事着陸した。

一部減圧[編集]

帰還の最終段階で、ソユーズMS-02は高度約8キロメートルで一部減圧状態に陥った[6]。主パラシュートを展開する際、展開システムのバックルが溶接継手にぶつかり、破損部から空気が漏れてカプセル内が減圧したのである。減圧が発生したのは大気圏内で、比較的安全な高度であったためクルーに危険が及ぶことはなかった。ロシア当局者は、パラシュートの格納方法に問題があったためバックルがカプセルにぶつかったものとみられる、との見解を示した。

クルー[編集]

地位[7] 乗員
コマンダー ロシアの旗 セルゲイ・リジコフ, RSA
第49次長期滞在
1回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 1 ロシアの旗 アンドレイ・ボリシェンコ, RSA
第49次長期滞在
2回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 2 アメリカ合衆国の旗 シェーン・キンブロー, NASA
第49次長期滞在
2回目の宇宙飛行

バックアップクルー[編集]

地位[8] 乗員
コマンダー ロシアの旗 アレクサンダー・ミシュルキン, RSA
フライトエンジニア 1 ロシアの旗 ニコライ・チコノフ, RSA
フライトエンジニア 2 アメリカ合衆国の旗 マーク・T・ヴァンデハイ, NASA

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Afternoon Soyuz Touchdown Caps Half-Year Space Mission for Russian-American Crew Trio”. Spaceflight101.com (2017年4月10日). 2017年4月10日閲覧。
  2. ^ Soyuz spacecraft with 3-man crew blasts off to Intl Space Station”. RT News (2016年10月19日). 2016年10月19日閲覧。
  3. ^ Sarah Lewin (2016年10月19日). “Liftoff! Soyuz Rocket Launches US-Russian Space Station Crew Into Orbit”. Space.com. 2016年10月19日閲覧。
  4. ^ a b Soyuz MS-02 spacecraft docks with Expedition 49/50 crew | NASASpaceFlight.com”. www.nasaspaceflight.com. 2016年10月31日閲覧。
  5. ^ Garcia, Mark (2015年2月12日). “Expedition 50” (英語). NASA. https://www.nasa.gov/mission_pages/station/expeditions/expedition50/index.html 2017年3月16日閲覧。 
  6. ^ “Soyuz capsule suffered partial depressurization during April landing - SpaceNews.com” (英語). SpaceNews.com. (2017年10月17日). http://spacenews.com/soyuz-capsule-suffered-partial-depressurization-during-april-landing/ 2018年2月27日閲覧。 
  7. ^ ru:Планируемые полёты” (ロシア語). astronaut.ru. 2014年3月13日閲覧。
  8. ^ astronaut.ru (2015年). “Планируемые полёты” (ロシア語). 2015年12月11日閲覧。
  • ウィキメディア・コモンズには、ソユーズMS-02に関するカテゴリがあります。