STS-75

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STS-75
STS-75 launch.jpg
コロンビアの打上げ
任務種別 微小重力実験
技術開発
運用者 NASA
COSPAR ID 1996-012A
SATCAT № 23801
任務期間 15日17時間40分22秒
飛行距離 10,500,000 km
周回数 252
特性
宇宙機 コロンビア
ペイロード時重量 10,592 kg
乗員
許容人数 7
乗員数 アンドリュー・アレン
スコット・ホロウィッツ
ジェフリー・ホフマン
マウリツオ・チェリ
クラウド・ニコリエール
フランクリン・チャン=ディアス
ウンベルト・ギドーニ
任務開始
打ち上げ日 1996年2月22日 20:18:00(UTC)
打上げ場所 ケネディ宇宙センター第39複合発射施設B
任務終了
着陸日 1996年3月9日 13:58:22(UTC)
着陸地点 ケネディ宇宙センター第33滑走路
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
近点高度 277 km
遠点高度 320 km
傾斜角 28.45°
軌道周期 90.5分
Sts-75-patch.png

STS-75 crew.jpg
前列:左から、ホロウィッツ、アレン、チャン=ディアス
後列:左から、チェリ、ギドーニ、ホフマン、ニコリエール


スペースシャトル計画
← STS-72 STS-76

STS-75は、アメリカのスペースシャトル計画のミッションである。コロンビアの19回目のミッションとなった。

乗組員[編集]

ミッションの目的[編集]

TSSの展開

STS-75の主目的は、Tethered Satellite System Reflight (TSS-1R)を軌道に運び、テザー推進を実施することであった。またこのミッションでは、材料物理学の実験を行うUnited States Microgravity Payload (USMP-3)も運ばれた。

TSS-1Rは、1992年の7月から8月にSTS-46で宇宙飛行したTSS-1の再飛行であった。TSSは、高度296kmで地球を周回し、電離圏として知られる希薄な荷電粒子の層にテザー推進装置を投入した。

STS-75では、20.7kmのテザー推進が期待されていたが、19kmを超えたところで装置は壊れた。軌道上に数週間留まり、空を漂う小さいが驚くほど明るい光として、地上からも容易に見ることが出来た。

特にTSS1-Rのミッションの目的は、TSSオービタの電流電圧応答の特性の把握、衛星の高圧鞘構造と電流収集過程の特性の把握、電力生産の実証、テザー制御の法則と基本的なテザーの原動力の検証、プラズマシース内の中性ガスの効果の実証、TSSの電波周波数とプラズマ波放出の特性の把握等であった。

TSS-1Rの実験には、TSS Deployer Core Equipment and Satellite Core Equipment (DCORE/SCORE)、Research on Orbital Plasma Electrodynamics (ROPE)、Research on Electrodynamic Tether Effects (RETE)、Magnetic Field Experiment for TSS Missions (TEMAG)、Shuttle Electrodynamic Tether System (SETS)、Shuttle Potential and Return Electron Experiment (SPREE)、Tether Optical Phenomena Experiment (TOP)、Investigation of Electromagnetic Emissions by the Electrodynamic Tether (EMET)、Observations at the Earth's Surface of Electromagnetic Emissions by TSS (OESSE)、Investigation and Measurement of Dynamic Noise in the TSS (IMDN)、Theoretical and Experimental Investigation of TSS Dynamics (TEID)、Theory and Modeling in Support of Tethered Satellite Applications (TMST)があった。

USMP-3のペイロードには、2つのMission Peculiar Experiment Support Structures (MPESS)に搭載された4つの主要な実験とシャトルの3つのミッドデッキでの実験があった。実験は、Advanced Automated Directional Solidification Furnace (AADSF)、Material pour l'Etude des Phenomenes Interessant la Solidification sur Terre et en Orbite (MEPHISTO)、Space Acceleration Measurement System (SAMS)、Orbital Acceleration Research Experiment (OARE)、Critical Fluid Light Scattering Experiment (ZENO)、Isothermal Dendritic Growth Experiment (IDGE)であった。

STS-75では、Linuxカーネルがベースの運用システムが軌道上で初めて用いられた。DEC Alphaに由来するより古いTru64 UNIXのプログラムは、Linuxのラップトップで実行するように移された。Linuxの次の利用は、1年後のSTS-83であった[1]

偽書Document 12-571-3570は、STS-75の打上げの数年前に広まったにも関わらず、このミッションについて描写されている。この文書は、このミッションでは微小重力で効率の良い体位を決定する実験が行われたと称している。天文学者で科学ライターのPierre Kohlerはこの文書を本物だと信じ、21世紀初頭に再び広めた。

「UFO」との遭遇[編集]

STS-75から撮影されたビデオの抜粋がUFOのファンの間で広く広まっている。彼らは、ここに映るものが説明不能な超常現象だと信じている[2]。STS-75の乗組員は、この「UFO」を、焦点が合っていないスペースデブリの小さな粒子だと同定している。宇宙ジャーナリストのJames Obergは、この映像の分析について詳細に書いている。

出典[編集]

  1. ^ “LINUX TO FLY ON STS-83”. SpaceNews. (1997年3月17日). http://www.amsat.org/amsat/ftp/news/1997/spc0317.txt 
  2. ^ NASA UFOs: STS-75 The Tether Incident”. YouTube. 2013年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]