STS-51-B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
STS-51-B
STS-51B launch.jpg
STS-51-Bでのチャレンジャーの打上げ
任務種別 微小重力実験
運用者 NASA
COSPAR ID 1985-034A
SATCAT № 15665
任務期間 7日8分46秒
飛行距離 4,651,621 km
周回数 111
特性
宇宙機 チャレンジャー
打ち上げ時重量 111,980 kg
着陸時重量 96,373 kg
ペイロード時重量 15,610 kg
乗員
許容人数 7
乗員数 ロバート・オーバーマイヤー
フレデリック・グレゴリー
ドン・リンド
ノーマン・サガード
ウィリアム・ソーントン
ロデウェイク・ファン・デン・バーグ
王贛駿
任務開始
打ち上げ日 1985年4月29日 16:02:18(UTC)
打上げ場所 ケネディ宇宙センター第39複合発射施設
任務終了
着陸日 1985年5月6日 16:11:04(UTC)
着陸地点 エドワーズ空軍基地第17滑走路
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
近点高度 346 km
遠点高度 352 km
傾斜角 57.0°
軌道周期 91.5分
Sts-51-b-patch.png

STS-51-B crew.jpg
前列:左から、オーバーマイヤー、グレゴリー
後列:左から、リンド、王、サガード、ソーントン、ファン・デン・バーグ


スペースシャトル計画
← STS-51-D STS-51-G

STS-51-Bは、アメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル計画の17回目の飛行であり、チャレンジャーにとって7回目の飛行である。1985年4月29日のチャレンジャーの打上げは、打上げ作業管理上の不具合のため、2分18秒遅れた。チャレンジャーは、当初STS-51-Eのミッションで用いられる予定で発射台に運ばれたが、TDRS-B衛星のタイミングの問題が発生し、戻された。STS-51-Eが中止になると、チャレンジャーはSTS-51-Bのペイロードを積み直した。シャトルは、1週間のミッションの後、1985年5月6日に帰還した。

乗組員[編集]

バックアップ[編集]

  • ペイロードスペシャリスト1 - マリー・ジョンストン
  • ペイロードスペシャリスト2 - ユージン・トリン

ミッションの概要[編集]

チャレンジャーは、1985年4月29日午後12時2分(EDT)にケネディ宇宙センターの第39複合発射施設Aから打ち上げられた。乗組員は、船長のロバート・オーバーマイヤー、操縦手のフレデリック・グレゴリー、ミッションスペシャリストのドン・リンド、ノーマン・サガード、ウィリアム・ソーントン、そしてペイロードスペシャリストのロデウェイク・ファン・デン・バーグ、王?駿であった[1]。以前のスペースラブのミッション(STS-9)と同様に、乗組員は12時間毎のシフトの2組に分かれ、オーバーマイヤー、リンド、ソーントン、王はゴールドチーム、グレゴリー、サガード、ファン・デン・バーグがシルバーチームとなった。

STS-51-Bは、欧州宇宙機関のスペースラブの2回目の飛行であり、スペースラブモジュールが完全な形態となって初めてのミッションとなった。スペースラブでは、複数の微小重力実験が可能であることが示された。オービタの高度は非常に安定で、デリケートな材料実験や流体力学の実験を行うことができた。乗組員は、12時間毎のシフトで運営を行った。2匹のリスザルと24匹のラットが檻に入れられて宇宙を飛び[2]、これはアメリカ合衆国にとって、ヒト以外の哺乳類をスペースシャトルに乗せた2回目の飛行となった。軌道上の乗組員は、ジョンソン宇宙センターに置かれた管制センターから24時間のサポートを受けた。

このミッションで、スペースラブでは15個の実験が行われ、そのうち14個は成功した。2つのGetaway Special実験では、この計画で初めて、キャニスターから放出される必要があった。これらは、NUSAT(Northern Utah Satellite)とGLOMR(Global Low Orbiting Message Relay Satellite)であり、NUSATの放出には成功したが、GLOMRは放出されず、そのまま地球に帰還した。

チャレンジャーは、1985年5月6日午後12時11分に、7日間と8分46秒のミッションを終え、無事エドワーズ空軍基地に着陸した。

チャレンジャー号爆発事故との関係[編集]

1986年のチャレンジャー号爆発事故の調査に参加した際、オーバーマイヤーは、STS-51-Bの打上げの際にも、事故に繋がったものと同様のOリングの問題が発生していたことを知った。ATKランチ・システムズ・グループの技術者は、このミッションの後、リンデに対し、「あなたたちは死まで0.3秒のところにいた。左側の固体燃料ロケットのOリングには問題が発生していた」と語っていた[3]

出典[編集]

  1. ^ Fichtl, George H.; Theon, John S.; Hill, Charles K.; Vaughan, Otha H.. “Spacelab 3 Mission Science Review”. NASA. Marshall Space Flight Center. 2011年9月27日閲覧。
  2. ^ PROGRAMS, MISSIONS, AND PAYLOADS STS-51B/Spacelab 3, NASA
  3. ^ NASA Johnson Space Center Oral History Project”. Don L. Lind oral history transcript (2005年5月27日). 2013年10月29日閲覧。

外部リンク[編集]