STS-51-J

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
STS-51-J
徽章
Sts-51-j-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 STS-51-J
シャトル アトランティス
発射台 ケネディ宇宙センター第39発射施設
打上げ日時 1985年10月3日 15:15:30 UTC
着陸または着水日時 1985年10月7日 17:00:08 UTC
ミッション期間 4日1時間44分38秒
周回数 64
高度 219 km
軌道傾斜角 28.5°
航行距離 1,682,641 km
乗員写真
STS-51-J crew.jpg
左から、スチュワート、ヒルマーズ、ボブコ、ペイルズ、グレイブ
年表
前回 次回
STS-51-I STS-51-I STS-61-A STS-61-A

STS-51-Jは、アメリカ航空宇宙局スペースシャトルのミッションである。アトランティスの初飛行であり、スペースシャトルのミッション全体としては21回目となった。1985年10月3日にケネディ宇宙センターから打ち上げられ、アメリカ国防総省のペイロードを運び、4日後の10月7日に帰還した。

乗組員[編集]

バックアップ[編集]

  • マイケル・ボーエン

ミッションパラメータ[編集]

  • 質量:
    • 着陸時:86,400 kg
    • ペイロード:19,968 kg
  • 近点:475 km
  • 遠点:484 km
  • 軌道傾斜角:28.5°
  • 軌道周期:94.2分

ミッションハイライト[編集]

放出前の衛星
アトランティスの初飛行
STS-51-Jのミッションを終え、砂漠に着陸するアトランティス

STS-51-Jは、1985年10月3日11時15分(EDT)にケネディ宇宙センター第39発射施設から打ち上げられた。打上げは、メインエンジンの液体水素バルブを閉じる遠隔制御装置の問題で22分30秒遅れた。制御装置は、誤って「オン」と表示されていた。

ミッションは、STS-51-C以来2度目のアメリカ国防総省のペイロード(衛星)を放出するためのものであった。2つ(USA-11USA-12)のDSCS-III (Defense Satellite Communications System)衛星が慣性上段ロケット静止軌道に投入されたと言われている。DSCS衛星は、X帯の周波数(8/7 GHz)を使った。それぞれのDSCS-III衛星の設計寿命は10年間であったが、いくつかは設計寿命を大きく超えて使われた。

ミッションは成功したと考えられている。4日と1時間45分の飛行が終わった後、アトランティスは1985年10月7日13時00分(EDT)にエドワーズ空軍基地の第23滑走路に着陸した。STS-51-Jによって、船長のキャロル・ボブコは、3つの異なったオービタで宇宙に行った初めての宇宙飛行士となり、また2つの異なったオービタの処女航海を経験した唯一の宇宙飛行士となった。

出典[編集]

外部リンク[編集]