STS-113

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
STS-113
徽章
Sts-113-patch.png
ミッションの情報
ミッション名 STS-113
シャトル エンデバー
乗員数 4
発射台 39-A
打上げ日時 2002年11月24日 00:49:47UTC
着陸または着水日時 2002年12月7日 19:38:25UTC
ミッション期間 13日18時間48分38秒
高度 226 km
軌道傾斜角 51.6 °
航行距離 900万km
乗員写真
STS-113 crew.jpg
左から、Paul S. Lockhart, Michael E. Lopez-Alegria, John B. Herrington, James D. Wetherbee
年表
前回 次回
STS-112 STS-107
出発するExpedition 6の乗組員
帰還したExpedition 5の乗組員
P1トラスを運ぶエンデバー
STS-113のフライト時にエンデバーから見えた地球の地平線

STS-113は、スペースシャトルエンデバー国際宇宙ステーション(ISS)で行われたミッションである。

2002年末に14日間かけて行われたミッションで、エンデバーの乗組員はISSの骨組みであるP1トラスを伸長する作業と、Expedition 5とExpedition 6の乗組員の交代を行った。船長のJim Wetherbeeの指揮とパイロットのPaul Lockhartの操縦で、エンデバーは11月25日にISSにドッキングし、7日間で荷物や設備を運び込んだ。

これが、2007年に全面的な整備を行う前のエンデバーの最後の飛行となった。またコロンビア号空中分解事故が起こる前の最後のスペースシャトルの飛行でもある。

パラメータ[編集]

ISSとのドッキング[編集]

  • 結合 2002年11月25日 21:59:00 UTC
  • 分離 2002年12月2日 20:50:00 UTC
  • 期間 6日22時間51分00秒

乗組員[編集]

第6次長期滞在乗組員[編集]

第5次長期滞在乗組員[編集]

かっこ内の数字は、今回を含めたフライト経験数。

ミッションハイライト[編集]

STS-113の主目的は、ISSの強度を増進させる部品であるP1トラスを運んで接続することであった。P1トラスを稼動させるためミッションスペシャリストのJohn B. HerringtonとMichael Lopez-Alegriaは3度の宇宙遊泳を行った。今回の飛行で1969kgの部材がシャトルからISSへ運ばれた。

STS-113によって、Expedition 6の乗組員は4ヶ月間宇宙に滞在した。またExpedition 5の乗組員は185日間の滞在を終え、地球に帰還した。

STS-113は、エンデバーが12月7日にケネディ宇宙センターに戻ってきた時点で終了した。これはエンデバーにとって19回目の、スペースシャトル全体にとって112回目の飛行であり、16回目の国際宇宙ステーションでのミッションだった。着陸を試みてから4日目にやっと着陸ができたのは、初のことであった。

STS-113によって、MEMSが初めて宇宙に持ち出された。このペイロードは15mの長さの綱で2つの小型衛星とつながっている。

STS-113はコロンビア号空中分解事故(SST-107)が起こる前の最後に成功したミッションである。Christopher Loriaは本来このミッションでパイロットを務める予定だったが怪我によりPaul S. Lockhartに変更になった。

船外活動[編集]

ミッション 人物 開始時間(UTC) 終了時間(UTC) 期間 ミッション
47. STS-113
EVA 1
Michael Lopez-Alegria
John Herrington
2002年11月26日
19:49
2002年11月27日
02:34
6時間45分 P1トラスの導入
48. STS-113
EVA 2
Michael Lopez-Alegria
John Herrington
2002年11月28日
18:36
2002年11月29日
00:46
6時間10分 テレビカメラの導入
49. STS-113
EVA 3
Michael Lopez-Alegria
John Herrington
2002年11月30日
19:25
2002年12月1日
02:25
7時間00分 モバイルトランスポーターの確認