STS-126

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STS-126
徽章
STS-126 patch.png
ミッションの情報
ミッション名 STS-126
シャトル エンデバー
乗員数 7
発射台 LC39-A
打上げ日時 2008年11月15日 00:55 UTC
着陸または着水日時 2008年11月30日 21:25 UTC
ミッション期間 15日20時間
高度 225km – 343km
軌道傾斜角 51.6°
乗員写真
STS-126 crew portrait.jpg
(左から)マグナス、Bowen、ペティ、ファーガソ、Boe、キンブロー、 ステファニション・パイパー
年表
前回 次回
STS-124 STS-124 patch.svg STS-119 STS-119 patch.png

STS-126は、国際宇宙ステーション(ISS)利用補給ミッション(ULF2)のために、スペースシャトルエンデバーによって行われる有人宇宙飛行である。

2008年9月に打上げが予定されていた、アトランティスによるハッブル宇宙望遠鏡サービスミッション(STS-125)が延期になったため、このSTS-126の打上げが先に行われることになった。

ミッション内容は、多目的補給モジュール(MPLM)を使った、装備品の搬入や物資の補給等である。アメリカ東部標準時2008年11月14日に打ち上げられた。

乗組員[編集]

かっこ内の数字は、今回を含めたフライト経験数。

出発する Expedition 18 乗組員[編集]

帰還する Expedition 17–18 乗組員[編集]

外部リンク[編集]

  • JAXAきぼうサイト内のULF2ミッションのページ [1]
  • JAXAきぼうサイト内のULF2ミッションのミッション結果の要約ページ [2]
  • NASAのMission Information - STS-126 [3](英語)