ソユーズMS-09

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズMS-09
任務種別 ISS乗員輸送
運用者 ロシアの旗 ロスコスモス
COSPAR ID 2018-050A
特性
宇宙機種別 ソユーズMS 11F747
製造者 RKKエネルギア
乗員
乗員数 3人
乗員 セルゲイ・プロコピエフ
アレクサンダー・ゲルスト
セリーナ・オナン・チャンセラー
コールサイン Altai
任務開始
打ち上げ日 2018年6月6日 11:12:41 UTC[1]
ロケット ソユーズFG
打上げ場所 カザフスタンの旗 バイコヌール宇宙基地 LC 1/5
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
ISSのドッキング(捕捉)

Soyuz-MS-09-Mission-Patch.png

Soyuz MS-09 crew during Routine Ops training at JSC.jpg
(左から) プロコピエフ, ゲルスト, オナン・チャンセラー
ソユーズ計画
(有人宇宙飛行)

ソユーズMS-09 (ロシア語: Союз МС-09) は2018年6月6日に発射された138回目のソユーズによる有人宇宙飛行である[2]。 3人の第56次長期滞在の乗組員をISSまで輸送した。ロシア人のコマンダ-とアメリカ人およびドイツ人のフライトエンジニアが搭乗した。ISSにドッキング後、空気漏れが発覚、製造工程に起因すると考えられる約2mm程度の穴が確認された[3]

乗組員[編集]

地位 メンバー [* 1]
コマンダー ロシアの旗 セルゲイ・プロコピエフwikidata, RSA
第56次長期滞在
1回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 1 ドイツの旗 アレクサンダー・ゲルストwikidata, ESA
第56次長期滞在
2回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 2 アメリカ合衆国の旗 セリーナ・オナン・チャンセラーwikidata, NASA
第56次長期滞在
1回目の宇宙飛行

予備乗組員[編集]

地位[4] メンバー
コマンダー ロシアの旗 オレグ・コノネンコ, RSA
フライトエンジニア 1 カナダの旗 デイビッド・サン=ジャック, CSA
フライトエンジニア 2 アメリカ合衆国の旗 アン・C・マクレイン, NASA

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ カタカナ表記はJAXA広報資料[1]によった。

出典[編集]