ソユーズTMA-12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズTMA-12
徽章
Soyuz TMA-12 Patch.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズTMA-12
乗員数 3
発射台 バイコヌール宇宙基地
ガガーリン発射台
打上げ日時 2008年4月8日
11:16:39 (UTC)
着陸または着水日時 2008年10月24日
03:37 (UTC)[1]
乗員写真
Soyuz TMA-12 Crew.jpg
左から李素妍、ヴォルコフ、コノネンコ
年表
前回 次回
ソユーズTMA-11 Soyuz TMA-11 Patch.png ソユーズTMA-13 Soyuz-TMA-13-Mission-Patch.png

ソユーズTMA-12 (Союз TMA-12 / Soyuz TMA-12) は、ISS(国際宇宙ステーション)への往来を目的とした、ソユーズ宇宙船のミッションである。2008年4月8日にソユーズFGで打ち上げられて4月10日にピアースモジュールにドッキングし[2]、10月24日に地球に帰還した。ソユーズTMA-10ソユーズTMA-11で連続して弾道突入で帰還したが、ソユーズTMA-12は、モジュール分離用の爆発ボルト1本を2008年7月の船外活動で取り外すなどしたため、正常に帰還することが出来た。

乗組員[編集]

打上げ時[編集]

第17次長期滞在クルー[編集]

帰還時[編集]

バックアップ[編集]

乗組員について[編集]

李素妍は韓国宇宙人輩出事業の一環として、韓国政府がロシア政府に2500万ドルを支払うことによって招待され、韓国人として初めて宇宙を訪れた。当初は高山が飛行し、李はバックアップ要員の予定だったが、2008年3月10日に、高山はトレーニングセンターから書類を持ち出さないという規則に違反し[5]、飛行を禁止されたことが発表された[3]。李素妍はソユーズTMA-11で帰還した。

リチャード・ギャリオットはスペースアドベンチャーズ社の宇宙旅行者で、ソユーズTMA-13でISSを訪れた。李やギャリオットは、RSA(ロシア連邦宇宙局)やNASA(アメリカ航空宇宙局)の書類上、「宇宙飛行関係者」として扱われた[6]

出典[編集]

外部リンク[編集]