ソユーズTMA-9

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズTMA-9
徽章
Soyuz TMA-9 Patch.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズTMA-9
質量 7,270 kg
乗員数 3
コールサイン Vostok
発射台 バイコヌール宇宙基地
ガガーリン発射台
打上げ日時 2006年9月18日
04:08 (UTC)
着陸または着水日時 2007年4月21日
12:31 (UTC)
ミッション期間 215日08時間22分
遠地点 242 km
近地点 200 km
公転周期 88.64 分[1]
軌道傾斜角 51.67°
乗員写真
Soyuz TMA-9 crew w ansari.jpg
左からアレグリア、アンサリ、チューリン
年表
前回 次回
ソユーズTMA-8 Soyuz TMA-8 Patch.png ソユーズTMA-10 Soyuz TMA-10 Patch.png 
ソユーズTMA-9の打上げ

ソユーズTMA-9は、国際宇宙ステーションへの往来を目的とした、ソユーズのミッションである。2006年9月18日にソユーズFGで打ち上げられた[2]。9月20日5時21分(UTC)にISSとドッキングし、2007年4月21日に地球に帰還した。ソユーズTMA-9は、2人の第14次長期滞在乗組員と、欧州宇宙機関の代わりにいくつかの実験を行った1人の宇宙飛行関係者を宇宙へ運んだ[3]

乗組員[編集]

第14次長期滞在[編集]

打上げ時[編集]

帰還時[編集]

備考[編集]

当初は、榎本大輔が日本人初の宇宙飛行関係者として予定されていたが、2006年4月21日に、健康上の理由から飛行には不適切と判断され、アニューシャ・アンサリと交代し、バックアップに回った。

ISSへのドッキング[編集]

  • 結合:2006年9月20日5時21分(スヴェズダのaftポートへ)
  • 分離:2006年10月10日19時14分(ズヴェズダのaftポートから)
  • 結合:2006年10月10日19時34分(ザーリャのnadirポートへ)
  • 分離:2007年4月21日9時11分(ザーリャのnadirポートから)

ミッションハイライト[編集]

STS-116の乗組員により撮影された、プログレス補給船とドッキングするソユーズTMA-9

ソユーズTMA-9は、ISSへの32回目の有人宇宙飛行である。2006年9月18日から21日の3日間は、コロンビア号空中分解事故後としては初めて、12人の人間が同時に宇宙にいたことで知られる。3人は第13次長期滞在でISSに、3人はソユーズTMA-9に、6人はSTS-115のミッションで、アトランティスにいた。

アニューシャ・アンサリは、第13次長期滞在のPavel Vinogradov、Jeffrey Williamsとともに、2006年9月29日にソユーズTMA-8で無事に地球に帰還した。Lopez-AlegriaとTyurinは、6ヶ月間の滞在後、2007年4月21日に帰還した。

ソユーズTMA宇宙船の保証期間210日間を超える215日の宇宙滞在は、ソユーズ宇宙船の最長記録である。

出典[編集]

  1. ^ Soyuz TMA-9 Launch”. 2006年9月23日閲覧。
  2. ^ Soyuz TMA-9 - NSSDC ID: 2006-040A National Space Science Data Center.
  3. ^ "ESA experiments with spaceflight participant Ansari to ISS"”. 2006年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]