コンテンツにスキップ

ソユーズMS-25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソユーズMS-25
名称ISS 71S
任務種別ISSへの無人の宇宙船交換飛行
運用者ロスコスモス
ウェブサイトen.roscosmos.ru
任務期間115日 2時間 40分(進行中)
特性
宇宙機ソユーズMS No.756
宇宙機種別ソユーズMS
製造者RKKエネルギア
乗員
乗員数3
乗員トレイシー・コールドウェル・ダイソン
打ち上げ
着陸
任務開始
打ち上げ日2024年3月23日 12:36 UTC[1]
ロケットソユーズ 2.1a
打上げ場所バイコヌール宇宙基地31番射点
打ち上げ請負者プログレス国家研究生産ロケット宇宙センター
任務終了
着陸日2024年9月24日(計画)
着陸地点カザフステップ
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制低軌道
傾斜角51.66°
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング プリチャル 天底
ドッキング(捕捉)日 2024年3月25日 15:03 UTC
ドッキング時間 113日 13分(進行中)

(左から)ノヴィツキー、ヴァシレフスカヤ、ダイソン

ソユーズMS-25は、2024年3月23日にバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられた、現在進行中のロシアのソユーズの有人飛行[2][3]

クルー[編集]

アメリカの宇宙飛行士トレイシー・コールドウェル・ダイソンは、少なくとも一人以上のアメリカ人ロシア人のクルーがISSに搭乗しているようにするためのソユーズ=ドラゴン乗員交換システムの一部としてアレクサンダー・グレベンキン英語版と交代した。これによって、米国とロシアが継続的に宇宙ステーションに場所を占めることが可能となり、ソユーズ MS-10の打ち上げ失敗のようないずれかの宇宙船の地上待機状態を防止したり、あるいは天候不順によって打ち上げが延期されたスペースX Crew-3などのようにクルー交代ミッションの打ち上げ遅延を補うためにバックアップクルーのシナリオ維持が可能となる[4]。 このミッションはソユーズミッションにおいて初めてロシア人ではない米国のトレイシー・コールドウェル・ダイソンと、ベラルーシマリナ・ヴァシレフスカヤという女性2宇宙飛行士2名が搭乗するミッションとなる。さらに特筆すべきは、この宇宙船の指揮官が引退したロシアの宇宙飛行士で、ソヴィエト連邦白ロシア・ソビエト社会主義共和国(現在のベラルーシ)のミンスク州チェルヴェニ生まれのオレッグ・ノヴィツキーだということである。

正クルー[編集]

地位 打ち上げ機乗組員 着陸機乗組員
指揮官 ロシアの旗 オレッグ・ノヴィツキー, ロスコスモス
訪問
4回目の宇宙飛行
ロシアの旗 オレグ・コノネンコ, ロスコスモス
第69/70/71次長期滞在
5回目の宇宙飛行
第1フライトエンジニア/宇宙飛行参加者 ベラルーシの旗 マリナ・ヴァシレフスカヤ[5], ベラルーシ宇宙局英語版
訪問
1回目の宇宙飛行
ロシアの旗 ニコライ・チュブ英語版, ロスコスモス
第69/70/71次長期滞在
1回目の宇宙飛行
第2フライトエンジニア アメリカ合衆国の旗 トレイシー・コールドウェル・ダイソン, NASA
70/71次長期滞在
3回目の宇宙飛行

予備クルー[編集]

地位 乗組員
指揮官 ロシアの旗 イワン・ワグネル英語版, ロスコスモス
宇宙飛行参加者 ベラルーシの旗 アナスタシア・レンコーワ英語版, ベラルーシ宇宙局英語版
第2フライトエンジニア アメリカ合衆国の旗 ドナルド・ペティ, NASA

フライト[編集]

当初、2024年3月21日の打ち上げが予定されていたが、発電機のうちの一つの電圧が低下したことから中止された。2024年3月23日の2回目の打ち上げの試みは無事成功した。

ダイソンはソユーズ MS-25宇宙船で打ち上げられ、国際宇宙ステーションで約6ヶ月を過ごすことになる。ダイソンは、21回目のISS長期滞在への訪問者英語版として軌道上施設に約12日間止まる予定のロスコスモスの宇宙飛行士オレッグ・ノヴィツキーおよびベラルーシからの宇宙訪問者マリナ・ヴァシレフスカヤとともにステーションに赴く[6]

ドッキング解除と帰還[編集]

長期滞在が完了後、ダイソンはロスコスモスの宇宙飛行士オレグ・コノネンコおよびニコライ・チュブ英語版とともに2024年9月24日に地球に帰還する予定である。コノネンコとチュブはソユーズ MS-24宇宙船にNASAの宇宙飛行士ローラル・オハラ英語版とともに搭乗し、2023年9月からISSに留まっている。コノネンコとチュブは軌道上の実験施設におよそ1年間滞在している。もしもミッションが300から365日に達すると、コノネンコは総計で1036から1101日を軌道上で過ごすことになり、ゲンナジー・パダルカによる878日間という現在の記録を上回ることになる。また、宇宙空間に1000日滞在した最初の人類となる。宇宙ステーションに搭乗して6ヶ月を過ごすことになるオハラはソユーズ MS-24宇宙船でノヴィツキーおよびヴァシレフスカヤとともに帰還する[6][7]

脚注[編集]

パブリックドメイン この記事にはパブリックドメインである、アメリカ合衆国連邦政府が作成した次の文書本文を含む。NASA Astronaut Tracy C. Dyson Receives Third Space Station Assignment. アメリカ航空宇宙局.

  1. ^ Pearlmanpublished, Robert Z. (2024年3月23日). “Flight attendant becomes 1st Belarusian in space on ISS-bound Soyuz launch” (英語). Space.com. 2024年3月23日閲覧。
  2. ^ Космодром Байконур” [Baikonur Cosmodrome]. 2023年12月12日閲覧。
  3. ^ Next year’s Russian manned missions to ISS due in March, September”. 2024年3月6日閲覧。
  4. ^ Rogozin says Crew Dragon safe for Russian cosmonauts”. SpaceNews (2021年10月26日). 2021年12月17日閲覧。
  5. ^ Belarusian female astronaut to go ISS in March 2024 — Roscosmos”. TASS. 2023年5月30日閲覧。
  6. ^ a b O’Shea, Claire (2023年9月15日). “NASA Astronaut Tracy C. Dyson Receives Third Space Station Assignment”. NASA. 2023年9月19日閲覧。
  7. ^ Better Late Than Never: New ISS Crew Prepares to Fly, All-Female EVAs Possible in October – AmericaSpace” (英語). www.americaspace.com (2023年9月10日). 2023年9月19日閲覧。