ソユーズTM-14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズTM-14
徽章
Soyuz TM-14 patch.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズTM-14
質量 7,150 kg
乗員数 3
コールサイン Ви́тязь
発射台 バイコヌール宇宙基地
ガガーリン発射台
打上げ日時 1992年3月17日 10:54:30 (UTC)
着陸または着水日時 1992年8月10日 01:05:02 (UTC)
ミッション期間 145日14時間10分32秒
遠地点 394 km
近地点 373 km
公転周期 92.2分
軌道傾斜角 51.6°
年表
前回 次回
ソユーズTM-13 ソユーズTM-15

ソユーズTM-14 (Союз ТМ-14 / Soyuz TM-14) は、宇宙ステーションミールへの往来を目的とした、14回目の有人ミッションである。コールサインは「ヴィーチャシ(ロシアの伝説的騎士)」。ドイツ人宇宙飛行士が参加した。

乗組員[編集]

打上げ時[編集]

帰還時[編集]

ミッションハイライト[編集]

ソ連崩壊後、初めてロシアにより行われたソユーズのミッションである。

クラウス=ディートリッヒ・フラーデは、宇宙ステーションを訪れた2人目のドイツ人となった。1人目は、1978年にサリュート6号を訪れた東ドイツジークムント・イェーンである。フラーデはドイツがフリーダム宇宙ステーションコロンバスの計画に加わる準備として14の実験を行い、ソユーズTM-13で帰還した。

ヴィクトレンコとカレリは5ヶ月近くミールに滞在し、ソユーズTM-15でやってきたミシェル・トニーニと共に帰還した。着陸システムが不調を起こして、降下モジュールが反転してしまい、直るまで乗組員は内部に閉じ込められた。