ソユーズT-7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズT-7
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズT-7
質量 6,850 kg
乗員数 3(出発時)
2(帰還時)
コールサイン Днепр
発射台 バイコヌール宇宙基地
ガガーリン発射台
打上げ日時 1982年8月19日
17:11:52 (UTC)
着陸または着水日時 1982年12月10日
19:02:36 (UTC)
ミッション期間 113日01時間50分44秒
遠地点 299 km
近地点 289 km
公転周期 90.3分
軌道傾斜角 51.6°
年表
前回 次回
ソユーズT-6
Soyuz T-6 mission patch.png
ソユーズT-8

ソユーズT-7 (Союз Т-7 / Soyuz T-7) は、ソユーズによるサリュート7号への往来を目的とした3回目のミッションである。コールサインは「ドニェープル(ドニエプル川)」。スベトラーナ・サビツカヤは、1963年にボストーク6号で宇宙へ行ったワレンチナ・テレシコワ以来、約20年ぶり2人目の女性宇宙飛行士となった。

サビツカヤに対しては、ソユーズT-7の軌道モジュールが個室として与えられた。ソユーズT-7の乗組員は、ソユーズT-5でサリュート7号に乗り込み、長期滞在していたベレゾヴォイとレベデフに対して、実験器具と家族からの手紙を届けた。8月21日には、5人の宇宙飛行士はそれぞれの体格に合わせて作られている座席の背もたれを交換し、ソユーズT-7で上がってきた3人はソユーズT-5で帰還した。

乗組員[編集]

出発時[編集]

帰還時[編集]

バックアップ[編集]