コスモス398号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コスモス398号
Soviet lunar lander drawing.svg
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1971-016A
カタログ番号 04966
状態 運用終了
目的 月着陸船の試験
打上げ機 ソユーズL
打上げ日時 1971年2月26日
消滅日時 1995年12月10日
質量 7255kg

コスモス398号(コスモス398ごう、Kosmos 398、ロシア語: Космос 398)は、T2Kバージョンを用いたソビエト連邦LKの2度目の無人試験飛行である。コスモス379号に続いて行われ、1971年2月26日にバイコヌール宇宙基地31番射点から打ち上げられて276km×196kmの軌道を飛行した。

ミッションパラメータ[編集]

  • 宇宙船:LK
  • 質量:7255 kg
  • 乗組員:なし
  • 打上げ:1971年2月26日

軌道[編集]

出典[編集]