ソユーズMS-10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズMS-10
Expedition 57 Launch (NHQ201810110004).jpg
ソユーズMS-10を載せたソユーズFGロケットの打ち上げ
任務種別 ISS乗員輸送
運用者 ロシアの旗 ロスコスモス
任務期間 36分[1]
周回数 軌道投入失敗
特性
宇宙機種別 ソユーズMS 11F747
製造者 RKKエネルギア
乗員
乗員数 2名
乗員 アレクセイ・オブニチン
ニック・ヘイグ
コールサイン Burlak
任務開始
打ち上げ日 2018年10月11日[2][3]
ロケット ソユーズFG
打上げ場所 バイコヌール宇宙基地 1/5射点
任務終了
着陸日 2018年10月11日
着陸地点 カザフスタン ジェズカズガン東方20km

Soyuz-MS-10-Mission-Patch.png

ソユーズ計画
(有人宇宙飛行)

ソユーズMS-10 (ロシア語: Союз МС-10) は2018年10月11日に打ち上げられたロシアの有人宇宙船である。MS-10はソユーズ宇宙船としては139番目の機体である。国際宇宙ステーションに第57次長期滞在のクルー2名を送り込むはずだったが、打ち上げ約90秒後に第1段の分離にトラブルが発生した。打ち上げ約114秒後に打ち上げ脱出システムが作動し、搭乗していたロシアのアレクセイ・オブチニン宇宙飛行士とNASAのニック・ヘイグ宇宙飛行士は無事生還した[4][5]。有人のソユーズ宇宙飛行船の打ち上げ失敗(離床後に中止されたもの)としては、1975年4月のソユーズ18a号以来のことである[6]。離床直前に爆発・脱出したソユーズT-10-1を含めて、1983年以来の打ち上げ失敗とも報道されている[5]

クルー[編集]

地位 乗務員
コマンダー ロシアの旗 アレクセイ・オブチニン (RSA)
第57次長期滞在
2度目の宇宙飛行
フライトエンジニア1 アメリカ合衆国の旗 ニック・ヘイグ (NASA)
第57次長期滞在
初の宇宙飛行

バックアップクルー[編集]

地位[7] 乗務員
コマンダー ロシアの旗 オレグ・コノネンコ  (RSA)
フライトエンジニア1 カナダの旗 デイビッド・サン=ジャック (CSA)

ミッション[編集]

打ち上げ中止[編集]

ブースター分離の際、ソユーズ-FGから落ちていくデブリ

2018年10月11日 8:40 UTCに打ち上げられたが、クルーは約90秒後に無重力状態(ロケットが自由落下していることを意味する)を感じ、管制はブースター故障を宣言した。 ロスコスモスのセルゲイ・クリカレフによれば、失敗の主要因はロケットの第1段と第2段を分離する際に両者が衝突したことで、「標準の軌道からずれ、第2段の下部が崩壊したことが明らかである」と述べた[8]。飛行中2分45秒にわたって「ロケット失敗」の無線通報が流れた[9]。直ちに非常事態が宣言され、宇宙船はフェアリングに搭載された脱出用ロケットにより分離した[10]。 分離されて弾道軌道に移行する際、クルーは約6-7Gの加速度にさらされたが、無事に帰還した[11]。故障が発生した高度は約50キロメートル[12]で、最大で高度約93キロメートルに到達し、打ち上げから19分41秒後に着地した[13]

クルー救援[編集]

バイコヌール宇宙基地で家族と再会する両宇宙飛行士。

8:55 UTCには捜索救助隊が射点から402キロメートル離れた宇宙船の落下点に向かった。約25分後には捜索救助隊がクルーを発見した。NASA TVは12:04 UTCにクルーが無事にジェズカズガン空港でメディカルチェックを受けている様子を収めた写真を放送した[14]。その後、クルーは飛行機でバイコヌール宇宙基地に戻り、家族と再会した後[15]モスクワに向かった[16]

影響[編集]

ロシア政府は、すべての有人ソユーズ宇宙船の打ち上げを停止すると発表し、 ロスコスモスは直ちに事故調査を開始した[17]。ロスコスモスは、先に打ち上げられたソユーズMS-09の機体に穴が開いていた事件の捜査からわずか数週間で再び調査委員会を立ち上げることになった[18]

ロケットの残骸を回収した後、2018年10月15日から事故調査が開始された[19]。当初は第1段ブースターに接続されているケーブルの不具合が疑われたが、2018年10月17日までに事故調査委員会はソユーズロケットの製造工程に焦点を絞り、調査期限を2018年10月21日に設定した[20]。 2018年10月18日までに、第1段ブースターと第1段コア機体が正しく接合されていなかったため、ブースターが破損して分離中にコア機体に接触しかねない状態にあったことが判明した[21]

現在国際宇宙ステーションに滞在中のクルーには、NASAから打ち上げ失敗が伝えられた。滞在中のクルーは係留中のソユーズMS-09を使って帰還できるが、ソユーズ宇宙船の軌道上耐用期間が200日以内となっているため、遅くとも2018年12月末までには帰還しなければならない(計画では12月中旬に帰還する予定であった)[22]。ソユーズMS-09が帰還すると、事故調査が終わりソユーズ宇宙船の打ち上げが再開されない限り、商業乗員輸送プログラムが認証を受けるまで国際宇宙ステーションは無人状態になる。この場合、国際宇宙ステーションは適切なメンテナンスが受けられない状態となるが、地上管制が当面の間維持できるという[23]。なお、事故の数日後にロスコスモス長官のドミトリー・ロゴージンは、オブチニンとヘイグの両宇宙飛行士を2019年初めには宇宙に送ることができる計画であると述べた[24]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Soyuz astronauts' emergency descent was a harrowing, high-G ordeal”. NBC News (2018年10月11日). 2018年10月12日閲覧。
  2. ^ NASA (2018年9月17日). “Expedition 57”. 2018年9月20日閲覧。
  3. ^ Pietrobon, Steven (2017年2月5日). “Russian Launch Manifest”. 2017年2月12日閲覧。
  4. ^ Garcia, Mark (2018年10月11日). “Crew in Good Condition After Booster Failure”. NASA Space Station. 2018年10月11日閲覧。
  5. ^ a b ソユーズ宇宙船の打ち上げ失敗、ロシア当局が原因調査開始”. BBC (2018年10月12日). 2018年10月16日閲覧。
  6. ^ Harwood, William (2018年10月11日). “Soyuz crew lands safely after emergency launch abort”. Spaceflight Now. 2018年10月12日閲覧。
  7. ^ Spacefacts.de (2018年5月20日). “Manned Spaceflight Launch and Landing Schedule”. 2018年5月29日閲覧。
  8. ^ “Roscosmos reveals cause for Soyuz launch failure”. AzerNews. (2018年10月12日). https://www.azernews.az/region/139077.html 2018年10月14日閲覧。 
  9. ^ Bridenstine, Jim [@JimBridenstine] (11 October 2018). "@NASA astronaut Nick Hague and Russian cosmonaut Alexey Ovchinin are in good condition following today's aborted launch. I’m grateful that everyone is safe. A thorough investigation into the cause of the incident will be conducted. Full statement below: …" (ツイート) – Twitterより. 
  10. ^ Soyuz failure probe narrows focus on collision at booster separation” (英語). Spaceflight Now (2018年10月13日). 2018年10月21日閲覧。
  11. ^ Hodge, Nathan; Smith-Spark, Laura (2018年10月11日). “Astronauts survive Soyuz rocket emergency landing”. CNN. https://www.cnn.com/2018/10/11/europe/soyuz-rocket-russia-nasa-intl/index.html 2018年10月12日閲覧。 
  12. ^ “Soyuz MS-10 makes emergency landing after a launch failure”. russianspaceweb.com. http://russianspaceweb.com/soyuz-ms-10.html 2018年10月12日閲覧。 
  13. ^ Burghardt, Thomas (2018年10月18日). “NASA and Roscosmos trying to avoid an empty Space Station – NASASpaceFlight.com”. NASASpaceflight.com. https://www.nasaspaceflight.com/2018/10/nasa-roscosmos-trying-avoid-empty-space-station/ 2018年10月19日閲覧。 
  14. ^ NASA Live: Official Stream of NASA TV NASA TV, 11 October 2018.
  15. ^ Expedition 57 Crew Returns to Baikonur (NHQ201810110007) NASA at Flickr, 11 October 2018.
  16. ^ @Ruptly (11 October 2018). "*EXCLUSIVE* #SoyuzMS10 crew departs Baikonur for Moscow" (ツイート) – Twitterより. 
  17. ^ “Astronauts escape malfunctioning Soyuz rocket”. BBC News. (2018年10月11日). https://www.bbc.co.uk/news/world-europe-45822845 2018年10月11日閲覧。 
  18. ^ Sample, Ian (2018年10月11日). “Rocket launches to be grounded while mid-air failure is investigated”. The Guardian. http://www.theguardian.com/science/2018/oct/11/rocket-launches-to-be-grounded-while-mid-air-failure-is-investigated 2018年10月11日閲覧。 
  19. ^ Роскосмос. Госкомиссия приступила к работе на РКЦ «Прогресс» 15.10.2018 10:15
  20. ^ «Роскосмос» назвал дату готовности доклада об аварии «Союза»
  21. ^ Эксперты назвали виновных в крушении "Союза МС-10"
  22. ^ Wall, Mike (2018年10月11日). “Empty Space Station? NASA Prepares for the Worst (but Hopes for the Best) After Soyuz Abort”. Space.com. 2018年10月11日閲覧。
  23. ^ Foust, Jeff (2018年10月11日). “NASA to look at options to keep crew on ISS while Soyuz grounded”. SpaceNews. https://spacenews.com/nasa-to-look-at-options-to-keep-crew-on-iss-while-soyuz-grounded/ 
  24. ^ RT (2018年10月12日). “Safe & sound: Soyuz crew returns to Moscow after rocket malfunction”. 2018年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]