ソユーズMS-21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソユーズMS-21
Prichal with Soyuz MS-21 is pictured during a spacewalk (cropped).jpg
ISSにドッキング中のソユーズMS-21
名称ISS 67S
任務種別ISSへの有人飛行
運用者ロスコスモス
COSPAR ID2022-028A
ウェブサイトhttp://en.roscosmos.ru/
任務期間195日(予定)
140日(進行中)
特性
宇宙機ソユーズMS No.750 Korolyov[1]
宇宙機種別ソユーズMS
製造者RKKエネルギア
乗員
乗員数3
乗員
コールサインDon
任務開始
打ち上げ日2022年3月18日 15:55:18 UTC[2][3]
ロケットソユーズ 2.1a
打上げ場所バイコヌール宇宙基地31番射点
打ち上げ請負者プログレス国家研究生産ロケット宇宙センター
任務終了
着陸日2022年9月29日(予定)
着陸地点カザフステップ
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制低軌道
傾斜角51.66°
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング プリチャル 天底側
ドッキング(捕捉)日 2022年3月18日 19:12 UTC
分離日 2022年9月(計画)
dock時間 139日(進行中)
Soyuz MS-21 crew portrait.jpg
マトべエフ、アルテミエフおよびコルサコフ

ソユーズMS-21は3名の乗員を乗せて国際宇宙ステーションに向けて2022年3月18日にバイコヌールから打ち上げられる予定のロシアのソユーズ宇宙船。当初は2022年3月30日に打ち上げが予定されていたが、2020年の夏にロスコスモスによって暫定的な飛行計画書が用意され、2022年3月18日に前倒しされた[2]

この飛行は3名のロスコスモスの飛行士による初めてのISSへのミッションとなった。

クルー[編集]

2021年5月に3名のロシア人乗組員が指名された[4]NASAがこのフライトのシートを購入するかどうかを決定していなかったが、NASAのローラル・オハラ英語版飛行士は、NASAがシートの購入を決定した場合にはコルサコフと代わるための準備をしていた[5]。その後、NASAは2022年3月に打ち上げられるソユーズMS-21のシートを取得しないことを決定し、NASAとロスコスモスとの間でのシートの交換はソユーズMS-22スペースX Crew-5まで延期された[6]

地位 乗組員
指揮官 ロシアの旗 オレッグ・アルテミエフ英語版, Roscosmos
第66/67/68次長期滞在
3回目の宇宙飛行
第1フライトエンジニア ロシアの旗 デニス・マトベエフ英語版, Roscosmos
第66/67/68次長期滞在
1回目の宇宙飛行
第2フライトエンジニア ロシアの旗 セルゲイ・コルサコフ英語版, Roscosmos
第66/67/68次長期滞在
1回目の宇宙飛行

予備クルー[編集]

地位 乗組員
指揮官 ロシアの旗 セルゲイ・プロコピエフ英語版, Roscosmos
第1フライトエンジニア ロシアの旗 ドミトリー・ペテリン英語版, Roscosmos
第2フライトエンジニア ロシアの旗 アンナ・キキナ英語版, Roscosmos

到着時のスーツ[編集]

宇宙ステーションに到着した宇宙飛行士たちは、飛行中と、その後は別のスーツに着替えたが、青い部分がある明るい黄色のスーツで登場して特に国際的な注目を集めた[7]。 各国のコメンテーターは、これらの色をウクライナのシンボルカラーととらえ、宇宙飛行士による個人的なスーツの選択を、並行して進行中の2022年のロシアのウクライナ侵攻を踏まえてウクライナへの共感のしるしであり、ロシアへの国際的な制裁がISS計画などの宇宙での協力に影響を与えていると解釈した[8]。飛行士たちはこの配色についての質問を受けた際には黄色いスーツを着用する必要があったと答え、ロスコスモスはこの色が3人の宇宙飛行士が卒業したバウマン記念モスクワ国立工科大学のシンボルカラーだと解釈されるべきとの声明を出した[7]

脚注[編集]

  1. ^ РОСКОСМОС [@roscosmos] (2022年1月25日). "Сам корабль #СоюзМС21 получит собственное имя — «Королёв» — в честь главного конструктора ракетно-космической техники Сергея Королёва — выпускника МГТУ, под руководством которого в Особом конструкторском бюро № 1 (РКК «Энергия») было положено начало семейству кораблей «Союз». t.co/tII8BHZKXb" (ツイート) (ロシア語). 2022年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブTwitterより2022年2月21日閲覧
  2. ^ a b Zak, Anatoly (2020年12月1日). “Planned Russian space missions in 2022”. RussianSpaceWeb.com. 2020年12月27日閲覧。
  3. ^ Baylor, Michael (2020年12月1日). “Status - Soyuz MS-21”. NextSpaceFlight. https://nextspaceflight.com/launches/details/2972 2020年12月27日閲覧。 
  4. ^ Источник: Кикина будет единственной женщиной в отряде космонавтов” (2021年5月4日). 2022年1月12日閲覧。
  5. ^ @katlinegrey. "Katlingrey on Twitter" (ツイート). Twitterより2022年1月12日閲覧
  6. ^ Rogozin says Crew Dragon safe for Russian cosmonauts”. SpaceNews (2021年10月26日). 2021年10月29日閲覧。
  7. ^ a b Russia denies cosmonauts board space station in Ukrainian colours”. BBC News (2022年3月19日). 2022年3月19日閲覧。
  8. ^ Witze, Alexandra (11 March 2022). “Russia's invasion of Ukraine is redrawing the geopolitics of space” (英語). Nature. doi:10.1038/d41586-022-00727-x. PMID 35277688. https://www.nature.com/articles/d41586-022-00727-x 2022年3月13日閲覧。.