ソユーズTMA-14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズTMA-14
徽章
Soyuz-TMA-14-Mission-Patch.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズTMA-14
乗員数 3
発射台 バイコヌール宇宙基地
ガガーリン発射台
打上げ日時 2009年3月26日
11:49:18(UTC)
着陸または着水日時 2009年10月11日
04:32(UTC)
乗員写真
Soyuz-TMA-14-Crew-Photo.jpeg
左からシモニー、パダルカ、バラット
年表
前回 次回
ソユーズTMA-13 Soyuz-TMA-13-Mission-Patch.png ソユーズTMA-15 Soyuz-TMA-15-Mission-Patch.png

ソユーズTMA-14は、第19/20次長期滞在クルー2名を国際宇宙ステーションへ運ぶために2009年3月にソユーズFGによって打ち上げられたソユーズ宇宙船である。打ち上げ時には宇宙旅行者チャールズ・シモニーが二度目の宇宙旅行のために同乗、帰還時には宇宙旅行者ギー・ラリベルテが同乗した。ソユーズTMA-14は、1967年以来、ソユーズ宇宙船による101回目の有人飛行となった。

2009年7月3日、ソユーズTMA-14は、ズヴェズダ後方とのドッキングを解除し、約30分間の飛行を行い、ピアース・ドッキング室とドッキングした。なお、この移動飛行には日本人宇宙飛行士若田光一が搭乗し、ソユーズ宇宙船に搭乗した2人目の日本人となった。また、この移動は、空けたドッキング・ポートを、後日、プログレス補給船 (34P) が使用するためである。[1]

乗組員[編集]

打上げ時[編集]

第19/20次長期滞在クルー

宇宙旅行者

帰還時[編集]

第19/20次長期滞在クルー

  • ゲナディ・パダルカ (3) - 船長
  • マイケル・バラット (1) - フライトエンジニア

宇宙旅行者

バックアップ[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 若田宇宙飛行士ら、ソユーズを移動”. sorae.jp. 2009年12月7日閲覧。