ソユーズTMA-09M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソユーズTMA-09M
徽章
Soyuz-TMA-09M-Mission-Patch.png
ミッションの情報
宇宙船の種別 ソユーズTMA 11F747
乗員数 フョードル・ユールチキン
カレン・ナイバーグ
ルカ・パルミターノ
コールサイン Olympus
発射台 バイコヌール宇宙基地 ガガーリン発射台
打上げ日時 2013年5月28日 20時31分24秒 (UTC) [1]
ミッション期間 6ヵ月
乗員写真
Soyuz TMA-09M crew.jpg
(左から) ユールチキン、ナイバーグ、パルミターノ
年表
前回 次回
ソユーズTMA-08M ソユーズTMA-10M

ソユーズTMA-09M(Soyuz TMA-09M、ロシア語: Союз ТМА-09M)は、国際宇宙ステーションへの往来を目的とするロシアソユーズのミッションである。第36次長期滞在の3人の乗組員を輸送した。TMA-09Mは、1967年の最初の打上げ以来、ソユーズによる118回目の有人宇宙飛行である。ソユーズは、緊急脱出船として、第36次長期滞在及び第37次長期滞在の間、宇宙ステーションとドッキングして宇宙に留まる。打上げ時と同じ3人の宇宙飛行士を乗せて、2013年11月11日に帰還した。

ソユーズTMA-09Mの乗組員は、ロシア連邦宇宙局(RSA)のフョードル・ユールチキンアメリカ航空宇宙局(NASA)のカレン・ナイバーグ欧州宇宙機関(ESA)のルカ・パルミターノである。

乗組員[編集]

2013年5月8日に赤の広場に記念旅行に行ったソユーズTMA-09Mの乗組員
  • 船長 - フョードル・ユールチキン(RSA, 4回目の飛行)
  • フライトエンジニア1 - カレン・L・ナイバーグ(NASA, 2回目)
  • フライトエンジニア2 - ルカ・パルミターノ(ESA, 1回目)

バックアップ[編集]

[2]

打上げとドッキング[編集]

ソユーズTMA-09Mは2013年5月28日20:31:00(UTC)にバイコヌール宇宙基地ガガーリン発射台からソユーズFGロケットによって打ち上げられ、打上げの9分後に、宇宙船はロケットの上段から切り離されて低軌道に投入された。

この飛行では、ソユーズTMA-08Mと同様にISSへの特急フライトが採用され(2回目)、5月29日02:10(UTC)、打上げからわずか6時間以内の最初のランデブー時に、ミニ・リサーチ・モジュール1(MRM-1)の地球側のポートへのドッキングが行われた[3]。打上げから5時間39分05秒でのドッキングは、ISSミッションとしては最短記録でのドッキングとなった。

11月1日には、ソユーズTMA-11Mの到着に備えてドッキングポートの移動を行うリロケーションが行われ、ズヴェズダ後方のドッキングポートに移動した。

出典[編集]

  1. ^ Harding, Pete (2013年5月28日). “Soyuz TMA-09M docks to ISS following short cut rendezvous”. NASASpaceflight.com. 2013年5月29日閲覧。
  2. ^ astronaut.ru (2013年). “Орбитальные полёты”. 2013年7月23日閲覧。
  3. ^ Soyuz TMA-09M launches for quick trip the ISS” (2013年5月28日). 2013年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]