ソユーズTM-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズTM-2
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズTM-2
乗員数 2 (打上時), 3 (帰還時)
コールサイン タイミル
打上げ日時 1987年2月5日
21:38:16 UTC
ガガーリン発射台
着陸または着水日時 1987年7月30日
01:04:12 UTC
アルカルイクから80km
ミッション期間 174日3時間25分56秒
周回数 ~2,810
年表
前回 次回
ソユーズT-15 Soyuz-tm3.gifソユーズTM-3

ソユーズTM-2(Soyuz TM-2)は、1987年に行われたソビエト連邦ミールへの有人ミッションである。このミッションより、ミールには2年以上に渡り恒常的に人が居住するようになった。

乗組員[編集]

打上げ時:

帰還時:

ミッションパラメータ[編集]

  • 質量:7100kg
  • 近点:341km
  • 遠点:365km
  • 軌道傾斜角:51.6°
  • 軌道周期:91.6分

ミッションハイライト[編集]

ソユーズTM-2は、ミールへの2度目の長期滞在である。ロマネンコはミールに326日間以上滞在した。ラフェイキンは心臓疾患を患い、地球に早期帰還しなければならなかった。

ミール滞在の初期、クバント1モジュールがミールに自動的にドッキングした。クバントは、11トンの宇宙ステーションモジュールと、9.6トンの機能サービスモジュール(FSM)から構成されていた。FSMは4月2日と4月5日に操作された。4月5日には Igla接近システムがミールのaftポートに誘導された。残り200mのところで、Iglaシステムはaftポートを見失った。宇宙飛行士達は、宇宙船の中から、クバントとFSMの接続部がステーションから10mの距離まで接近したのを見た。

クバントとFSMはミールから400kmも漂い、その後呼び戻されて、4月9日の早朝に2度目のドッキングを試みたが、クバントのプローブユニットは完全に縮まらなかった。

4月11日、ロマネンコとラフェイキンは検査と、もし可能ならクバントを修理するため、ミールから外に出た。彼らはドッキングユニットに異物(おそらくプログレス28号より捨てられたゴミ袋)が挟まっているのを見つけた。TsUPからの指令で、クバントはプローブユニットを広げ、異物を捨てた。クバントはその後、地上からの指令により無事ドッキングに成功した。宇宙遊泳は3時間40分続いた。FSMは4月12日にクバントから離れた。