ソユーズTMA-15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソユーズTMA-15
徽章
Soyuz-TMA-15-Mission-Patch.png
ミッションの情報
ミッション名 ソユーズTMA-15
乗員数 3
発射台 バイコヌール宇宙基地
ガガーリン発射台
打上げ日時 2009年5月27日
10:34(UTC)[1][2]
着陸または着水日時 2009年12月1日
07:16(UTC)
乗員写真
Soyuz TMA-15 crew.jpg
左からサースク、ロマネンコ、ディビュナー
年表
前回 次回
ソユーズTMA-14 Soyuz-TMA-14-Mission-Patch.png ソユーズTMA-16 Soyuz-TMA-16-Mission-Patch.png

ソユーズTMA-15は、第20/21次長期滞在クルー3名を国際宇宙ステーション(ISS)へ運ぶために2009年5月にソユーズFGによって打ち上げられたソユーズ宇宙船である。ソユーズTMA-15は、1967年以来、ソユーズ宇宙船による102回目の有人飛行となった。 この宇宙船の到着により、ISSは6人体制に移行した。

乗組員[編集]

打上げ時[編集]

第20/21次長期滞在クルー[3]

バックアップ[編集]

  • Dmitrij Kondratiyev - ロシアの旗 RSA (Romanenkoのバックアップ)
  • André Kuipers - ESA - オランダの旗 オランダ (De Winneのバックアップ)
  • Chris Hadfield - カナダの旗 CSA (Thirskのバックアップ)

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ CSA (2008年). “Canadian astronauts Julie Payette and Robert Thirsk to go on space missions in 2009”. CSA. 2008年2月27日閲覧。
  2. ^ NASA. “Consolidated Launch Manifest”. NASA. 2009年3月28日閲覧。
  3. ^ NASA (2008年2月11日). “NASA Assigns Crews for STS-127 and Expedition 19 Missions”. NASA. 2008年2月11日閲覧。
  4. ^ ESA (2008年). “Frank De Winne prepares for new mission”. ESA. 2008年11月3日閲覧。