コスモス140号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスモス140号
Soyuz 7K-OK(A) drawing.png
コスモス140号で使用された7K-OK宇宙船
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1967-009A
カタログ番号 02667
状態 運用終了
目的 試験飛行
打上げ機 ソユーズロケット
(11A511)
打上げ日時 1967年2月7日
軟着陸日 1967年2月8日
物理的特長
本体寸法 長さ: 7.95 m
直径: 2.72 m
質量 6450 kg
姿勢制御方式 3軸姿勢制御
軌道要素
周回対象 地球
軌道 低軌道
近点高度 (hp) 165 km
遠点高度 (ha) 218 km
離心率 (e) 0.004031
軌道傾斜角 (i) 51.7度
軌道周期 (P) 88.5分

コスモス140号(ロシア語:Космос-140、ラテン文字表記の例:Kosmos-140)は、1967年に打ち上げられたソビエト連邦宇宙船ソユーズ宇宙船(7K-OK)の3回目の無人試験飛行で、姿勢制御システムに異常をきたしたながらも地上へ帰還した。この飛行では、高温に耐え切れずに耐熱シールドに穴が開くという問題点が明らかになった。

概要[編集]

ソユーズ宇宙船の最初の試験飛行はコスモス133号という名前で行われたが、その結果、宇宙船は多くの欠陥を抱えていることが露呈した。2機目はロケットの異常で打ち上げに失敗した。有人飛行へ向けての試験飛行はまだ不十分で、3機目も無人で打ち上げることが決定された。

1967年2月7日、コスモス140号はバイコヌール宇宙基地からソユーズ11A511ロケットによって打ち上げられ、予定通り地球周回軌道に投入された。ところがすぐに宇宙船の姿勢制御装置が故障し、電力不足にも陥った。状況はコスモス133号の時ほど深刻ではなく、姿勢制御が完全に失われるには至らなかった。

2月9日に、コスモス140号は予定を早めに切り上げて逆噴射ロケットを点火し地球周回軌道を離脱した。しかし制御装置の故障によりカプセルは計画より急な角度の弾道突入状態で大気圏突入を始めた。カプセルは予定地点から500kmも手前に逸れ、凍結したアラル海に落下した。大気圏突入時の加熱で高温になっていたカプセルは氷を溶かして水中に落下し、そのまま10mの海底に沈んでしまった。

カプセルを引き揚げて調査した結果、大気圏突入の際に耐熱シールドに設置されていた30cmの点検用の穴(プラグ)が焼け落ちており、船内の気圧も低下していたことが判明した。このトラブルを受けてこのプラグは廃止された。


試験飛行は成功とは言いがたいものだったが、耐熱シールドの問題を除いては乗員の適切な対処で対応可能という楽観的な判断がなされ、次回のソユーズの打ち上げは有人で行うことが決定された。この飛行はソユーズ1号と名づけられたが、パラシュートが開かずにコマロフ宇宙飛行士が死亡する惨事になった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Cosmos 140” (英語). NASA - NSSDC. 2008年6月3日閲覧。
  • Soyuz” (英語). Encyclopedia Astronautica. 2008年6月3日閲覧。