ソユーズMS-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソユーズMS-11
Expedition 58 Launch (NHQ201812030005).jpg
ソユーズMS-11の打ち上げ
任務種別ISS乗員輸送
運用者ロシアの旗 ロスコスモス
COSPAR ID2018-098A
任務期間203日 15時間 16分[1]
飛行距離13,910万km[2]
周回数3264[1]
特性
宇宙機種別ソユーズMS 11F747
製造者RKKエネルギア
乗員
乗員数3
乗員オレグ・コノネンコ
アン・マクレイン英語版
デイヴィッド・サン=ジャック英語版
コールサインAntares
任務開始
打ち上げ日2018年12月3日11:31 UTC[3]
ロケットソユーズFG
打上げ場所カザフスタンの旗 バイコヌール宇宙基地 ガガーリン発射台
任務終了
着陸日2019年6月25日02:47:50 UTC[1]
着陸地点ジェスカスガン南東148km(47°24'56.70 N, 69°35'6.70 E)[1]
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制低軌道
傾斜角51.6º[1]
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ポイスク天頂側
ドッキング(捕捉)日 2018年12月3日17:33 UTC
分離日 2019年6月24日23:25:30 UTC [1]
dock時間 203日 5時間 52分
Soyuz-MS-11-Mission-Patch.png Soyuz MS-09 backup crew in front of the Soyuz spacecraft mockup.jpg
左からマクレイン、コノネンコ、サン=ジャック
ソユーズ計画
(有人宇宙飛行)

ソユーズMS-11は、2018年の100回目の軌道への打ち上げ英語版となる、2018年12月3日に打ち上げられたソユーズ宇宙船による有人飛行[3]。当初、打ち上げ日は12月20日に予定されていたが、ソユーズMS-10の失敗を受けて、12月3日に前倒しされた[4]。MS-11は140機目のソユーズ宇宙船であり、第58次長期滞在英語版のクルーを国際宇宙ステーションへと送り込んだ。このクルーはロシア人コマンダーとアメリカおよびカナダのフライトエンジニアからなっていた[3]

クルー[編集]

地位 メンバー
コマンダー ロシアの旗 オレグ・コノネンコ, RSA
第58次長期滞在
4回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 1 カナダの旗 デイヴィッド・サン=ジャック英語版, CSA
第58次長期滞在
1回目の宇宙飛行
フライトエンジニア 2 アメリカ合衆国の旗 アン・マクレイン英語版, NASA
第58次長期滞在
1回目の宇宙飛行

バックアップクルー[編集]

地位 メンバー
コマンダー ロシアの旗 アレクサンドル・スクボルソフ, RSA
フライトエンジニア 1 イタリアの旗 ルカ・パルミターノ英語版, ESA
フライトエンジニア 2 アメリカ合衆国の旗 アンドリュー・R・モーガン英語版, NASA

参考文献[編集]