スペースX Crew-5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スペースX Crew-5
NASA’s SpaceX Crew-5 Launch (NHQ202210050006).jpg
Crew-5の宇宙飛行士を乗せてLC-39Aから打ち上げられるクルードラゴン エンデュランス
名称USCV-5
任務種別ISS乗員輸送
運用者スペースX
COSPAR ID2022-124A
任務期間145日(計画)
116日 23時間 56分経過(進行中)[1]
特性
宇宙機クルードラゴン エンデュランス
宇宙機種別クルードラゴン
製造者スペースX
打ち上げ時重量12,519 kg
着陸時重量9,616 kg
乗員
乗員数4
乗員
任務開始
打ち上げ日2022年10月5日 16:00:57 UTC[3]
ロケットファルコン9 ブロック5 B1077.1
打上げ場所ケネディ宇宙センターLC-39A
打ち上げ請負者スペースX
任務終了
着陸日2023年3月(計画)
着陸地点大西洋
軌道特性
参照座標地球周回軌道
体制低軌道
傾斜角51.68°
ISSのドッキング(捕捉)
ドッキング ハーモニー 前方側
ドッキング(捕捉)日 2022年10月6日 21:01 UTC
分離日 2023年3月(計画)
dock時間 145日(計画)
3ヶ月 and 23日経過(進行中)
SpaceX Crew-5 logo.png
スペースX Crew-5の徽章
SpaceX Crew-5 Official Portrait.jpg
(左から)キキナ、カサダ、マンおよび若田

スペースX Crew-5クルードラゴン宇宙船による、NASA商業乗員英語版飛行としては5回目、有人軌道飛行としては8回目の飛行として計画された。国際宇宙ステーションへの4名の乗員を輸送するために2022年10月5日に打ち上げられた。このミッションには2名のNASAの飛行士、1名のJAXAの飛行士および1名のロシア人飛行士が割り当てられた。乗員のうちの3名は、ボーイングのスターライナー計画の遅れを反映して割り当てられた。ニコール・マン英語版船長はボーイングのBoe-CFT英語版ミッションから再割り当てされ、ジョシュ・カサダ英語版操縦士とミッションスペシャリストの若田光一はボーイング スターライナー1英語版から移った[4][5]アンナ・キキナ英語版ソユーズMS-22から再割り当てされた。すでに4回の宇宙飛行を経験しているベテランの若田光一を除く3名は、今回が初めての宇宙飛行となった。

クルー[編集]

今回のミッションは各クルー交代ミッションでNASAの飛行士とロスコスモスの飛行士を少なくともそれぞれ1名搭乗させるためのソユーズ・ドラゴン交換システムの一環として、ロシア人宇宙飛行士のアンナ・キキナ英語版が搭乗する初めてのクルードランゴンのミッションとなった。これによって、両国がステーションに存在することが保証され、ソユーズまたは商用乗員機のいずれかが長期間飛行停止になった場合でも、別々のシステムを維持することを可能となった[6]。この飛行は、STS-113に搭乗したニコライ・ブダーリン以来のアメリカの宇宙船でのロシア人宇宙飛行士の飛行であるとともに、アメリカの宇宙カプセルでの初めてのロシア人宇宙飛行士の打ち上げとなった。座席交換は(ロシア側によってのみ)2022年6月に承認された[7]

正クルー

地位 宇宙飛行士
船長 アメリカ合衆国の旗 ニコール・オーナプー・マン英語版, NASA
第68/69次長期滞在
1回目の宇宙飛行
操縦士 アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・カサダ英語版, NASA
第68/69次長期滞在
1回目の宇宙飛行
第1ミッションスペシャリスト 日本の旗 若田光一, JAXA
第68/69次長期滞在
5回目の宇宙飛行
第2ミッションスペシャリスト ロシアの旗 アンナ・キキナ英語版[2], Roscosmos
第68/69次長期滞在
1回目の宇宙飛行

ミッション[編集]

商業乗員輸送計画英語版での5回目のスペースXの実運用ミッションが2022年10月5日の打ち上げられ、約6ヶ月継続する予定である[3]

Crew-5 商業乗員輸送ポスター
LC-39Aでファルコン9に載せられたCrew-5

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ SpaceX F9 / Crew Dragon : Crew-5 : KSC LC-39A : NET 5 Oct 2022 (16:00:57 UTC)”. 2022年10月17日閲覧。
  2. ^ a b Roscosmos head hinted yesterday that crossover flights to #ISS, including launch of Russian cosmonaut Anna Kikina on the US Crew Dragon, would proceed as scheduled.”. 2022年10月17日閲覧。
  3. ^ a b Clark, Stephen (2022年9月28日). “SpaceX, ULA postpone launches as Hurricane Ian moves toward Florida”. Spaceflight Now. 2022年9月28日閲覧。
  4. ^ “NASA Announces Astronaut Changes for Upcoming Commercial Crew Missions” (プレスリリース), NASA, (2021年10月6日), https://www.nasa.gov/press-release/nasa-announces-astronaut-changes-for-upcoming-commercial-crew-missions 2021年10月6日閲覧。   この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  5. ^ @jaxa_wdc (2021年10月12日). "JAXA has announced their WAKATA Koichi @Astro_Wakata is headed for the International Space Station aboard SpaceX's…" (ツイート). Twitterより2022年8月5日閲覧
  6. ^ Rogozin says Crew Dragon safe for Russian cosmonauts”. SpaceNews (2021年10月26日). 2021年12月17日閲覧。
  7. ^ Распоряжение Правительства Российской Федерации от 10.06.2022 № 1532-р ∙ Официальное опубликование правовых актов ∙ Официальный интернет-портал правовой информации”. publication.pravo.gov.ru. 2022年6月11日閲覧。