オレグ・コノネンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレグ・ドミトリーヴィチ・コノネンコ
Oleg Dmitriyevich Kononenko
RSA所属宇宙飛行士
現況 現役
誕生 1960年4月15日(54歳)
トルクメン・ソビエト社会主義共和国テュルクメナバート
他の職業 技術者
宇宙滞在期間 198日16時間20分
ミッション ソユーズTMA-12, 第17次長期滞在
記章 Soyuz TMA-12 Patch.png ISS Expedition 17 patch.png

オレグ・コノネンコ(ロシア語: Олег Дмитриевич Кононенко, ラテン文字転写例: Oleg Dmitriyevich Kononenko, 1964年6月21日 - )は、トルクメン・ソビエト社会主義共和国レバプ州チャルジョウ出身のロシアの宇宙飛行士である[1]

家族[編集]

妻のTatiana Mikhailovna Kononenkoとの間に息子のAndrey Olegovich Kononenkoと娘のAlisa Olegovna Kononenkoがいる。趣味は読書、チームスポーツである。

教育[編集]

コノネンコは1988年にニコライ・ジュコーフスキーハリコフ航空大学を卒業し、機械技術者となった[1]

受賞[編集]

コノネンコはロシア連邦英雄及びガガーリンメダルを受賞している。

経験[編集]

卒業後、コノネンコはロシア連邦宇宙局の中央設計所で働き始めた。彼はシステム設計、分析、宇宙船の電力システムの開発等を行った[1]

宇宙飛行士としての経験[編集]

デスティニーを漂うコノネンコ

1996年3月29日、コノネンコは宇宙飛行士の候補に選ばれた。1996年6月から1998年3月まで、ガガーリン宇宙飛行士訓練センターで宇宙飛行士としての訓練を受けて、1998年3月20日に試験宇宙飛行士に選ばれた[1]。1998年10月、彼は国際宇宙ステーションの滞在員としての訓練を始めた[1]

2001年12月から2002年4月まで、彼はソユーズTM-34のバックアップのフライトエンジニアとしての訓練を行った。2002年3月から2004年2月までは、第9次長期滞在及び第11次長期滞在の訓練を行った。2004年3月から2006年3月までは、ISSの乗組員に選ばれて訓練を行った。2006年3月には、ソユーズTMA-12のフライトエンジニアの訓練を行った[1]

第17次長期滞在[編集]

コノネンコは第17次長期滞在と、それに向かうソユーズTMA-12のフライトエンジニアに選ばれた。乗組員は2008年4月8日から10月24日まで地球を離れ[1]、199日間を宇宙で過ごした[2]

コノネンコは、船長のセルゲイ・ヴォルコフ宇宙飛行関係者リチャード・ギャリオットとともに[3][4]地球に帰還し、11時37分(EDT)にアルカルイクの55マイル北方に着陸した。彼らはヘリコプターでバイコヌール宇宙基地に運ばれ、それからスターシティに向かった[5][6][7]

宇宙遊泳[編集]

2度目の宇宙遊泳を行うコノネンコ

コノネンコは2008年7月10日に、ピアースから自身初めての宇宙遊泳を行った[8]。彼とヴォルコフはソユーズTMA-12の宇宙船を点検し、ボルトを回収した。この宇宙遊泳は6時間18分続いた。

7月15日にはコノネンコは再びピアースから船外に出て、2度目の宇宙遊泳を行った[9]。コノネンコとヴォルコフは新しい実験装置を取り付け、1つを回収した。また彼らは宇宙船の外壁にズヴェズダへのドッキングターゲット等の取り付けを続けた。コノネンコは青いストライプの付いたオーラン宇宙服を身に付けた。この宇宙遊泳は5時間54分続いた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g NASA (2008年). “Oleg Dmitrievich Kononenko”. NASA. 2008年10月25日閲覧。
  2. ^ NASA (2008年). “Expedition 17”. NASA. 2008年10月25日閲覧。
  3. ^ Mark Carreau (2008年). “$30 million buys Austin resident a ride on Soyuz mission”. The Houston Chronicle. 2008年10月12日閲覧。
  4. ^ Tariq Malik. “Former Astronaut's Son Signs on as Next Space Tourist”. SPACE.com. http://www.space.com/news/070928_garriott_spacetourist.html 2007年10月9日閲覧。 
  5. ^ BBC (2008年10月24日). “Soyuz space capsule lands safely”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7688021.stm 2008年10月25日閲覧。 
  6. ^ ITAR (2008年). “Cosmonauts examined with special system”. ITAR-TASS News Agency. 2008年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月25日閲覧。
  7. ^ Peter Leonard for the Associated Press (2008年). “US Game Designer Blasts Into Space With DNA Cargo”. ABC News. 2008年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月25日閲覧。
  8. ^ NASA (2008年7月10日). “Russian Spacewalkers Retrieve Soyuz Pyro Bolt”. 2010年6月3日閲覧。
  9. ^ NASA (2008年7月15日). “Russian Spacewalkers Outfit Station's Exterior”. 2010年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]