第17次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第17次長期滞在
ISS Expedition 17 patch.png
徽章
コールサイン Expedition 17
乗組員数 3名
打上げ日 2008年4月8日(ソユーズTMA-12)&2008年5月31日(STS-124)[1]
打上げ機 ソユーズTMA-12STS-124
帰還日 2008年10月(ソユーズTMA-12)&2008年6月11日(STS-124)、&2008年11月30日(STS-126)
帰還機 ソユーズTMA-12、STS-124、STS-126
Expedition 17 crew portrait B.jpg
左からシャミトフ、リーズマン、ヴォルコフ、コノネンコ
前回 次回
第16次長期滞在 ISS Expedition 16 patch.png 第18次長期滞在 ISS Expedition 18 patch.png

第17次長期滞在(Expedition 17)は、国際宇宙ステーションへの17回目の長期滞在である。

最初の2人の乗組員セルゲイ・ヴォルコフオレグ・コノネンコは2008年4月8日にソユーズTMA-12で打ち上げられ、ISSで第16次長期滞在から継続のギャレット・リーズマンと合流した。

リーズマンは、2008年5月31日にSTS-124で打ち上げられたグレゴリー・シャミトフと交代した。ヴォルコフとコノネンコは2008年10月24日に地球に帰還したが、シャミトフはISSに留まり、第18次長期滞在にも参加した。

乗組員[編集]

職務[2] 第1期
(2008年4月-6月)
第2期
(2008年6月-10月)
船長 セルゲイ・ヴォルコフ, RSA
(初飛行)
フライトエンジニア1 オレグ・コノネンコ, RSA
(初飛行)
フライトエンジニア2 ギャレット・リーズマン, NASA
(初飛行)
グレゴリー・シャミトフ, NASA
(初飛行)

備考[編集]

  • 当時35歳のヴォルコフは最年少のISS船長であった。
  • リーズマンはISSを訪れた最初のユダヤ教徒である[3]
  • シャミトフはISSに初めてベーグルを持ち込んだ。彼は3つのバッグに18個のゴマベーグルを詰めて持参した[4][5]
  • リーズマンは第16次長期滞在の乗組員としてSTS-123でISSを訪れ、STS-124で帰還した。
  • シャミトフはSTS-124でISSを訪れ、第18次長期滞在に参加してSTS-126で帰還した。

バックアップ[編集]

出典[編集]

  1. ^ NASA (2007年). “STS-124”. NASA. 2007年11月8日閲覧。
  2. ^ NASA (2007年). “NASA Announces Three International Space Station Crews”. NASA. 2007年11月8日閲覧。
  3. ^ Joshua Runyan and Tamar Runyan (2008年3月13日). “Chasidic Gathering in Florida Sends Off Jewish Astronaut”. Chabad-Lubavitch Media Center. 2008年11月30日閲覧。
  4. ^ CTV.ca Montreal-born astronaut brings bagels into space Sun. Jun. 1 2008 7:29 PM ET ; CTV National News - 1 June 2008 - 11pm TV newscast
  5. ^ The Gazette (Montreal), Here's proof: Montreal bagels are out of this world, IRWIN BLOCK, Tuesday June 3 2008, Section A, Page A2