STS-89

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STS-89
N6p-024-low.jpg
ミールとドッキングするエンデバー
任務種別 シャトル・ミール計画
運用者 NASA
COSPAR ID 1998-003A
SATCAT № 25143
任務期間 8日19時間48分04秒
飛行距離 5,800,000 km
特性
宇宙機 エンデバー
着陸時重量 114,131 kg
ペイロード時重量 7,748 kg
乗員
許容人数 7
乗員数 テレンス・ウィルコット
ジョー・エドワーズ
ジェームズ・ライリー2世
マイケル・アンダーソン
ボニー・J・ダンバー
サリザン・シャリポフ
打ち上げ アンドリュー・トーマス
着陸 デヴィッド・ウルフ
任務開始
打ち上げ日 1998年1月23日 02:48:15(UTC)
打上げ場所 ケネディ宇宙センター第39発射施設A
任務終了
着陸日 1998年1月31日 22:36(UTC)
着陸地点 ケネディ宇宙センター第15滑走路
軌道特性
参照座標 地球周回軌道
体制 低軌道
近点高度 359 km
遠点高度 382 km
傾斜角 51.60°
軌道周期 92.0分
Sts-89-patch.svg

STS-89 crew.jpg
後列:左から、ウルフ、シャリポフ、ライリー、トーマス、アンダーソン
前列:左から、エドワーズ、ウィルコット、ダンバー


スペースシャトル計画
← STS-87 STS-90

STS-89は、エンデバーを用いてミールを訪れたスペースシャトルのミッションである。1998年1月22日にフロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられた。

乗組員[編集]

ハイライト[編集]

STS-89は、ミールを訪れることが計画された9回のミッションのうち8回目であり、アメリカ人宇宙飛行士の交代は5回目となった。1997年9月からミールに滞在していたデヴィッド・ウルフは、アンディー・トーマスと交代した。トーマスは、5月末のSTS-91で地球に帰還するまで、約4ヵ月を軌道上のロシアの施設で過ごした。このミッションの間、3,175kg以上の実験機器や補給品が2つの宇宙船の間で移動された。

実験とペイロード[編集]

スペースハブのペイロードとしては、Advanced X-Ray Detector (ADV XDT)、Advanced Commercial Generic Bioprocessing Apparatus (ADV CGBA)、EORF、Mechanics of Granular Materials (MGM) Experiment、Intra-Vehicular Radiation Environment Measurements by the Real-Time Radiation Monitor (RME-1312)、Space Acceleration Measurement System (SAMS)、VOA、そしてISS内の水回収システムのためのVolatile Removal Assembly prototypeがあった。

キャビンのペイロードとしては、Microgravity Plant Nutrient Experiment (MPNE)、Shuttle Ionospheric Modification with Pulsed Local Exhaust (SIMPLEX)、Closed Equilibrated Biological Aquatic System (CEBAS)、TeleMedicine Instrumentation Pack (TMIP)、Global Positioning System Development Test Objective (GPS DTO)、Human Performance (HP) Experiment、MSD、EarthKAM、Orbiter Space Vision System (OSVS) Shuttle Condensate Collection (RME-1331)、Thermo-Electric Holding Module (TEHM)、Space Linear Acceleration Mass Measurement Device (DSO 914)、Co-Culture Experiments (CoCult)、Biochemistry of 3-D Tissue Engineering (BIO3D)があった。

ゲッタウェイスペシャルの実験には、ミシガン大学のG-093 - Vortex Ring Transit Experiment (VORTEX)、ドイツ航空宇宙センターユストゥス・リービッヒ大学ギーセンのG-141 - Structure of Marangoni Convection in Floating Zones Payload、ドイツ航空宇宙センターとクラウスタール工科大学のG-145 Glass Fining Experiment、中国科学院のG-432 canisterによる5つの結晶成長と材料実験があった。

ミッションの徽章[編集]

徽章には、地球の上でミールとドッキングするエンデバーが描かれている。数字の「8」の形の白い線と9つの星は、このミッションがSTS-89であることを象徴している。背景には、国際宇宙ステーションが描かれている。

外部リンク[編集]