ジェームズ・ウェザービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ドナルドー・ウェザービー
James D. Wetherbee
NASA所属宇宙飛行士
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
現況 引退
誕生 1952年11月27日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク市クイーンズ区
他の職業 戦闘機パイロット
階級 大佐
宇宙滞在期間 66日10時間23分
選抜試験 1984年NASA選抜試験
ミッション STS-32
STS-52
STS-63
STS-86
STS-102
STS-113
記章 STS-32 patch.png Sts-52-patch.png Sts-63-patch.png Sts-86-patch.png Sts-102-patch.png Sts-113-patch.png

ジェームズ・ウェザービー(James Donald "Wxb" Wetherbee、1952年11月27日-)は、アメリカ海軍の軍人、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。6度のスペースシャトルのミッションに参加し、またアメリカ人では最多の5度のミッションで機長を務めた。

ウェザービーはクイーンズ区のフラッシングで生まれ、ニューヨーク州ハンティントン・ステーションで育った[1]ノートルダム大学航空宇宙工学の学士号を取得し、アメリカ海軍に従軍した。海軍ではF/A-18のテストパイロットを務め、1984年に宇宙飛行士の候補に選ばれた。1990年のSTS-32でパイロットとして初の宇宙飛行を行い、1992年のSTS-52、1995年のSTS-63、1997年のSTS-86、2001年のSTS-102、2002年のSTS-113で機長を務めた。最後の3回は、ミール国際宇宙ステーションのドッキングミッションであり、STS-113はコロンビア号空中分解事故の前の最後のミッションだった。

ウェザービーは2005年1月にNASAを退職し、現在はBPで働いている。2009年に宇宙飛行士の殿堂に選ばれた[2]

既婚で子供が2人いる。

出典[編集]

  1. ^ Kerr, Kathleen. Alec is BA"They Began Here: Around the country, leading thinkers in health and science can trace their roots to Long Island", Newsday, July 16, 2008. Accessed September 17, 2008.
  2. ^ U.S. Astronaut Hall of Fame at KSC Visitor Complex - Astronaut Scholarship Foundation, United States Astronaut Hall of Fame, retrieved 2009-05-04

外部リンク[編集]