ギャレット・リーズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギャレット・エリン・リーズマン
Garrett Erin Reisman
NASA所属宇宙飛行士
現況 現役
誕生 1968年2月10日(46歳)
ニュージャージー州モリスタウン
他の職業 技術者
宇宙滞在期間 95日8時間48分
選抜試験 1998年
ミッション STS-123, 第16次長期滞在, 第17次長期滞在, STS-124
記章 STS-123 patch.pngISS Expedition 16 patch.pngSTS-124 patch.svgISS Expedition 17 patch.png

ギャレット・リーズマン(Garrett Erin Reisman、1968年2月10日-)は、ニュージャージー州モリスタウン出身のアメリカ合衆国の技術者、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。第15次長期滞在ではバックアップを務め、第17次長期滞在の乗組員になる前に第16次長期滞在でも短期間、国際宇宙ステーションに滞在した。2008年6月14日にSTS-124で地球に帰還した。2010年5月にもアトランティスに搭乗することになっている。

初期の人生[編集]

リーズマンは1986年にパーサイパニー高校を卒業し[1]、1990にペンシルベニア大学技術経営を学び卒業した[2]。また1992年と1997年にカリフォルニア工科大学で修士号、博士号を取得した[3]

キャリア[編集]

リーズマンはSTS-123でミッションスペシャリストとして2008年3月11日に打ち上げられると、ISSとのドッキング後は第16次長期滞在と第17期長期滞在のフライトエンジニアとしてISSに滞在した。ミッションが終わると、2008年6月14日にSTS-124で地球に帰還した[4]。ISSの滞在中には2度のスペースシャトルを迎え、また特殊目的ロボットアームきぼうの加圧室の設置を行った[5]

リーズマンはISSに滞在した初のユダヤ教徒である[6]。彼は、2008年5月のイスラエル独立60周年記念日には、宇宙からイスラエルの国民にメッセージを送った[7]。彼はまた高画質の'A day in the life of a space station crew member'のビデオを鑑賞し、空だったきぼうで人は無重力空間で「泳ぐ」ことができないのを実証して見せた[8]

リーズマンは、2010年にISSを訪れるSTS-132の乗組員にも選ばれている。

現代文化[編集]

テレビ番組『ザ・コルベア・レポー』の自称メンバーとして、リーズマンは2008年5月8日にリスト・ストロング・ブレスレットを付けて宇宙からインタビューに答えた[3][9]。2008年7月24日、地球に帰還後、リーズマンはゲストとして再び出演し、スティーヴン・コルベアに対して彼が宇宙で身に付けていたリスト・ストロング・ブレスレットを紹介した[10]

リーズマンはテレビドラマ『GALACTICA/ギャラクティカ』の最終回に海軍大佐役でカメオ出演した[11]。Space.comは「誰かが彼を投げ飛ばし、そして彼は死んだ」と報じたが、2009年3月20日に放送された最終版では、そのシーンはカットされていた[11]

ロナルド・ムーアは最終回についてのポッドキャストで、ラプターが核ペイロードで武装するシーンの背景に映っている人々の中にリーズマンが映っていることを認めている。

出典[編集]

  1. ^ Astronaut Bio: Garrett E. Reisman”. NASA Biographical Data. 2007年5月14日閲覧。
  2. ^ Jagoda, Naomi (2008年3月25日). “Astronaut's career was launched here”. The Daily Pennsylvanian. http://media.www.dailypennsylvanian.com/media/storage/paper882/news/2008/03/25/News/Astronauts.Career.Was.Launched.Here-3281339.shtml 
  3. ^ a b Carreau, Mark (2008年5月8日). “Astronaut trades jokes with Colbert in space interview”. Houston Chronicle. http://www.chron.com/disp/story.mpl/headline/nation/5765021.html 
  4. ^ “Space shuttle takes its place on the pad”. MSNBC. (2008年5月3日). http://www.msnbc.msn.com/id/24442143/ 
  5. ^ Dunn, Marcia (2008年6月2日). “Shuttle makes big delivery to space station”. MSNBC. http://www.msnbc.msn.com/id/24931030/ 
  6. ^ Cashman, Greer Fay (2008年5月8日). “Brown: Israel one of 20th century's 'greatest achievements'”. Jerusalem Post. http://fr.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1209627041375&pagename=JPost/JPArticle/ShowFull 
  7. ^ “Reisman sends greeting from space to Israel for Israel's 60th Independence Day celebration”. Jerusalem Post. (2008年5月7日). http://fr.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1209627037060&pagename=JPost/JPArticle/ShowFull 
  8. ^ Malik, Tariq (2008年6月30日). “NASA Astronaut Readapts to Life on Earth”. Space.com. http://www.space.com/missionlaunches/080630-expedition17-reisman.html 
  9. ^ Garrett Reisman - May 8, 2008”. The Colbert Report. Comedy Central (2008年5月8日). 2010年2月10日閲覧。
  10. ^ Episode #04094 - July 24, 2008”. The Colbert Report. Comedy Central (2008年7月24日). 2010年2月10日閲覧。
  11. ^ a b “Real-life astronaut dishes 'Battlestar Galactica'; Three months on real space station followed by one day on fake spaceship”. MSNBC. (2009年3月19日). http://www.msnbc.msn.com/id/29774114/ 

外部リンク[編集]