アントン・シュカプレロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントン・ニコラエヴィチ・シュカプレロフ
Anton Nikolaevich Shkaplerov
RSA所属宇宙飛行士
誕生 1972年2月20日(42歳)
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国セヴァストポリ
階級 ロシア空軍中佐
選抜試験 2003年

アントン・ニコラエヴィチ・シュカプレロフロシア語:Антон Николаевич Шкаплеров1972年2月20日-)は、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国セヴァストポリ出身のロシア宇宙飛行士である。

家族[編集]

妻はタチアナ・ペトロヴナで、クリスチーナとキラという2人の娘がいる。両親のニコライ・イヴァノヴィチ・シュカプレロフとタマラ・ヴィクトロヴナ・シュカプレロワはセヴァストポリに住んでいる。趣味はスポーツ、旅行、釣り、ゴルフ等である[1]

教育[編集]

シュカプレロフはセヴァストポリ飛行クラブで1989年にYak-52の飛行訓練を修了した。1989年にセヴァストポリ高校を卒業すると、カチンスキ空軍パイロット学校に入学し、1994年に卒業してパイロットエンジニアとなった。1997年にN.E.ジュコフスキー空軍エンジニアリングを卒業した。

経験[編集]

卒業後、シュカプレロフはロシア空軍でパイロットの教官を務め、Yak-52、L-29MiG-29等を操縦した。彼はクラス2の教官だった。また、パラシュートの訓練も担当し、300回以上のパラシュート降下を経験した。

宇宙飛行士としての経験[編集]

2003年5月、シュカプレロフはガガーリン宇宙飛行士訓練センターのテスト宇宙飛行士の候補に選ばれた。2003年6月から2005年6月まで基礎訓練を行い、2005年にテスト宇宙飛行士の資格を得た。

2007年4月から10月にかけて、シュカプレロフはロシア連邦宇宙局の運用責任者としてヒューストンジョンソン宇宙センターに滞在した。

2009年11月に始まった国際宇宙ステーションへの第22次長期滞在ではシュカプレロフはバックアップに選ばれた。2011年から2012年に予定されている第29次長期滞在第30次長期滞在ではフライトエンジニアの候補に挙がっている。

出典[編集]

  1. ^ NASA (2009年9月). “NASA Biography Cosmonaut Bio: Anton Shkaplerov”. 2010年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]