第22次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第22次長期滞在
ISS Expedition 22 Patch.svg
徽章
乗組員数 5名
打上げ地点 バイコヌール宇宙基地
打上げ機 ソユーズTMA-16ソユーズTMA-17
開始日 2009年11月30日
終了日 2010年3月17日
帰還機 ソユーズTMA-16
Expedition 22 crew members.jpg
左から、クリーマー、ウィリアムズ、スラエフ、コトフ、野口
前回 次回
第21次長期滞在 ISS Expedition 21 Patch.svg 第23次長期滞在 ISS Expedition 23 Patch.svg

第22次長期滞在(Expedition 22)は、国際宇宙ステーションへの22回目の長期滞在である。2009年11月30日に始まった。第21次長期滞在の乗組員が帰還してから3週間は、2人だけの滞在だった。2人での滞在は、2005年7月にSTS-114がISSの3人目の乗組員を運んできて以来のことであった。機長のジェフリー・ウィリアムズとフライトエンジニアのマクシム・スラエフは、2009年12月22日に残り3人の乗組員を迎え、第22次長期滞在の乗組員は5人となった[1]。2010年1月にISSでのインターネット個人利用が始まり、ウェッブサイトの閲覧やネット回線利用の電話が可能となった[2]。野口聡一やティモシー・クリーマーは、twitterによる即時的な情報発信を第23次長期滞在を通じて行った。

乗組員[編集]

職務[3] 第1期
(2009年11月-12月)
第2期
(2009年12月-2010年3月)
船長 ジェフリー・ウィリアムズ, NASA
(3度目の飛行)
フライトエンジニア1 マクシム・スラエフ, RSA
(初飛行)
フライトエンジニア2 オレッグ・コトフ, RSA
(2度目の飛行)
フライトエンジニア3 野口聡一, JAXA
(2度目の飛行)
フライトエンジニア4 ティモシー・クリーマー, NASA
(初飛行)

バックアップ[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]