第30次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第30次長期滞在
ISS Expedition 30 Patch.png
徽章
乗組員数 6名
打上げ地点 バイコヌール宇宙基地
打上げ機 ソユーズTMA-22ソユーズTMA-03M
開始日 2011年11月21日
終了日 2012年4月27日
帰還機 ソユーズTMA-22
Expedition 30 crew portrait.jpg
左から、シュカプレロフ、バーバンク、イヴァニシン、カイパース、コノネンコ、ペティ
前回 次回
第29次長期滞在 ISS Expedition 29 Patch.png 第31次長期滞在 ISS Expedition 31 Patch.png

第30次長期滞在(Expedition 30)は、国際宇宙ステーションへの30回目の長期滞在である。

乗組員[編集]

職務[1] 第1期
(2011年11月)
第2期
(2011年12月-2012年4月)
船長 ダニエル・バーバンク, NASA
(3度目の飛行)
フライトエンジニア1 アントン・シュカプレロフ, RSA
(初飛行)
フライトエンジニア2 アナトリー・イヴァニシン, RSA
(初飛行)
フライトエンジニア3 オレグ・コノネンコ, RSA
(2度目の飛行)
フライトエンジニア4 アンドレ・カイパース, ESA
(2度目の飛行)
フライトエンジニア5 ドナルド・ペティ, NASA
(3度目の飛行)

出典[編集]

  1. ^ NASA HQ (2009年). “NASA and its International Partners Assign Space Station Crews”. NASA. 2009年10月7日閲覧。

外部リンク[編集]