第43次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第43次長期滞在
任務種別 ISSへの長期滞在
長期滞在
宇宙ステーション 国際宇宙ステーション
開始 2015年3月11日 (UTC)
終了 2015年6月11日 (UTC)
到着 ソユーズTMA-16M
出発 ソユーズTMA-15M
乗員
乗員数 6人
乗員 第42/43次長期滞在:
アントン・シュカプレロフ
サマンサ・クリストフォレッティ英語版
テリー・W・バーツ英語版

第43/44次長期滞在:
ゲンナジー・パダルカ
ミハイル・コルニエンコ
スコット・ケリー

ISS Expedition 43 Patch.svg

Expedition 43 crew portrait.jpg
左から右へパダルカ、ケリー、シュカプロレフ、クリストフォレッティ、コルニエンコ、バーツ

第43次長期滞在(英語: Expedition 43)は国際宇宙ステーション(ISS)への43回目の長期滞在である。

これは3月11日に第41次/第42次長期滞在を終えたウィルモア英語版サマクチャイエフ英語版セロヴァ英語版の3人がソユーズTMA-14Mで地球に帰還してから始まった。

3月28日にソユーズTMA-16Mゲンナジー・パダルカミハイル・コルニエンコスコット・ケリーがISSに到着した。

第42次/第43次長期滞在を終えたシュカプレロフバーツ英語版クリストフォレッティ英語版が2015年6月11日にソユーズTMA-15Mで地球に帰還するまで続いた。

乗組員[編集]

職務 第1期
( 2015年3月 )
第2期
( 2015年3月 - 2015年6月 )
船長 テリー・W・バーツ英語版, NASA
2回目
フライトエンジニア 1 アントン・シュカプレロフ, RSA
2回目
フライトエンジニア 2 サマンサ・クリストフォレッティ英語版, ASI-ESA
初飛行
フライトエンジニア 3 ゲンナジー・パダルカ, RSA
5回目
フライトエンジニア 4 ミハイル・コルニエンコ, RSA
2回目
フライトエンジニア 5 スコット・ケリー, NASA
4回目
出展
Spacefacts[1]

もともとフライトエンジニア3にはユーリ・ロンチャコフが入るはずであったが、2013年9月6日にガスプロムで職を得るためにロシア連邦宇宙局を辞職した[2]。また、彼は第44次長期滞在で船長を行うはずであった。

ギャラリー[編集]

[編集]

外部リンク[編集]