第42次長期滞在

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第42次長期滞在
任務種別 ISSへの長期滞在
長期滞在
宇宙ステーション 国際宇宙ステーション
開始 2014年11月10日 (UTC)
終了 2015年3月11日 (UTC)
到着 ソユーズTMA-15M英語版
出発 ソユーズTMA-14M
乗員
乗員数 6人
乗員 第41/42次長期滞在:
バリー・E・ウィルモア英語版
アレクサンダー・サマクチャイエフ英語版
エレナ・セロヴァ英語版

第42/43次長期滞在:
アントン・シュカプレロフ
サマンサ・クリストフォレッティ英語版
テリー・W・バーツ英語版

ISS Expedition 42 Patch.svg

Expedition 42 crew portrait.jpg
左から右にセロヴァ、ウィルモア、サマクチャイエフ、シュカプロレフ、バーツ、クリストフォレッティ

第42次長期滞在(英語: Expedition 42)は国際宇宙ステーション(ISS)への42回目の長期滞在である。

2014年11月10日にソユーズTMA-13M第40次第41次長期滞在を終えたスラエフワイズマン英語版ゲルスト英語版の3名が地球に帰還してから始まった。

2014年11月24日にソユーズTMA-15M英語版シュカプロレフクリストフォレッティ英語版バーツ英語版がISSに到着した

2015年3月に第41次・第42次長期滞在を終えたウィルモア英語版サマクチャイエフ英語版セロヴァ英語版の3名がソユーズTMA-14Mで地球に帰還するまで続いた[1]

乗組員[編集]

職務 第1期
( - 2014年11月)
第2期
( 2014年11月 - 2015年3月)
船長 バリー・E・ウィルモア英語版, NASA
2度目
フライトエンジニア 1 アレクサンダー・サマクチャイエフ英語版, RSA
2度目
フライトエンジニア 2 エレナ・セロヴァ英語版, RSA
初飛行
フライトエンジニア 3 アントン・シュカプレロフ, RSA
2度目
フライトエンジニア 4 サマンサ・クリストフォレッティ英語版, ASI-ESA
初飛行
フライトエンジニア 5 テリー・W・バーツ英語版, NASA
2度目
出展
Spacefacts[2]

任務[編集]

第42次長期滞在やその後の2015年の滞在ミッションの重要な任務の一つは、ISSへの商業有人宇宙輸送機のドッキングを可能にする部品の設定および準備である。この準備のとして以前スペースシャトルがドッキングしていたハーモニー前方側の結合部と天頂側の結合部に新しく係留場所を整えるため、2015年に数度の船外活動が要求される。これらの新しい結合部はボーイングCST-100や有人のスペースXドラゴンのISSへのドッキングを可能にする。 最初の旅客は2017年にISSへ訪れることが予定されている[3]

その他[編集]

ギャラリー[編集]

[編集]

外部リンク[編集]