武田鉄矢・今朝の三枚おろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武田鉄矢・今朝の三枚おろし
放送方式 収録
放送時間 毎週月曜 - 金曜
放送局 文化放送
パーソナリティ 武田鉄矢
水谷加奈
テンプレートを表示

武田鉄矢 今朝の三枚おろし』(たけだてつや けさの さんまいおろし)は、文化放送が制作し、NRN系列の全国AMラジオ32局ネットで、平日の朝に10分間放送している企画ネット番組である。1994年4月1日放送開始。

概要[編集]

かつてはトヨタ自動車、後にクレバリーホームサカタのタネ川口技研、2010年11月 - 2011年3月までは三菱ふそうトラック・バス株式会社が提供していたが、2012年4月からはコメリが提供している[1]

なお、2011年12月の放送は武田が心臓の手術をした関係で、12月中旬は武田の自宅で収録した分を放送し、その後は「三枚おろしアーカイブス」として、過去の放送から厳選した内容を放送した。

2013年9月16日から20日までは内閣府警察庁消費者庁金融庁が進めている『お・し・だ・そ・う』キャンペーンの啓発企画として、通常は独自内容に差し替えているHBCラジオKBCラジオでも、当番組を5日間限定でネットしている(※静岡放送では、テーマは同じだが通常通り自社制作・独自内容で放送)。

出演者[編集]

過去のアシスタント
アシスタントは、当番組を内包している文化放送の番組アシスタントが兼ねる。

番組内容[編集]

  • 番組冒頭に街頭インタビューが流れ(後述のテーマとは関係ない質問が多い)、それに対して、武田がコメントし、タイトルコールを行う。
  • 毎週一つのテーマについて、武田がアシスタントに対し、語りかける形式で意見を述べる。アシスタントに質問を投げかける場合もある。テーマは基本的に毎週変わるが、数週間、同じテーマでトークを行うこともある。テーマは日常的とはいえないほど難しいことも、しばしばである。
  • 番組のエンディングは包丁で、まな板を叩く音が聞こえるが、スタジオに包丁とまな板を持ち込んで、武田自身が鳴らしている。この方式を決めたのは、1996年当時の中根義雄プロデューサーと、清水克彦ディレクターである。
  • 番組オープニングテーマ曲は、「BAY SIDE STREET」(MALTA

ネット局[編集]

カッコ内の記述は放送開始時間、内包しているワイド番組名(独立番組の場合は表記なし)の順。ワイド番組に内包されている一部の局では、放送時間が多少変動する場合がある。

なお、文化放送が、1月2日・1月3日の放送に当たる場合は制作局が箱根駅伝の提供スポンサーの関係で、箱根駅伝の放送中かイレギュラー時間に流される場合とCMのみ後日、振り替えて流される場合とに分かれる(前者はネット局の場合。ただし、東海ラジオ・ラジオ大阪などには裏送りで、当番組が放送される)。

独自内容で放送する局[編集]

以下の放送局では企画ネット番組として、独自の内容で放送している(いずれも生放送)。一部の局ではCMのみネットしているが、スポンサーがついていない場合もある。

カッコ内の表記は放送開始時間、内包しているワイド番組名、タイトルの順。ただし、放送開始時間は多少前後する場合がある。

ネット配信[編集]

インターネットラジオBBQRでも、毎週月曜日に更新して配信している[5]。オープニングのインタビューとCMはカットし、5日分の本編トークがまとめて流されている。
なお、2007年10月に放送されたビートルズの話題は著作権の関係で、ビートルズの曲が丸々カットされ、歯抜け状態の内容になっていた。

脚注[編集]

  1. ^ 番組開始前と終了後2 - 3本のCMが、ネットワークセールスとして配信されている。
  2. ^ 水谷が産休の間に、代理で担当。
  3. ^ かつては「日本全国・今朝の三枚おろし」というタイトルで企画ネットを採用し、独自の内容で放送していたが、2005年10月より「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」のネットに切り替えた。
  4. ^ 武田鉄矢の出身地でありながら、放送されていない。
  5. ^ 2013年4月29日更新分からはポッドキャストにも対応。文化放送 Podcasting