叡山電鉄デオ700系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新旧塗装車の並び(八瀬比叡山口駅

叡山電鉄デオ700系電車(えいざんでんてつデオ700けいでんしゃ)は、叡山電鉄(叡電)の鉄道車両電車)。

概要[編集]

叡電初の冷房装置搭載・ワンマン運転対応の車両である。旧車両の下回りなどを利用したため、同社の在来車の廃車発生品を利用した吊り掛け駆動方式で落成した車両も存在したが、これらは順次阪神電気鉄道京阪電気鉄道から譲渡された部品に交換され、全車がカルダン駆動方式となった。正面は2枚の大窓を配し、横から見ると「く」の字に傾斜し、行先表示器も設置されるなど斬新なスタイルとなり、叡電車両の近代化の先駆けとなった。

通常は単行運転であるが、多客期(「鞍馬の火祭」など)に対応する輸送では、当形式の2両連結運用が実施され(ギャラリーの画像参照)、この際は車掌乗務となる。なお、カルダン駆動方式に統一される以前は、駆動方式が異なる車両同士での連結は出来なかった。

ワンマンカーを印象付けるため、車体塗装は従来の標準であったグリーンとクリームからマルーンとベージュ(当時の京福電気鉄道福井支社や京都バスに似た塗り分け)を採用したが、2005年にデオ711号車が「山」の愛称でクリームと緑帯基調に変更され、続いてデオ712号車が「もみじ」の愛称でクリームに赤帯基調で登場、さらにデオ731号車が「川」の愛称でクリームに青帯で登場、そしてデオ723号車が「新緑」の愛称でクリームに緑帯で登場した。その後も新塗装化が進み(4種類2両ずつ)、2011年11月をもって旧塗装は消滅した。最後まで残った旧塗装車はデオ724号車である[1]

種車により詳細な形式は3種類あるが、車体はほとんど同じである。車体両端に客用扉を配した2扉車で、側面中央部の窓に1枚ガラスの固定式を採用したため、一見すると中間の客用扉を埋めたようにも見えるのが外見上の特徴となっている。ワンマン運転を考慮して乗務員室扉は引戸とされ、以後の叡電の全車両に普及している。車両の細部は1両ごとに異なっていると言ってもよく、デオ722号車以前の車両は静止形インバータ装置のノイズフィルターが別個になっており、乗務員室ドア上の水切りがないという大きな相違点がある。

形式[編集]

落成時のデオ712
デナ21形由来の台車を履く
デオ710形 - 711・712
1987年(昭和62年)、デナ21形23・24の下回りを流用して製造された。1991年(平成3年)から1992年(平成4年)にかけて、阪神電気鉄道から譲渡された主電動機および新製の台車で高性能化されたため、デナ21形由来の部品はほとんど残っていない。
デオ720形 - 721 - 724
1988年(昭和63年)、デオ200形201 - 204の下回りを流用して製造された。デオ710形の下回り更新以降はこの形式のみが吊り掛け駆動方式となっていたが、2002年(平成14年)12月以降に722号から順次京阪1900系の廃車発生品を利用してカルダン駆動方式に改造され、台車も同車が使用していたKS-70形空気バネ台車に変更された。
デオ730形 - 731・732
1988年(昭和63年)、京阪1800系(2代)の下回りを流用して製造された。名目上はデオ300形の置換であるが、同車の機器に特殊なものが多かったことから、艤装と保守の問題で京阪1800系(2代)の廃車発生品が用いられた。

いずれも主制御器は京阪大津線260形の廃車発生品が流用されている。

コラボレーション[編集]

2011年6月12日に、デオ721号車に『映画けいおん!』のヘッドマークを装着し[2][3]、同年9月1日からは新たに登場キャラクターのラッピングを施したほか、デオ723号車にもヘッドマークの装着と登場キャラクターのラッピングが施されている[4]。当初は同年12月下旬まで運行する予定であったが、好評により2012年2月19日まで延長が決定された[5][6]

2012年9月20日から2013年3月31日まで、デオ723・デオ724号車の2両に、『けいおん!』と同じ芳文社漫画雑誌連載の漫画(アニメ)『ひだまりスケッチ』のラッピングとヘッドマークを装着して運行した[7][8][9]

2013年7月21日からはデオ723・デオ724号車の2両に、やはり芳文社漫画雑誌に連載の漫画(アニメ)『きんいろモザイク』のヘッドマークを装着して運行[10][11]

同年10月26日からはデオ723・デオ724号車の2両に、アニメ映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編] 叛逆の物語』のラッピングを施して運行[12][13]

2014年4月17日からはデオ723・デオ724号車の2両に、芳文社漫画雑誌に連載の漫画(アニメ)『ご注文はうさぎですか?』のヘッドマークを装着して運行している(6月30日までの予定)[14][15]

ギャラリー[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 叡電デオ724にさよなら旧塗装ヘッドマークとプレート - 『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース(交友社) 2011年11月25日(2012年1月8日閲覧)
  2. ^ 叡電ニュース「けいおん!!×えいでん!! 楽器型特別乗車券 2011 年初夏」の発売について (PDF) - 叡山電鉄 2011年6月3日(2011年6月6日閲覧)
  3. ^ 叡電デオ700形に「けいおん!」ヘッドマーク - 『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース(交友社) 2011年6月13日(2011年9月11日閲覧)
  4. ^ 叡電ニュース「えいでん!×けいおん!トレイン」運行開始について (PDF) - 叡山電鉄 2011年8月31日(2011年9月2日閲覧)
  5. ^ 叡電ニュース「えいでん!×けいおん!トレイン」運行期間延長について (PDF) - 叡山電鉄 2011年12月28日(2012年1月8日閲覧)
  6. ^ 叡電ニュース「えいでん!×けいおん!トレイン」運行期間変更について (PDF) 2012年2月3日(2012年2月4日閲覧)。
  7. ^ 叡電ニュース 「ひだまり号」特別列車運行 および「まんがタイムきらら×きらら号」特別乗車券の販売について (PDF) 2012年9月14日、9月28日閲覧。
  8. ^ 叡山電鉄で「ひだまり号」運転 railf.jp(鉄道ファン交友社) 2012年9月21日、同27日閲覧。
  9. ^ 【叡電】"ひだまり号"特別列車運行 RMニュース(鉄道ホビダス) 2012年9月24日、同27日閲覧。
  10. ^ 叡電ニュース 「まんがタイムきらら」コラボヘッドマーク車両運行について (PDF) 2013年7月18日、8月6日閲覧。
  11. ^ 叡山電鉄で「まんがタイムきらら」コラボヘッドマーク railf.jp(鉄道ファン・交友社) 2013年8月5日、同6日閲覧。
  12. ^ 叡電ニュース 「劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編叛逆の物語×叡山電車」特別乗車券の発売及びコラボトレイン運行開始について] (PDF) 2013年10月10日、同28日閲覧。
  13. ^ 『第9回 えいでんまつり』開催 railf.jp(鉄道ファン・交友社) 2013年10月27日、同28日閲覧。
  14. ^ 叡電ニュース 「まんがタイムきらら」コラボ企画 「ご注文はうさぎですか?」ヘッドマーク車両運行について (PDF) 2014年4月16日、同20日閲覧。
  15. ^ 叡電デオ700系に「ご注文はうさぎですか?」ヘッドマーク railf.jp(鉄道ファン・交友社) 2014年4月18日、同20日閲覧。