フローラン・アモディオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif フローラン・アモディオ
Florent Amodio
Figure skating pictogram.svg
Florent AMODIO NHK Trophy 2010.jpg
2010年NHK杯の表彰式で
基本情報
代表国: フランスの旗 フランス
生年月日: 1990年5月12日(24歳)
出生地: ブラジル セアラー州ソブラル
身長: 165 cm
体重: 56 kg
コーチ: ベルナルド・グラッサー
ファビアン・ブルザ
元コーチ: カティア・クリエ
シャネッタ・フォレ
ニコライ・モロゾフ
フィリップ・ボリー
ディディエ・マノー
振付師: ショーン・チェスマン
元振付師: ステファン・ランビエール
マリナ・アニシナ
ダイアナ・リバス
ニコライ・モロゾフ
スタニック・ジャネット
アレクサンドル・ズーリン
T. Myles
ベルナルド・グラッサー
Mikhail Pochitalin
所属クラブ: CSG セルジーポントワーズ
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 250.53 2013 欧州選手権
ショートプログラム: 89.82 2013 欧州選手権
フリースケーティング: 163.07 2012 世界選手権

フローラン・アモディオフランス語: Florent Amodio1990年5月12日 - )は、ブラジル出身のフランスフィギュアスケート選手(男子シングル)。

2010年バンクーバーオリンピック2014年ソチオリンピックフランス代表、2011年欧州選手権優勝。

経歴[編集]

1990年、ブラジルセアラー州ソブラル生まれ。幼少時に養子縁組でフランスに渡り、ヴァル=ドワーズ県フレマヴィレで育つ。4歳でスケートをはじめた。成長期の骨端症で12歳から一年半のブランクがある。

2008-2009シーズンのジュニアグランプリファイナルで優勝し頭角を現す。2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦において初めてシニアの大会に派遣された。2009-2010シーズン、フランス選手権ヤニック・ポンセロアルバン・プレオベールを押さえ初優勝。バンクーバーオリンピックの出場権を獲得し、オリンピックでは12位となった。

2010-2011シーズンのグランプリシリーズ初戦のNHK杯では3位となり、シニアのグランプリシリーズで初の表彰台に上った。続くエリック・ボンパール杯では2位、ISUグランプリファイナルに初の出場資格を得た。初出場の欧州選手権ではSPで1位、FSでは3位となり総合1位。男子シングルで初出場の選手が欧州選手権を制したのは1995年のイリヤ・クーリック以来のことである。2年連続の出場となった世界選手権ではSPで5位となり最終グループ入りを果たした。FSでは歌詞入りの音楽を使用したが、ジャッジの多数決により減点されることは無かった。[1]インタビューでは、歌詞入りの音楽を使用した理由を「全ての日本人へのささやかなプレゼントだ」と語っている。結果は7位だった。

2011-2012シーズン、スケートアメリカで10人中9位と惨敗。エリック・ボンパール杯でも6位と低迷したのを受けてSP、FSともに改変して臨んだフランス選手権では準優勝したものの演技中に背中を故障。欧州選手権では銅メダルを獲得した。世界選手権では5位だった。国別対抗戦にも派遣され、個人(男子シングル)では4位となった。

このシーズンオフに『Programme Libre』という題の短編ドラマ映画に出演した[2]

2012-2013シーズン、GPSではスケートカナダでは4位。エリック・ボンパール杯では3位。ブライアン・ジュベールが欠場したフランス選手権で優勝。欧州選手権では銀メダル。期待を受け臨んだ世界選手権ではSPでジャンプのミスと最後のスピンで転倒し10位に。FSでは15位と後退し、トータル12位に終わった。6月にさまざまな行き違いの蓄積により、ニコライ・モロゾフとの師弟関係を解消した。[3]

2013-2014シーズン、7月に練習拠点をフランスに戻し、ブライアン・ジュベールのコーチでもあるカティア・クリエに指導を受け始める。さらにアレクセイ・ヤグディンステファン・ランビエールにも一時的に指導を受けた。9月にはシャネッタ・フォレを新たにコーチに迎えた。[4]世界選手権は準備不足のために欠場を発表した。[5]シーズン終了後、ベルナルド・グラッサーにコーチを戻し、ファビアン・ブルザとも仕事を行う。[6]

主な戦績[編集]

大会/年 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15
冬季オリンピック 12 18
世界選手権 15 7 5 12
欧州選手権 1 3 2 13
世界国別対抗戦 10 4
フランス選手権 4 J 11 7 4 2 1 2 2 1 1
GPファイナル 6
GPエリック杯 2 5 3 7 11
GPスケートカナダ 4 6
GP中国杯 6
GPスケートアメリカ 4 9
GP NHK杯 3
GPロステレコム杯 9
CSロンバルディア杯 6
チャレンジカップ 棄権
世界Jr.選手権 15 10 15
フランスJr.選手権 2 1
JGPファイナル 1
JGPクールシュヴェル 4 3
JGP J.カリー記念 1
JGPタリン杯 7
JGPレークプラシッド 5
JGPリベレツ 12
JGPバルト杯 15
JGPアンドラ杯 11
トリグラフ杯 4 J

詳細[編集]

2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年11月21日-23日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 9
75.07
11
117.93
11
193.00
2014年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 8
72.14
5
143.57
6
215.71
2014年9月18日-21日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーセスト・サン・ジョヴァンニ 7
66.97
4
132.73
6
199.70


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 14
75.58
18
123.06
18
198.64
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック 団体戦(ソチ 5
79.93
- 6
団体
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 7
78.60
20
111.53
13
190.13
2013年12月12日-15日 フランスフィギュアスケート選手権(ヴォジャニー) 1
78.89
2
148.97
1
227.86
2013年11月15日-17日 ISUグランプリシリーズ エリックボンパール杯パリ 5
73.65
8
117.48
7
191.13
2013年11月1日-3日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 5
76.75
6
136.64
6
213.39


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 10
75.73
15
141.10
12
216.83
2013年1月23日-27日 2013年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 1
89.82
3
160.71
2
250.53
2012年12月13日-16日 フランスフィギュアスケート選手権ストラスブール 1
78.41
1
152.03
1
230.44
2012年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 7
60.13
1
154.12
3
214.25
2012年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダウィンザー 5
74.61
5
144.11
4
218.72


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年4月19日-22日 2012年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 5
81.84
3
156.49
4
238.33
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 6
79.96
4
163.07
5
243.03
2012年3月8日-11日 2012年チャレンジカップハーグ 1
82.48
- 棄権
2012年1月23日-29日 2012年ヨーロッパフィギュアスケート選手権シェフィールド 5
78.48
3
155.70
3
234.18
2011年12月16日-18日 フランスフィギュアスケート選手権ダンマリー=レ=リス 2
79.23
2
131.19
2
210.42
2011年11月18日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
71.42
5
129.92
5
201.34
2011年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカオンタリオ 8
62.46
8
125.14
9
187.60
2011年10月1日-日 2011年ジャパンオープンさいたま - 5
138.25
2
団体


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 5
77.64
7
152.04
7
229.68
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 1
78.11
3
148.75
1
226.86
2010年12月17日-18日 フランスフィギュアスケート選手権トゥール 3
67.21
1
155.34
2
222.55
2010年12月9日-12日 2010/2011 ISUグランプリファイナル北京 6
61.64
5
140.26
6
201.90
2010年11月26日-28日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 2
75.62
2
153.76
2
229.38
2010年10月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 4
70.01
2
143.76
3
213.77


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月24日-25日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 15
68.31
13
128.94
15
197.25
2010年2月16日-18日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 11
75.35
15
134.95
12
210.30
2009年12月18日-19日 フランスフィギュアスケート選手権マルセイユ 2
80.75
1
156.94
1
237.69
2009年11月13日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 2
72.65
6
124.93
4
197.58
2009年10月23日-24日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 9
59.95
9
111.70
9
171.65


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月16日-17日 2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 7
69.85
11
112.47
10
182.32
2009年2月25日-26日 2009年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 19
49.80
12
103.90
15
153.70
2008年12月19日-21日 フランスフィギュアスケート選手権コルマール 2
72.60
2
142.72
2
215.32
2008年12月11日-14日 2008/2009 ISUジュニアグランプリファイナル高陽 1
68.20
1
131.38
1
199.58
2008年10月15日-18日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 1
72.00
2
121.34
1
193.34
2008年8月27日-31日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 3
58.30
2
113.39
3
171.69


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 9
58.50
12
106.29
10
164.79
2007年12月7日-9日 フランスフィギュアスケート選手権(メジェーヴ) 4
66.44
3
118.75
4
185.19
2007年9月20日-23日 ISUジュニアグランプリ タリン杯タリン 5
51.82
8
94.84
7
146.66
2007年8月30日-9月2日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 6
43.52
3
96.80
5
140.32


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年2月26日-3月4日 2007年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ 11
55.29
14
95.88
15
151.17
2006年12月1日-3日 フランスフィギュアスケート選手権カーン 4
59.40
7
98.52
7
157.92
2006年10月19日-22日 ISUジュニアグランプリ リベレツリベレツ 10
48.91
13
84.53
12
133.44
2006年8月24日-27日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル 6
45.68
3
100.43
4
146.11


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年12月8日-11日 フランスフィギュアスケート選手権ブザンソン 9
49.95
11
74.82
11
124.77
2005年10月13日-16日 ISUジュニアグランプリ バルト杯グダニスク 19
37.36
14
83.44
15
120.80
2005年9月8日-11日 ISUジュニアグランプリ アンドラ杯カニーリョ 11
41.03
10
75.99
11
117.02


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年4月14日-17日 2005年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 5 4 4


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2014-2015[6] 映画『オーケストラ!』サウンドトラックより
作曲:アルマン・アマール
振付:ショーン・チェスマン
映画『ブラッド・ダイヤモンド』サウンドトラックより
作曲:ジェームズ・ニュートン・ハワード
映画『ライオン・キング』サウンドトラックより
作曲:ハンス・ジマー
振付:ショーン・チェスマン
Ain't No Sunshine
曲:ビル・ウィザース
2013-2014[4][7][8] ポル・ウナ・カベサ
作曲:カルロス・ガルデル
ラ・クンパルシータ
作曲:ヘラルド・マトス・ロドリゲス
編曲:セバスチャン・ダミアーニ、F. Larage
振付:ステファン・ランビエール
Under The Moon
編曲:セバスチャン・ダミアーニ、F. Larage
Happy
by C2C
ラヴィアンローズ
演奏:ルイ・アームストロング
振付:マリナ・アニシナ
メモリーズ・オブ・ソブラル
作曲:セバスチャン・ダミアーニ
Eu quero tchu, Eu quero tcha
ボーカル:ヨアン・ルーカス、&マルセロ
Balada Boa
ボーカル:グスタボ・リマ
2012-2013 Farrucas
演奏:ペペ・ロメロ
振付:ニコライ・モロゾフ

メモリーズ・オブ・ソブラル
作曲:セバスチャン・ダミアーニ
振付:ニコライ・モロゾフ
ジャンピング・ジャック
演奏:セバスチャン・ダミアーニ
Broken Sorrow
演奏:ナッシン・バット・ストリングス
To Build a Home
演奏:ザ・シネマティック・オーケストラ
振付:ニコライ・モロゾフ
2011-2012 サマータイム
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
ジャンピング・ジャック
演奏:ビッグ・バッド・ブードゥー・ダディー
振付:ニコライ・モロゾフ

映画『ティアーズ・オブ・ザ・サン』より
作曲:ハンス・ジマー
振付:ニコライ・モロゾフ
メモリーズ・オブ・ソブラル
作曲:セバスチャン・ダミアーニ
映画『ブルー 初めての空へ』より
作曲:セルジオ・メンデス
振付:ニコライ・モロゾフ
Broken
作曲:リサ・ジェラルド
Apologize
作曲:タイオ・クルーズ
Imma Be
作曲:ブラック・アイド・ピーズ
スムーズ・クリミナル
演奏:デイヴィッド・ギャレット
今夜はドント・ストップ
作曲:マイケル・ジャクソン
メス・アラウンド
曲:レイ・チャールズ
2010-2011 映画『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』より
作曲:ロバート・ロドリゲス
振付:ニコライ・モロゾフ
Broken
作曲:リサ・ジェラルド
Apologize
作曲:タイオ・クルーズ
Imma Be
作曲:ブラック・アイド・ピーズ
スムーズ・クリミナル
演奏:デイヴィッド・ギャレット
今夜はドント・ストップ
作曲:マイケル・ジャクソン
振付:ニコライ・モロゾフ
Broken
作曲:リサ・ジェラルド
Apologize
作曲:タイオ・クルーズ
Imma Be
作曲:ブラック・アイド・ピーズ
スムーズ・クリミナル
演奏:デイヴィッド・ギャレット
今夜はドント・ストップ
作曲:マイケル・ジャクソン
2009-2010 映画『ミュンヘン』より
作曲:ジョン・ウィリアムズ
Papa Can You Hear Me?
映画『愛のイエントル』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:スタニック・ジャネット
映画『アメリ』より
作曲:ヤン・ティルセン
夜想曲第20番
作曲:フレデリック・ショパン
編曲:リ・マインドオーケストラ(re:mind orchestra

回転木馬 『シルク・ドゥ・ソレイユ』より
作曲:ベノワ・ジュトラ
振付:アレクサンドル・ズーリン
あの娘が消えた
ブラック・オア・ホワイト
曲:マイケル・ジャクソン
2008-2009 映画『マスク・オブ・ゾロ』サウンドトラックより
作曲:ジェームズ・ホーナー
マラゲーニャ
作曲:エルネスト・レクオーナ
バグダッド
作曲:ジェシ・クック
振付:ベルナルド・グラッサー
映画『ミッション』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
Rockin Gysies
作曲:ウィリィーアンドロボ
Bullfighter's Dream
作曲:オットマー・リーバート
振付:ベルナルド・グラッサー
Sexy Back
曲:ジャスティン・ティンバーレイク
Over my Shoulder
曲:ミーカ
2007-2008 映画『ある日どこかで』より
作曲:ジョン・バリー
パガニーニの主題による狂詩曲
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
映画『マスク・オブ・ゾロ』サウンドトラックより
作曲:ジェームズ・ホーナー
2006-2007 映画『シンドラーのリスト』より
作曲:ジョン・ウィリアムズ
2005-2006 ロード・オブ・ザ・ダンス
作曲:ローナン・ハーディマン
映画『ラスト・オブ・モヒカン
作曲:トレヴァー・ジョーンズランディ・エデルマン
2004-2005 映画『ジャングル・ブック
作曲:ジョージ・ブランズ

脚注[編集]

  1. ^ Golden Skate
  2. ^ http://www.imdb.com/title/tt2675216/
  3. ^ Amodio leaves Morozov, starts training with Krier
  4. ^ a b Folle steps in as Amodio's new coach at Bercy
  5. ^ Amodio renonce aux Mondiaux
  6. ^ a b Seeking more consistency, Amodio tones down act
  7. ^ Amodio sans entraîneur
  8. ^ On skater's road to Sochi Games, a flight of tears

外部リンク[編集]