カルロス・ガルデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・ガルデル
カルロス・ガルデル(1933年)}
カルロス・ガルデル(1933年
基本情報
別名  El Zorzal Criollo, El Morocho del Abasto, El Mago, El Rey del Tango, El Mudo
出生 1890年12月11日?
出身地 フランスの旗 フランス トゥールーズ?
ウルグアイの旗 ウルグアイタクアレンボー?
アルゼンチンの旗 アルゼンチン?
死没 1935年6月24日(満44歳没)
コロンビアの旗 コロンビア メデリン
ジャンル タンゴ
職業 歌手ギタリスト作曲家俳優
担当楽器 ギター
活動期間 1911年 - 1935年
共同作業者 アルフレッド・レ・ペラ
Por una cabeza(Tango Bar - 1935年)
本人による『ポル・ウナ・カベサ』の歌声。
.
ブエノスアイレスのガルデル像
ブエノスアイレスのガルデル通りのフィレテアド・ポルテーニョ英語版の技法で描かれたガルデル。

カルロス・ガルデル(Carlos Gardel, 1890年12月11日? - 1935年6月24日)は不世出のタンゴ歌手として知られるアルゼンチンの歌手・俳優であり、その人気の絶頂期に飛行機事故で急逝した事と相まって、現在なおタンゴ界の偶像というにとどまらずアルゼンチンの国民的英雄としての地位を不動のものにしている。

人物[編集]

タンゴという音楽は1870年代から1880年代にかけアルゼンチンブエノスアイレスダンス音楽として生まれたとする説が有力視されている。タンゴはその誕生時から詞を付けられ歌われてはいたが、詞はあくまでダンスの添え物的存在であり、詞の内容もたわいのないものだったという。そうした状態はガルデルの登場で一変、その美声と表現力によってタンゴ歌手として一世を風靡、後世のタンゴ歌手もみなガルデルをその目標に掲げるほどの大きな影響を残した。

ガルデルは歌のみならず、タンゴの作曲の世界でも名を残している。元々自分のレパートリーを広げるために始めた作曲だったが、ガルデルの作品は他のタンゴ楽団もこぞって取り上げ、現在でもタンゴ歌手のほとんどが程度の差はあれ、レパートリーにガルデルの作品を加えている。作詞家でガルデルの伴奏ギタリストも務めていたアルフレッド・レ・ペラとのコンビによる作品が特に有名で、『わが懐かしのブエノスアイレス』 Mi Buenos Aires querido 『ボルベール』 Volver などが代表作とされる。

ガルデルの出生地は諸説がある。フランストゥールーズ、幼少時にフランスからアルゼンチンに移民したという説、アルゼンチン出生説、ウルグアイタクアレンボー出生説がある。が、混乱の前提には、死後の遺産処理にも関わるとみられる。よって早くから、ウルグアイ・タクアレンボー出生ではない事実を作りあげる必要があったと見られ、混乱に及んでいる。生年も1890年以外に1887年説などがある。ただガルデルが私生児として生まれたという事のみは奇妙にもすべての出生説に共通しているようだ。

ガルデルのプロ・デビューは1911年、そしてその2年後の1913年に民謡歌手ホセ・ラサーノとデュオを組み、このデュオは1925年まで活動を続けた。このデュオでガルデルは多くの民謡も歌っているが、1917年に初めて歌った『ミ・ノーチェ・トリステ』 Mi noche tristeわが悲しみの夜)によって本格的なタンゴ歌唱を確立、次第に独自の道を歩む事になる。『ミ・ノーチェ・トリステ』はラテンアメリカでヒットを記録。ガルデルは、バルセロナパリニューヨーク、ウルグアイ、チリブラジルプエルトリコベネズエラコロンビアなど各地に演奏旅行を繰り返し、アルゼンチンに戻ってもすぐに海外に出発する活躍ぶりにアルゼンチンでは『偉大なる渡り鳥』というニックネームで呼ばれたという。ガルデルは歌や作曲ばかりでなく、俳優として映画にも出演。ガルデルが出演する映画の中では彼は必ず歌を披露し、歌のみならずその二枚目的風貌と相まって全スペイン語圏で彼の人気はますます高まっていく事になる。

1935年、ガルデルはニューヨークでの映画撮影を終え、アルゼンチンへの帰途についた。 アルゼンチンにたどり着くまでの道中にあたる南米諸国で、映画宣伝を兼ねたコンサートを催しながら、コロンビアまでたどり着く。そしてコロンビアのメデリン空港から飛び立とうとしたガルデル一行(伴奏ギタリストとしてアルフレッド・レ・ペラらも乗り合わせていた)の乗る飛行機は離陸に失敗、失速して墜落炎上し、ガルデルらは焼死した。

エピソード[編集]

アルゼンチンのフットボール・チーム、ラシン・クラブのサポーターであった。そのため1928年にラシン・クラブの当時のスター選手ペドロ・オチョアを称えた「Patadura」というサッカーの曲を制作した。

外部リンク[編集]