エヴァン・ライサチェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif エヴァン・ライサチェク
Evan LYSACEK
Figure skating pictogram.svg
Evan Lysacek Podium 2009 Worlds.jpg
2009年世界選手権の表彰式でのライサチェク
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: 1985年6月4日(29歳)
出生地: イリノイ州シカゴ
身長: 188 cm
体重: 73 kg
コーチ: フランク・キャロル
元コーチ: ヴィクトール・クドリャフツェフ
マリア・ジェイシック=エイシー
デボラ・ストーリー
ケン・コンゲミ
振付師: ローリー・ニコル
元振付師: シャネッタ・フォレ
オレグ・エスプタイン
タチアナ・タラソワ
カート・ブラウニング
所属クラブ: DuPage FSC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 257.67 2010 バンクーバー五輪
ショートプログラム: 90.30 2010 バンクーバー五輪
フリースケーティング: 167.37 2010 バンクーバー五輪
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
2010 バンクーバー 男子シングル
世界選手権
2005 モスクワ 男子シングル
2006 カルガリー 男子シングル
2009 ロサンゼルス 男子シングル

エヴァン・フランク・ライサチェク英語: Evan Frank Lysacek, 1985年6月4日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の男性フィギュアスケート選手。日本語ではライザチェクライザチェックなどの表記もある。2010年バンクーバーオリンピック金メダリスト。2009年世界選手権優勝。

人物[編集]

イリノイ州シカゴに生まれ、同州ナパービルで育つ。家族は、ナパービルで代用教員として勤める母・ターニャ(旧姓サントロ)、建設業の父・ドン、姉・ローラ、バレーボール選手の妹・クリスティーナと、本人の5人家族。2003年にネクアバレイ高校を卒業した。

イタリア人チェコ人の血を引く。チェコでの縁戚のインタビューによると、ライサチェクの曽祖父が1925年にチェコスロバキアからアメリカのシカゴに移住した[1]。父親は本人の談によると「100%チェコ人」[2]。母親はイタリア、ギリシャ、シリア人の混血。ライサチェク本人はイタリアの血は約25%とファンからの質問に答えている[3]正教徒であり、最も大事な持ち物としてギリシャ正教式の十字架を挙げている。

現在はカリフォルニア州ロサンゼルスで生活しており、エル・セグンドウのトヨタスポーツセンターを練習拠点にしている。コンディション調整にはパワー・ヨーガを取り入れている。慈善活動に積極的に参加している[4]

独学で演技の勉強をしながら、ビバリーヒルズの演劇学校でスタニスラフスキー・システムを学んでおり、自主制作のショートフィルム"Skate Great!"では、ロシアのオリンピック金メダリストを演じている。 また渡辺杏(現:杏)も在籍するモデルエージェンシーのDNAモデルマネージメントにも所属していたことがある。

経歴[編集]

幼少期-ジュニア時代[編集]

8歳からスケートを始める。アイス・カペーズ(アイスショー)の大ファンだった祖母は、ライサチェクにクリスマスプレゼントとしてスケート靴を与えた。彼はもともとアイスホッケーをやりたがっていたが、母が彼と姉をフィギュアスケート教室に入会させたため、スケートを学ぶことになった。彼はスケートに夢中になり、すぐに競技会にも出始めた。

1996年、全米ジュニア選手権ジュブナイルクラスで優勝。1997年からインタメディエイトクラスに上がると、リージョナル、セクショナルを制し、ジュニアオリンピックでも4位に入った。

1998年全米選手権ノービスクラスでは予選落ちだったが、翌1999年は13歳で優勝を果たす。さらに2000年全米選手権ジュニアクラスでも優勝。全米選手権のノービスクラスとジュニアクラスを立て続けに制した男性スケーターはテリー・クビカ以来である。

2000-2001シーズンから、ライサチェクは国際大会でも結果を出し始める。ジュニアグランプリでは2つの銀メダルを獲得し、ISUジュニアグランプリファイナルに出場。初めて出場したシニアの全米選手権では12位につけた。世界ジュニア選手権では、当初補欠の2番手だったものの、負傷により辞退したライアン・ブラッドレイの替わりに出場すると2位に入った。優勝したのはジョニー・ウィアーで、世界ジュニア選手権でアメリカの選手が同時に1位と2位に入るのは、1987年以来のことであった。

2001-2002シーズンは肋骨骨折など相次ぐ怪我に見舞われ、練習も十分にできなかった。さらに、アメリカ同時多発テロ事件が発生すると、アメリカフィギュアスケート協会はジュニアグランプリフェニックスの開催を中止、またアメリカ所属選手のジュニアグランプリ派遣も中止してしまった。これらの要因によりライサチェクはモチベーションを失ってしまい、全米選手権では12位にとどまり、世界ジュニア選手権の代表にも選ばれなかった。

それからライサチェクは食事やトレーニングを見直し、明確な目標を設定して立て直しを図った。2002-2003年シーズン、ジュニアグランプリで2つの銀メダルを獲得し、3年ぶりにジュニアグランプリファイナルに出場。全米選手権では7位まで順位を上げ、四大陸選手権でシニアの国際大会デビューを果たした。世界ジュニア選手権では、2002年大会の結果によりアメリカ男子出場枠が2枠に減っており、翌2004年大会の出場枠を3枠に増やすべく、ライサチェクともう1人の代表であるパーカー・ペニングトンに大きな期待が集まっていた。しかし、ペニングトンが棄権したため、ライサチェクの演技に全てがかかることになった。ライサチェクは予選で彼にとっては初めてとなる3回転アクセルに成功、フリースケーティングでも3回転アクセルを成功させて、銀メダルを獲得した。この結果により、翌2004年大会のアメリカ男子出場枠は3枠に広がった。

2003年に高校を卒業すると、コーチをケン・コンゲミとフランク・キャロルに変更し、練習拠点もカリフォルニア州エル・セグンドウに移した。2003-2004年シーズン、ジュニアグランプリSBC杯、クロアチア杯、ファイナルで全て優勝。全米選手権で5位に入り、四大陸選手権ではシニアの国際大会で初めてのメダルとなる銅メダルを獲得した。世界ジュニア選手権では前年と同じ2位となった。

シニア時代(2004-2010)[編集]

2004-2005シーズンからシニアに完全移行。臀部の負傷もあって、グランプリシリーズでは出場した2戦とも5位に終わる。全米選手権で銅メダル。四大陸選手権ではシニアの国際大会で初めての優勝を果たした。続く世界選手権でも初出場ながら3位となり、表彰台に立った。

2005-2006シーズン、グランプリシリーズスケートアメリカで2位となるも、フリースケーティングの「グリース」がうまくいっていないと感じたライサチェクとコーチのフランク・キャロルはプログラムを「カルメン」に変更。この試みは成功し、NHK杯でも2位となり、アメリカ男子シングルでただ一人グランプリファイナルへの出場権を得た。(NHK杯後にショートプログラムのジプシーキングスも変更し、前シーズンのエスパーニャ・カニに戻している) しかし、滑液嚢炎と右臀部の腱の炎症により棄権を余儀なくされる。全米選手権ではジョニー・ウィアーに続く2位となり、トリノオリンピック代表の座を手にする。

迎えたオリンピック、ショートプログラムでは体調不良によるジャンプの転倒が響き10位と出遅れる。しかも演技後、ウイルス性胃腸炎に罹ってしまった。練習もできず、選手村で点滴静脈注射を受けるという状況で、一時は棄権も考えられた。しかしフリースケーティングに出場すると、上位選手たちがミスを連発する中、4回転ジャンプこそ跳ばなかったが8つの3回転ジャンプを決め、フリースケーティング3位、総合4位入賞と健闘した。オリンピック後の世界選手権でも体調不良は続き、吐血することさえあったという。それでも予選、フリースケーティングで4回転ジャンプに挑戦し、予選では転倒、フリースケーティングでは両足着氷となるものの、前年に続き銅メダルを獲得した。

2006-2007シーズン、グランプリシリーズ初戦のスケートアメリカで2位、次戦の中国杯で優勝し、グランプリファイナルに進出。しかし練習中に右臀部を痛めたため棄権。全米選手権では、このシーズン初めて大きなミスなくショートプログラムを演じきり首位スタート、フリースケーティングでは初めて成功させた4回転-3回転コンビネーションを含むジャンプスピンステップ全ての要素をミスなくまとめ上げ、スタンディングオベーションを受けて初優勝を果たした。四大陸選手権でも好調を維持して優勝。続く世界選手権では、ショートプログラムに4回転ジャンプを入れようと試みるも着氷が乱れ、フリースケーティングでもジャンプのミスが目立って総合5位にとどまり、3年連続の世界選手権表彰台は叶わなかった。

2007GPF、コーチのフランク・キャロルと

2007-2008シーズン、初戦のスケートアメリカで2位、次戦の中国杯でも2位となり、3年連続のグランプリファイナル出場を決めた。グランプリファイナルでは、4回転ジャンプを成功させ、スピン・ステップでも質の高い演技をして3位となった。全米選手権ではショートプログラム2位からフリースケーティングで追い上げ、総合得点でジョニー・ウィアーに並んだが、同点の場合はフリースケーティングの得点が高い方を勝者とするというルールにより、2連覇を果たした。四大陸選手権ではショートプログラムと総合のパーソナルベストを更新して3位となった。3月12日、練習中トリプルアクセルを飛んだ時に右足のブレードが壊れ転倒、腕やひじ、肩を痛め、2週間競技ができない状態となったため、世界選手権を欠場した。

2008-2009シーズン、グランプリシリーズではジャンプが回転不足と認定されることが多く[5]スケートアメリカスケートカナダともに3位に終わり、グランプリファイナルへの出場を逃した。3連覇のかかった全米選手権では3位に終わったが、四大陸選手権と世界選手権の出場権を獲得した。四大陸選手権では2位、地元ロサンゼルスで行われた世界選手権では初優勝を果たした。日本で行われた国別対抗戦ではアメリカチームのキャプテンとして男子シングルに出場し1位、チームの優勝に貢献した。

2009-2010シーズン、グランプリファイナルで初優勝、全米選手権で2位となり、バンクーバーオリンピック代表に内定した。バンクーバーオリンピックでは、足の状態と成功率の悪さから4回転回避を明言して演技を披露。ショートプログラムトップで前回トリノオリンピック覇者のエフゲニー・プルシェンコを破り逆転優勝。アメリカにおけるフィギュアスケートの男子シングルとしてはカルガリーオリンピックブライアン・ボイタノ以来、22年ぶりの金メダルをもたらした。しかし4回転を回避して優勝した結果、銀メダルのプルシェンコ[6]と彼の母国ロシアを中心にこの結果と採点基準に論争が巻き起こった[7][8]

バンクーバーオリンピック優勝後(2010-)[編集]

五輪の後は世界選手権を欠場し、メディアの取材や故郷ナパーヴィルへの凱旋、ダンシング・ウィズ・ザ・スターズのシーズン10の為の社交ダンス練習や収録、ダンシング~と並行してスターズ・オン・アイスツアーなどに参加し多忙な日々を送っているが、現役続行も示唆している。ダンシング~ではロシア人プロダンサーのアンナ・トレブンスカヤと組み3組が残る決勝まで進み、準優勝となる。[9]

2011-2012シーズン、グランプリシリーズのスケートアメリカエリック・ボンパール杯にエントリーしていたが、シリーズ開幕直前の10月14日、米国フィギュアスケート連盟(USFSA)がシリーズ欠場を発表した。USFCAの広報担当によると、金銭的な問題でUSFSAとの契約の合意ができなかったことが理由であるという[10][11]

2012年8月10日、ソチオリンピックを目指して競技復帰を表明。GPシリーズスケートアメリカに出場を予定していたが[12]、股関節痛のため欠場[13]。さらに、11月中旬に行ったスポーツヘルニアの手術からの回復を待つために、全米選手権も欠場。[14]

2013-2014シーズン、競技復帰を予定していたUSシニアインターナショナルを腹筋の肉離れのために欠場。[15]さらに左臀部の関節唇断裂が見つかったため、スケートアメリカも欠場。[16]怪我からの回復が完全では無いことを理由に、ソチオリンピックへの出場を断念した。[17]

2014年8月30日 NBCのインタビューで自身の今後については「アマチュアキャリアの終わりに近づいている」と述べた。[18] ライサチェクはバンクーバーオリンピック優勝後に怪我や契約不合意などのさまざまな理由でアマチュア競技会には一度も出場しておらず、彼のエージェントも「ライサチェクの発言が彼の行きたい方向を示唆しているが、公式発表をする必要がある」としている。[19]

スケート技術[編集]

長身と長い手足を活かしたダイナミックな演技と、情熱的な表現力を持ち味にする。スピンステップにおいても高いレベルをとることができる。フランク・キャロルタチアナ・タラソワは彼を「練習の虫」と評している。

ジャンプ[編集]

ウォーレイからの3回転ルッツを得意とする。

かつては4回転トウループを積極的に取り入れていており、07-08シーズンは出場した全試合のショートプログラム・フリーともに4回転を組み入れた。2008年に練習中の負傷で世界選手権を欠場したのち、プログラムより4回転をはずすことが増え、09-10シーズンで4回転を組み入れたのは全米選手権のフリーのみである。バンクーバーオリンピックのSP終了後の会見にてプルシェンコが4回転ジャンプを跳ばない事を暗に批判したことに対し、「スピードスケートでいうなら、最初の一歩が次の一歩より大事ということはない。それと同じ。ジャンプもステップもスピンも同等に重要だ」と返した[20]

主な戦績[編集]

大会/年 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10
冬季オリンピック 4 1
世界選手権 3 3 5 棄権 1
四大陸選手権 10 3 1 1 3 2
世界国別対抗戦 1
全米選手権 1 J 12 12 7 5 3 2 1 1 3 2
GPファイナル 棄権 棄権 3 1
GPスケートカナダ 3
GPスケートアメリカ 5 2 2 2 3 1
GP中国杯 1 2 2
GPロシア杯 5
GPNHK杯 2
世界Jr.選手権 2 2 2
JGPファイナル 8 5 1
JGPSBC杯 1
JGPクロアチア杯 1
JGPモントリオール 7 2
JGPクールシュヴェル 2
JGPピルエッテン 2
JGPブラオエン杯 2
JGPサルコウ杯 1
トリグラフトロフィー 1 J
ガルデナスプリング杯 2 J
  • J = ジュニアクラス

詳細[編集]

2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 2
90.30
1
167.37
1
257.67
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 2
83.69
3
154.94
2
238.63
2009年12月3日-6日 2009/2010 ISUグランプリファイナル東京 2
89.85
2
159.60
1
249.45
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 1
79.17
1
158.55
1
237.72
2009年10月29日-11月1日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 3
80.80
2
151.37
2
232.17


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月16日-19日 2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 2
83.70
1
154.86
1
238.56
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 2
82.70
1
159.53
1
242.23
2009年2月2日-8日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権バンクーバー 2
81.65
2
155.50
2
237.15
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド 2
83.59
4
145.51
3
229.10
2008年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダオタワ 4
71.40
4
137.87
3
209.27
2008年10月23日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカエバレット 1
81.30
3
141.91
3
223.21


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年4月20日-日 2008年ジャパンオープンさいたま - 1
151.95
3
団体
2008年2月11日-17日 2008年四大陸フィギュアスケート選手権高陽 2
84.06
3
149.05
3
233.11
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 2
82.05
1
162.72
1
244.77
2007年12月13日-16日 2007/2008 ISUグランプリファイナルトリノ 3
79.70
3
150.08
3
229.78
2007年11月7日-11日 ISUグランプリシリーズ 中国杯ハルビン 1
81.55
2
147.81
2
229.36
2007年10月25日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレディング 2
67.70
1
152.38
2
220.08


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 5
73.49
5
148.69
5
222.18
2007年2月5日-11日 2007年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 4
67.04
1
159.23
1
226.27
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 1
78.99
1
169.89
1
248.88
2006年11月9日-12日 ISUグランプリシリーズ 中国杯南京 2
69.20
1
150.84
1
220.04
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 3
70.35
1
150.74
2
221.09


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 2
34.93
8
70.32
3
149.97
3
255.22
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ - 10
67.55
3
152.58
4
220.13
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権セントルイス - 3
74.03
1
150.44
2
224.47
2005年12月1日-4日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 - 3
71.05
1
142.50
2
213.55
2005年10月20日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカアトランティックシティ - 3
67.75
3
125.96
2
193.71


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 3
32.13
4
73.42
4
133.74
3
239.29
2005年2月14日-20日 2005年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 - 5
63.25
1
133.14
1
196.39
2005年1月9日-16日 全米フィギュアスケート選手権ポートランド - 3 3 3
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ - 4
61.95
6
110.50
5
172.45
2004年10月21日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカピッツバーグ - 5
54.87
8
107.64
5
162.51


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 1 2 2 2
2004年1月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン - 4 3 3
2004年1月3日-11日 全米フィギュアスケート選手権アトランタ - 3 5 5
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUジュニアグランプリファイナルマルメ - 1 1 1
2003年10月22日-26日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ - 1 1 1
2003年10月16日-19日 ISUジュニアグランプリ SBC杯岡谷 - 1 1 1


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2003年2月24日-3月2日 2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オストラヴァ 2 1 2 2
2003年2月10日-16日 2003年四大陸フィギュアスケート選手権北京 - 11 10 10
2003年1月12日-19日 全米フィギュアスケート選手権ダラス - 9 7 7
2002年12月12日-15日 2002/2003 ISUジュニアグランプリファイナルハーグ - 7 4 5
2002年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール - 1 2 2
2002年8月21日-25日 ISUジュニアグランプリ クールシュヴェルクールシュヴェル - 1 2 2


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年4月18日-21日 2002年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 3 1 1
2002年1月6日-13日 全米フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 10 13 12


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2001年2月26日-3月2日 2001年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 3 2 3 2
2001年1月14日-21日 全米フィギュアスケート選手権ボストン - 15 11 12
2000年12月14日-17日 2000/2001 ISUジュニアグランプリファイナルエア - 7 7 8
2000年11月2日-5日 ISUジュニアグランプリ ピルエッテンハーマル - 3 2 2
2000年10月5日-8日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ - 2 2 2


1999-2000 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2000年1月6日-13日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(クリーブランド 5 1 1
1999年11月4日-7日 ISUジュニアグランプリ サルコウ杯ストックホルム 4 1 1
1999年9月29日-10月3日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール 7 7 7


1998-1999 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1999年1月7日-14日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(ソルトレイクシティ 2 1 1


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2013–2014[21] 映画『ブラック・スワン』より
作曲:クリント・マンセル
振付:ローリー・ニコル
あなたの声に心は開く
歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:ローリー・ニコル

バレエ『ドン・キホーテ』より
作曲:レオン・ミンクス
振付:ローリー・ニコル
2012–2013 ポエタ
作曲:ビセンテ・アミーゴ
振付:ローリー・ニコル
あなたの声に心は開く
歌劇『サムソンとデリラ』より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:ローリー・ニコル
金平糖の精と王子のパ・ド・ドゥ
バレエ『くるみ割り人形』より
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
アイ・ビリーブ・アイ・キャン・フライ
曲:R・ケリー
2009–2010 バレエ『火の鳥』より
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
振付:ローリー・ニコル
バレエ『シェヘラザード』より
作曲:リムスキー=コルサコフ
振付:ローリー・ニコル
八十日間世界一周』のテーマ
ボーカル:フランク・シナトラ
ラプソディ・イン・ブルー
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
マン・イン・ザ・ミラー
ボーカル:マイケル・ジャクソン
2008-2009 ボレロ
作曲:モーリス・ラヴェル
振付:タチアナ・タラソワ
ラプソディ・イン・ブルー
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
振付:タチアナ・タラソワ
セブン・ネイション・アーミー
演奏:ザ・ホワイト・ストライプス
仕事は終わらない
作曲:ダフト・パンク
Stronger
作曲:カニエ・ウェスト
ビリー・ジーン
ボーカル:マイケル・ジャクソン
Waterworks
演奏:Almost Amy
2007-2008 映画『レジェンド・オブ・ゾロ』より
映画『マスク・オブ・ゾロ』より
作曲:ジェームズ・ホーナー
歌劇『トスカ』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
ボストン
曲:オーガスターナ
星は光りぬ 歌劇『トスカ』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ
アヴェ・マリア
作曲:アンドレア・ボチェッリ
ビリー・ジーン
ボーカル:マイケル・ジャクソン
2006-2007 奇跡の始まり
作曲:ピーター・ガブリエル
歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
編曲:ロディオン・シチェドリン
ワン
曲:U2
Forever Young
作曲:Youth Group
アヴェ・マリア
作曲:アンドレア・ボチェッリ
Girl, You Really Got Me
作曲:ヴァン・ヘイレン
ニード・ユー・トゥナイト
作曲:INXS
Boston
作曲:オーガスターナ
2005-2006 Vamos a Bailar
作曲:ジプシー・キングス

エスパーニャ・カーニ
作曲:パスカル・マルキーナ・ナロ
映画『グリース』より
作曲:バリー・ギブ、ジム・ジェイコブス
編曲:ウォーレン・ケイシー、ポール・ルドロフ

歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
編曲:ロディオン・シチェドリン
スウェイ
ボーカル:マイケル・ブーブレ
タイム・トゥ・セイ・グッバイ
ボーカル:サラ・ブライトマン、アンドレア・ボチェッリ
ラン・イット
ボーカル:クリス・ブラウン
ゲット・リズム
ボーカル:ジョニー・キャッシュ
ハウンド・ドッグ
ボーカル:エルヴィス・プレスリー
2004-2005 エスパーニャ・カーニ
作曲:パスカル・マルキーナ・ナロ
映画『雨に唄えば』より
作曲:ナシオ・ハーブ・ブラウン
スウェイ
ボーカル:マイケル・ブーブレ
2003-2004 ピアノ協奏曲第2番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
タイム・トゥ・セイ・グッバイ
ボーカル:サラ・ブライトマン、アンドレア・ボチェッリ
2002-2003 映画『ドロップ・ゾーン』より
作曲:ハンス・ジマー
砂漠のバラ
作曲:スティング
タイム・トゥ・セイ・グッバイ
ボーカル:サラ・ブライトマン、アンドレア・ボチェッリ
2000-2001 Dreams
作曲:CJ Dolan-Winter
The Anniversary Waltz
作曲:ヴェルダン・スマイロヴィッチ
Let's Get Loud
ボーカル:ジェニファー・ロペス
1999-2000 映画『四十二番街』より
作曲:ハリー・ウォーレン
映画『ロミオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
1998-1999 ジプシー・キングスメドレー

脚注[編集]

  1. ^ (チェコ語)
  2. ^ バンクーバー五輪記者会見にて。『バンクーバー五輪フィギュアスケート』ワールド・フィギュアスケート編(新書館)より
  3. ^ Live Internet Chat at Skate Today
  4. ^ フィギュアスケート男子世界王者 エバン・ライサチェクさん「読売新聞 浅田舞のスポ友!」2009年8月9日、2010年2月4日閲覧
  5. ^ skate Amerika free[1]skate Canada free[2]
  6. ^ プルシェンコは以前から高難度ジャンプの採点基準に異を唱えていた
  7. ^ The night they killed figure skating By Elvis Stojko Yahoo! Sports, Feb 19 2010
  8. ^ Татьяна Тарасова: Плющенко заслужил золото! Ванкувер-2010 (Tatiana Tarasova: Plushenko won the gold! Vancouver 2010) Sovsport.ru, March 1 2010
  9. ^ Scherzinger wins "Dancing With the Stars"Reuters、 May 25 2010
  10. ^ [http://number.bunshun.jp/articles/-/165831 フィギュアのシーズン開幕だが……。 五輪王者・ライサチェク欠場の衝撃。]『Number Web』2011/10/21 11:30
  11. ^ Lysacek out of Skate America in dispute with federation chicagotribune.com, October 15, 2011
  12. ^ Lysacek announces return to competitive skating
  13. ^ 『朝日新聞』2012年10月11日
  14. ^ Lysacek out of U.S. skate championships
  15. ^ Lysacek, Shibutanis withdraw from U.S. Int'l Classic
  16. ^ Park City pieces: Lysacek out of Skate America
  17. ^ Hip injury halts Lysacek's Olympic title defense
  18. ^ Evan Lysacek: ‘My career is coming to an end’“As time moves on, I’m having to sort of close this first chapter, which has been all I’ve ever known. So, I think it’s me understanding that my career is coming to an end, on the ice at least.”NBC Sep 2, 2014, 11:11
  19. ^ Evan Lysacek: ‘My career is coming to an end’“Evan has yet to make an official decision as to the status of his skating career, although his quotes indicate which way he is leaning,” NBC Sep 2, 2014, 11:11
  20. ^ 男子3強が「4回転」論争=2対1、高橋は毅然と〔五輪・フィギュア〕「時事ドットコム」2010年2月17日、19日閲覧
  21. ^ Lysacek opens third Olympic bid at Champs Camp

参考文献[編集]

外部リンク[編集]