パニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パニアの絵図

パニア(: Pannier)とは、ロバラクダなどの家畜使役動物)に、荷物を背負わせるためのに取り付けた背負いかごバッグ荷台(荷鞍)の事である。 あるいは馬の背の両側に吊り下げて対になったかごや荷物の様からの連想が語源となっている「対になったもの」も指す。

家畜輸送のパニア[編集]

家畜輸送(駄獣)では、帆布や皮革、籐篭でできたパニアを用いる。そして農産物や、岩塩、生活物資など様々な品物をパニアで運ぶ。家畜による運搬には、自動車の通行が不可能な狭隘道路(きょうあいどうろ)や険しい悪路でも荷物を運ぶことができる長所がある。 近年では中国の山間部でも電化がされている地域もあり、険しい山道において家電製品を生活物資と共にパニアで運ぶ事例もテレビ番組などで報告されている。

自転車のパニア[編集]

パニアかごをつけた実用車
パニアバッグをつけた自転車(英国パシュリー・サイクル英語版ロイヤルメール仕様車)。

キャンピング車などによる長距離のサイクリングパニアをもちいる。自転車の前側または後ろ側にある荷台の両脇にパニアバッグサイドバッグを取り付けて荷物を入れる。 また実用車においては、トートバッグかごを荷台に下げてつかうこともある。

自転車用サドルバックの発明については、 1871年12月7日には、バックとバックがつながったパニアバッグの発明がコロラド州ボルダーのハートレイ・アレイ(: Hartley R. Alley)によってなされアメリカ合衆国特許第3,786,972号が取得されている。 そして1884年6月3日に左右のバッグが別々になったパニアバッグ(日本ではサイドバッグともいう)がニュージャージ州カムデンのジョーン・ウッド(: John B. Wood) によってアメリカ合衆国特許第299,609号が取得されている。

自転車での使用例[編集]

日本では、平成天皇となった明仁皇后美智子がかつて楽しまれたサイクリングに用いられたサイクリング車の装備にもパニアが使われていた。当時、皇室に納められたサイクリング車は、自転車文化センター(日本自転車普及協会の運営による博物館で、科学技術館と同じ建物内にある。)にて収蔵および展示がされている。

オートバイのパニア[編集]

オートバイのパニア

オートバイのパニアでは、タンデムシートの両脇にサドルバッグやキャビネット(荷物を入れる)を取り付ける。パニアケースと呼ばれることが多い。

オートバイ用サドルバックの発明については1961年4月11日ジョージア州アトランタの ルース・グリーブス(: Ruth K. Greaves) によってアメリカ合衆国特許第2,979,098号が取得されている。

鉄道のパニア[編集]

グレート・ウェスタン鉄道のパニア機関車7714号

パニアタンク: Pannier tank)と呼ばれる、タンク機関車の一種。 通常のタンク機関車が左右の床面上に水タンクを設置しているのに対し(サイドタンクと呼ばれる)、ボイラーから張り出すように水タンクを設置しており、タンクと床との間に空間がある。イギリスグレート・ウェスタン鉄道で多く使われた。同種の機関車の日本国内での使用例はない。

汽車のえほん』とそのテレビ番組『きかんしゃトーマス』に登場する、ダックがこのパニアタンク機関車である。グレート・ウェスタン鉄道の「8750(または5700)クラス」がモデルになっているが、この型はパニアタンク機関車の代名詞的存在でもある。

関連項目[編集]