分離式ギアボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BSA製オートバイの分離式ギアボックス

分離式ギアボックス(Pre-unit constructionまたはseparate construction)とは、オートバイトランスミッションの形態の一つで、エンジンから独立したギアボックスを持つものを指す。

概要[編集]

分離式ギアボックスではエンジンを潤滑するエンジンオイルとは別に、ギアボックスの潤滑専用のギアオイルによって内部の潤滑が行われる。エンジンと分離式ギアボックスの間の一次伝達にはプライマリーチェーンと呼ばれるチェーンドライブが用いられるのが一般的である。また、ほとんどの場合でエンジンとギアボックスは互いに隣接してフレームに配置される。モト・グッツィなどの縦置きエンジン搭載車両に用いられるギアボックスは潤滑系などが分離しているが、分離式ギアボックスに分類されない場合が多い。

分離式ギアボックスの内蔵式ギアボックスに対する優位点は、トランスミッションが破損した場合にエンジン全体を降ろすことなくギアボックスのみの交換や分解が可能であることや、一次伝達系の接続部を改造するだけで別の車種のギアボックスが流用できることであった。

しかし一方で、分離式ギアボックスはプライマリーチェーンに頻繁な潤滑油の注油が必要となり、スプロケットやチェーンの定期的な交換や張り調整も必要であった。プライマリーチェーンが緩んだ場合には変速や加減速の際に車体に大きなショックが伝わる要因ともなった。また、プライマリーチェーン系統のチェーンドライブを構築する関係上、エンジンの小型化への対応もある程度までで限界が生じた。そのため、同時期に既に小型オートバイ用エンジン向けに開発されていた、エンジン内部にギアボックスを内蔵し、エンジンと潤滑油を共有する内蔵式ギアボックスが大型オートバイにも採用されることになった。[要出典]その過渡期には分離式ギアボックスをベースにエンジンとギアボックスをチェーンドライブではなくギア駆動としたものも登場したが、内蔵式ギアボックスの普及により早期に廃れた。

歴史[編集]

分離式ギアボックスは1911年のSinger社製オートバイに初めて[要出典]採用され[1]第二次世界大戦終結後の1950年代末頃までは大型オートバイのギアボックスの主流であり続けた[要出典]

オートバイ史上、分離式ギアボックスを採用したメーカーはアメリカのハーレー・ダビッドソンやイギリスのBSAやトライアンフノートンロイヤルエンフィールドで、1960年代まで採用された。ノートンは1969年発売のen:Norton_Commandoにおいて、分離式ギアボックスをスイングアームに載せたレイアウトを採用した。

ロイヤルエンフィールドはインド法人において現在でも分離式ギアボックスを採用したオートバイが製造されている。

日本のオートバイメーカーにおいてはハーレー・ダビッドソンのライセンス生産を行っていた陸王や、en:BSA_A7やBSA A10を参考に開発されたメグロ製並列2気筒オートバイ、メグロが開発し同社を吸収合併した川崎重工業[2]で1964年に発売されたカワサキ・Wシリーズで採用されていた[3]。しかし、陸王モーターサイクルと目黒製作所の消滅後は日本のオートバイメーカーは内蔵式ギアボックスの採用にシフトしていき、1975年のカワサキ・W1の販売終了と共にこの形式は国産車両には見られなくなった。

脚注[編集]

  1. ^ IanChadwick Brit Bikes S (Retrieved 25 November 2006)
  2. ^ Erwin Tragatsch (Editor) (1979). The Illustrated Encyclopedia of Motorcycles (Edition: 1988 ed.). New Burlington Books. p. 207. ISBN 0-906286-07-7. 
  3. ^ W650 History”. Ianchadwick.com. 2007年1月14日閲覧。