キルスイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キルスイッチ(kill switch)とは、燃料または電源を遮断してエンジンを停止するための装置である。レース用や軍用の車両のほか、オートバイにメインスイッチとは別に装備される場合がある。

ガソリンエンジン自動車[編集]

四輪レース用の車両に装備されるキルスイッチは、緊急時に火災など二次被害を防止するためにすべての電装類の電気を遮断するもので、レギュレーションとして装備が義務づけられるレースもある。国際自動車連盟の規則によると、色は黄色で、運転者が着座した状態で操作できることと車体外部から操作できることが同時に要求される。スイッチのそばには逆三角で囲まれた稲妻のマークを表示することとなっている。[要出典]2010年現在、一部の市販車にもキルスイッチが装備されている車種がある。

ディーゼルエンジン自動車[編集]

ディーゼルエンジンはエンジン自体の運転に電気を必要としないので、メイン電源を遮断してもエンジンは停止しない。現在のディーゼル自動車はメインスイッチを切ると燃料ポンプの弁が閉じられてエンジンが停止するが、古いものや一部のディーゼル自動車は、シート下やインパネに取り付けられたキルスイッチを回すことで燃料を遮断しエンジンが停止する。

オートバイ[編集]

オートバイなどでは、走行中にアクセルが戻らなくなったときに備えて、エンジンを停止できるようキルスイッチが装備されている。ほとんどのオートバイに装備されており、たいていが右側のハンドルに取り付けられている。四輪レース用のキルスイッチとは違い、遮断するのはイグニッションコイルや燃料噴射装置への供給電源のみである。