スタンド (自転車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
片足センタースタンド
片足スタンド
両足スタンド

スタンド(Stand)は、二輪で自立できない自転車を立てたまま保持するための部品。

車両取付型と独立型がある。車両取付型は、自転車に設置し、足で蹴って使用するため「キックスタンド」と呼ばれ、外出先などスタンドが用意されていない場所での駐車時に役に立つ。独立型は、駐輪場などに用意されている複数台を収納するものや、自転車を高く掲げて上下に収納できるものなど、収納時に利用するタイプのほか、軽量小型で持ち運び可能な外出時にも利用できるタイプもある。

車両取付型[編集]

一般に「キックスタンド」とよばれる。自転車に取り付けて、足で蹴り上げて解除、足で蹴り戻して設置する。

片足スタンド[編集]

後輪軸の左側に取り付ける。シンプルな外観で見た目の軽さを重視した自転車に付く。設置場所は、1.後輪車軸、2.チェーン駆動部の反対側のチェーンステイ上、3.「センタースタンド」とよばれるチェーンステイ前方のチェーンステイブリッジボトムブラケットシェル後部)などがある。日本では前者2つがほとんどだが、ヨーロッパでは自転車の全長の中心で支える3が一般的である。2ではチェーンステイ後部とサドルステイ下部の三角形部分に2箇所で固定する2点止めとチェーンステイのみに固定する1点止めがある。2点止めは場所が限られるが安定した設置ができ、1点止めは場所を選ばずにチェーンステイ上のどこにでも(前方にも)設置ができる。

片足スタンドの価格は一般に両足型より安価。反面、両足型よりも安定性に欠け、重い荷物を乗せているときや、斜面に駐車したときに不安定になる。

両足スタンド[編集]

荷物や子供など重量物を輸送する自転車に使われる。設置場所は、4.後輪軸を左右から挟む形で取り付けるタイプ。あるいは、5.チェーンステイのボトムブラケット後部に取り付けるタイプ(これも「センタースタンド」)や、6.前輪全体を支える大きなスタンドタイプもある。日本では後部に荷物を載せる型が多かったため4がほとんど。ヨーロッパでは運転者よりも前に荷物を積載するために5や6が使われてきた。両足スタンドを立てると4の場合、後輪は地面から離れて転がらず安定性する。しかし前輪は首を振ってしまうため、通常は前輪を左右のいずれかに振って固定することによって安定を確保する。通常両側あわせて2本のバネが付いているため動きは固い。蹴る力の弱い人(子供など)が乗る際には適さない場合がある。5の場合は、両輪ともに接地している場合や、前輪または後輪があがる場合がある。6は両輪ともに接地している。

車両タイプ別[編集]

軽快車・実用車軽快車実用車では頻繁な駐車が想定されているため、日本での販売では一般的なモデルでは必ずスタンドを装着したモデルとして販売されている。スタンドには片足型と両足型の二種類が使われる。後から違うタイプに交換することは可能。ただし外装変速機が付いている車体には、後輪車軸取付型の両足型は取り付けできない。

スポーツ車:ほとんどのスポーツ車では、軽快車のように後輪軸にスタンドを付けることはせず、フレームシートステーチェーンステーに後輪軸付近で橋を架けるように固定する方式をとる。日本での販売ではほぼ全てが片足スタンドで、車輪やタイヤのサイズが様々であるため、長さを調節できる製品も多い。

スポーツ車の完成車には一般に標準ではスタンドは含まれない。必要であれば別途購入する。スポーツサイクルの見た目・スタイルにこだわる人はスタンドを使用せず、壁や柱に立てかけて駐車する。

競技車:スタンドは自転車の走行には必要ない部品であり、競技中邪魔になる上、重量増となることから、純粋な競技車にはスタンドはない。

独立型[編集]

駐輪場用スタンド

駐輪場で使用される複数台を留められるスタンドや、整備時などに使われる単体用、あるいは収納目的のスタンドなどがある。小型の携帯型はキックスタンドの代わりに外出時にも使える。

関連項目[編集]