林紗久羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はやし さくら
林 紗久羅
RED BULL AIR RACE CHIBA 2017-265 (35130236621).jpg
プロフィール
愛称 さくちゃん
生年月日 1989年12月10日
現年齢 29歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
公称サイズ(2018年時点)
身長 / 体重 167 cm / kg
スリーサイズ 83 - 56 - 87 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2006年
ジャンル タレント
モデル内容 一般・水着
備考 2015・2018・2019年「D'Stationフレッシュエンジェルズ」
他の活動 モデル
レースクイーン
事務所 イー・スマイル[1]
モデル: テンプレート - カテゴリ

林 紗久羅(はやし さくら、1989年12月10日 - )は、日本タレントモデルレースクイーン

東京都出身。イー・スマイル所属[1]。愛称は「さくちゃん」。

略歴[編集]

スワウィンからレースクイーンへ[編集]

1989年12月10日、東京都で生まれる。父親はボディービルダーの林勇宇[2][3][4]。姉が1人いる[3]

2006年、スパイラルプロモーションに所属。雑誌のプレゼントモデルでグラビアデビューを飾ったが鳴かず飛ばず、2008年9月、プラチナムプロダクションに移籍。2009年4月から、東京ヤクルトスワローズのダンスチーム「Swallows Wings」のメンバーとして1年間活動する[5]。チームの同期には後にTBSアナウンサーとなる林みなほがいたが[5]、他メンバーからは2人をまとめて“りんりん”と呼ばれていた[5]

2012年、SUPER GTARTA GALS」の一員としてレースクイーンデビューし、2014年まで3年連続で担当[6][7][8]。この時期には雑誌「GOLF TODAY」のイメージガールユニットに当たる“GTバーディーズ”にも参加していた[9]。そして2015年佐崎愛里日野礼香清瀬まちと共に「D'Stationフレッシュエンジェルズ」として歌と踊りを披露する[10][11][12]

2016年、プラチナムプロダクション所属者としては初となる「RAYBRIGレースクイーン」に選出される(相方は比良祐里[13][14][15][16]。同年6月、レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ2016年千葉大会にてレースクイーンとしてナイジェル・ラム(No.9 ブライトリング・レーシング・チーム)のチームガールを務める[17]。この年にはテレビ東京の深夜バラエティ番組『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』への出演もあった。

2017年は引き続きRAYBRIGのRQとして活動(相方ははらことは)する一方、6月3日 - 4日に開催されたレッドブル・エアレース・ワールドシリーズ2017年千葉大会幕張海浜公園)で、エアレースクイーンとして「クリスチャン・ボルトン(No.5 クリスチャンボルトン レーシング)」のチームガールを務め、特別賞(ロベルタ賞)を受賞した[18][19]。また10月13日 - 15日のWEC世界耐久選手権・富士6時間レース富士スピードウェイ)では、RAYBRIGで共働したはらことはや、同じ事務所の村上麻莉奈らと共に「WECグリッドセレモニーガール」を務めた[20]

イー・スマイル移籍〜レースクイーン大賞受賞へ[編集]

「日本レースクイーン大賞」グランプリ受賞のトロフィーを抱える林紗久羅2019年1月12日

2018年1月、2年間務めたRAYBRIGレースクイーンを北川みこに譲る形で卒業[21]。前年暮れに28歳となった林は、RAYBRIGを最後にRQ引退を考えていたが[22]、同年2月1日、「D'Stationフレッシュエンジェルズ」の同年度リーダーとして3年ぶりのフレエン復帰を果たし、引退を撤回した[23]

このフレエン復帰発表と同時に、林は約9年半所属したプラチナムプロダクションを退所。同年3月2日の自身のブログにて、イー・スマイルへの移籍を発表した[1]。また、フレエンと兼任する形で2018年のスーパーフォーミュラでは「KONDO Racing raffinee lady」を務めていた[24]

平成時代最後の年明けとなった2019年1月12日東京オートサロン2019(幕張メッセ)で開催された『GOODRIDE 日本レースクイーン大賞2018』9代目グランプリを歴代最年長の29歳で受賞[25][注 1]。イー・スマイルにとっては2012年(第3回)の佐崎愛里以来、6年ぶりのグランプリ獲得となった。同時に「沖縄カスタムカーショーアワード」も受賞し、2019年1月26日 - 27日開催の沖縄カスタムカーショーイメージガールをフレエンで共働した宮本りお[27]と共に務めた。

2019年2月18日、先述の宮本と共にフレッシュエンジェルズを続投することを発表。前年同様リーダーを務める[28]。また同年のD1グランプリでは、宮本や小越しほみ等と共に「VALINO GIRLS」を務めている[29]

人物[編集]

  • 趣味は料理、特技はバスケットボールバドミントン
  • 本人曰くダンスが苦手で、スワウィン在籍時[5]やフレエンでは悪戦苦闘状態だったが、他メンバーと共に力を合わせて乗り越えたという[30]
  • イラストレーターの「HONGAMA」は高校時代の同級生[31]

出演[編集]

東京オートサロン2016にて「KENDAタイヤ」ブースのコンパニオンを務める
2016年1月16日)

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM・広告[編集]

写真展[編集]

雑誌[編集]

映像作品[編集]

映像外部リンク
矢島祥行
ショートフィルム『油断』(主演:林紗久羅)
  • ショートフィルム『油断』(2011年・矢島祥行監督)- ヒロインとして出演
    「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2012 NEOジャパン」入選作品[35]

イベント[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ このグランプリ発表の模様がテレビ東京SUPER GT+』でオンエア(2019年1月20日)された際、「フラッシュの点滅にご注意下さい」というテロップが画面右下に表示されていた[26]
  2. ^ 共演:はらことは星井ひなの矢野里穂
  3. ^ 共演:堀尾実咲西村いちか、今井みどり、河瀬杏美、香月わかな、日向ゆき、水野菜々子

出典[編集]

  1. ^ a b c 林紗久羅 (2018年3月2日). “ご報告”. アメーバブログ. 2018年6月5日閲覧。
  2. ^ 日本一のレースクイーン、その軌跡(4)林紗久羅インタビュー. インタビュアー:AUTOCAR JAPAN. (2019年5月4日). 株式会社ACJマガジンズ.. https://www.autocar.jp/news/2019/05/04/367128/ 2019年6月25日閲覧。 
  3. ^ a b 林紗久羅 (2012年1月24日). “トレーニング!!!”. アメーバブログ. 2014年4月6日閲覧。
  4. ^ 林勇宇 (2018年1月24日). “qollab”. 林勇宇. 2018年2月6日閲覧。
  5. ^ a b c d 林紗久羅 (2009年7月8日). “はじめまして!”. スワローズウィングス公式ブログ. SPORA. 2019年6月25日閲覧。
  6. ^ 2012年 ARTA GALS「林紗久羅」”. 最強RQ図鑑. Qブロ!レースクイーン情報ポータルサイト. 2016年2月6日閲覧。
  7. ^ 2013年 ARTA GALS「林紗久羅」”. 最強RQ図鑑. Qブロ!レースクイーン情報ポータルサイト. 2016年2月6日閲覧。
  8. ^ 林紗久羅 (2014年3月12日). “ご報告*°”. アメーバブログ. 2014年4月6日閲覧。
  9. ^ a b 「月刊GTB通信すっピン!『バーディー'S新メンバー発表!!』」『GOLF TODAY』2012年9月号、株式会社三栄、 193頁、2018年2月8日閲覧。
  10. ^ 日本一のレースクイーン、その軌跡(1)林紗久羅インタビュー. インタビュアー:AUTOCAR JAPAN. (2019年4月29日). 株式会社ACJマガジンズ.. https://www.autocar.jp/news/2019/04/28/367125/2/ 2019年6月25日閲覧. "苦しかった、最初" 
  11. ^ 2015年 D'Stationフレッシュエンジェルズ「林紗久羅」”. 最強RQ図鑑. Qブロ!レースクイーン情報ポータルサイト. 2016年1月27日閲覧。
  12. ^ 2015年【D'STATIONフレッシュエンジェルズ】発表”. NEXUS (2015年2月1日). 2016年1月16日閲覧。
  13. ^ 林紗久羅 (2016年1月16日). “【ご報告】”. アメーバブログ. 2016年1月16日閲覧。
  14. ^ 林紗久羅 (2016年1月16日). “【TAS2日目】お疲れ様でした♡”. アメーバブログ. 2016年1月16日閲覧。
  15. ^ “伝統のRAYBRIGレースクイーン、2016メンバーを発表”. オートスポーツweb. 株式会社三栄. (2016年1月16日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=70544 2016年1月16日閲覧。 
  16. ^ 矢沢隆則 (2016年1月18日). “2016年「RAYBRIGレースクイーン」はこの娘たち!”. All About. 2016年1月20日閲覧。
  17. ^ レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ. “AIR RACE QUEENS by ROBERUTA : RED BULL AIR RACE CHIBA 2016 オフィシャルチケットサイト”. レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ. 2016年6月8日閲覧。
  18. ^ レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ. “”AIR RACE QUEENS 2017 by ROBERUTA” 今年も「レッドブル・エアレース千葉」を盛り上げる 空のレースクイーン結成! AIR RACE QUEENS 2017 by ROBERUTAとは?”. レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ. 2017年4月30日閲覧。
  19. ^ 【レッドブル・エアレース千葉】エアレースクイーン大賞2017に清瀬まちが決定!”. Response. (2017年6月4日). 2017年6月4日閲覧。
  20. ^ “WEC富士を盛り上げるグリッドセレモニーガール発表会が開催。「WEC富士はオシャレな緊張感?」”. オートスポーツweb. 株式会社三栄. (2017年9月30日). http://www.as-web.jp/overseas/165292 2017年11月13日閲覧。 
  21. ^ “RAYBRIGレースクイーンの歴史を紡ぐ2018年メンバーが東京オートサロンで発表”. オートスポーツweb. 三栄書房. (2018年1月13日). http://www.as-web.jp/race-queen/193424?all 2018年2月8日閲覧。 
  22. ^ 日本一のレースクイーン、その軌跡(2)林紗久羅インタビュー. インタビュアー:AUTOCAR JAPAN. (2019年4月30日). 株式会社ACJマガジンズ.. https://www.autocar.jp/news/2019/04/30/367126/ 2019年6月25日閲覧。 
  23. ^ 2018年【D'STATIONフレッシュエンジェルズ】発表”. NEXUS (2018年2月1日). 2018年2月2日閲覧。
  24. ^ 林紗久羅 (2018年4月10日). “【大切なお知らせ】是非読んで下さい♡”. アメーバブログ. 2018年6月5日閲覧。
  25. ^ GOODRIDE日本レースクイーン大賞2018:2018年度の人気No.1レースクイーンが決定!” (2019年1月12日). 2019年1月12日閲覧。
  26. ^ "東京オートサロン2019 最新カスタムカーの特ダネをつかめ!". SUPER GT+. テレビ東京. 2019年1月20日放送. 第389回. 該当時間:10分57秒〜11分20秒 2019年1月28日閲覧。
  27. ^ a b 宮本りお (2019年1月17日). “💛告知💛1月26、27日(土・日)沖縄カスタムカーショーにイメージガールとして参加します”. Twitter. 2019年1月21日閲覧。
  28. ^ “今年も人気メンバーが集結!2019D'STATIONフレッシュエンジェルズ発表”. オートスポーツweb. 株式会社三栄. (2019年2月18日). http://www.as-web.jp/race-queen/453463?all 2019年2月19日閲覧。 
  29. ^ 小越しほみ (2019年3月19日). “VALINO GIRLS”. オフィシャルブログ「さわさわDAYS」. CyberAgent. 2019年7月8日閲覧。
  30. ^ 林紗久羅 (2018年11月14日). “SUPER GT最終戦ありがとうございました♡”. アメーバブログ. 2019年6月25日閲覧。
  31. ^ 林紗久羅 (2017年4月13日). “dancyu5月号33-37ページに私の高校時代からのお友達が描いたイラストが載ってます♡…昔からHONGAMAが描いたイラストが大好きなのです”. Instagram. 2019年6月25日閲覧。
  32. ^ 林紗久羅 (2016年7月14日). “【告知】この度、林紗久羅はテレビ東京『じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~』にて…”. アメーバブログ. 2016年10月23日閲覧。
  33. ^ KCガールズプロフィール”. キングダムコンクエスト2. セガ. 2014年4月6日閲覧。
  34. ^ 林紗久羅 (2016年7月29日10:35:58). “祝!ヤングキング 16号 表紙&巻頭グラビア”. アメーバブログ. 2016年10月23日閲覧。
  35. ^ 林紗久羅 (2015年5月26日). “処女作。21歳。『油断』”. アメーバブログ. 2017年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]