室屋義秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
室屋 義秀
}
生誕 (1973-01-27) 1973年1月27日(45歳)
奈良県
国籍 日本の旗 日本
レース経歴
初出場 2009
最高順位 1位(2016年2017年
機体 ジブコ エッジ540V3エクストラ300Sエクストラ300Lエクストラ330SC
公式サイト
室屋義秀 オフィシャルウェブサイト

室屋 義秀(むろや よしひで、1973年1月27日 - )は、日本パイロット福島県福島市在住。2002年に活動を開始した競技志向型(エアロバティックス)エアショーチームのメインパイロット。2009年からレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップにアジア人として初めて参加し、2017年に年間総合優勝に輝いた[1]

人物・経歴[編集]

幼少時代、『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイに憧れ、パイロットを目指す。中央大学文学部入学後、航空部に所属し、グライダーで飛行訓練を開始。

1993年、20歳で渡米し飛行機のライセンスを取得。1995年兵庫県但馬空港で行われたブライトリング・ワールドカップで帝王ユルギス・カイリスやパトリック・パリスなどの世界最高峰の飛行技術を目の当たりにし、本格的なエアロバティックスの訓練を開始する。

1997年、再び渡米し、ランディ・ガニエのもと訓練を積む。その後、自身初の競技会にも臨み、アドバンスクラス世界選手権では日本代表にも選ばれる。翌1998年、日本でエアショー活動開始。

2002年には現在活動中のエアショーチーム「Team deepblues(後のTeam Yoshi MUROYA)」を立ち上げる。また、多額の借金をし、約3,000万円の中古競技機(スホーイ 26M)を購入した。しかし、燃料費やメンテナンス費用などにコストがかかるため、スポンサーを探していたところ、たまたまテレビ番組「マネーの虎」のエアロバティック・パイロットになりたいという女子大生の企画を見たことで、その出演者である堀之内九一郎にコンタクトを取ったところ、「夢があるなら頑張れ」と堀之内にスポンサーを快諾された[2]

2003年にはアンリミテッドクラス世界選手権にも出場。同年、NPO法人ふくしま飛行協会を設立。理事の一人として、国内のホームベースでもあるふくしまスカイパークで、青少年の健全育成のための教育活動や航空文化の啓蒙活動にあたる。この年、後にレッドブル・エアレースでもチームコーディネーターとして共に闘うことになる盟友ロバート・フライとフォーメーションでエアショーを開始。

2004年、エアロバティックスの道に入るきっかけともなったユルギス・カイリス、ロバート・フライと共に3機でフォーメーションエアショーを行う「Air Bandits」を結成。2007年レッドブル・ジャパンとスポンサー契約締結。エアショー活動にドイツ製のEXTRA300Sが加わる。

2008年スペインバルセロナで行われたレッドブル・クオリフィケーションキャンプに参加し訓練に合格。レッドブル・エアレース・ワールドシリーズの参戦に必要なスーパーライセンスを取得し、翌2009年、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2009に正式参戦。最終戦スペイン・バルセロナ大会では、自身最高となる6位入賞を果たす。2010年、前年に引き続きレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2010に参戦。また、国内で初めて開催された「第1回全日本曲技飛行競技会」では事務局を務める。

既婚者で、3人の娘を持つ[3]

2015年、日本(千葉市美浜区幕張海浜公園)で初めてレッドブル・エアレースが開催され、このレースからジブコ エッジ540V3を投入[4][5]。結果、決勝のラウンド8で最大負荷が10Gを超えたためDNF(Did Not Finish)で最終結果は8位となった。この大会から住友ゴム工業とスポンサー契約を結び、チーム名を『Team FALKEN』とした[6]。この後、第5戦第7戦で自身初の1シーズン2度の表彰台に達し[7][8]最終戦では予選1位通過を果たし[9]、総合6位でシーズンを終えた。

2016年5月、千葉市美浜区幕張海浜公園で開催されたレッドブル・エアレース第3戦で日本人として初優勝を果たした[10][11]。6月にはレクサスとスポンサー契約を結んだ[12]。また同時にSARDも室屋をパートナーにすることを決定し、室屋の故郷である福島に研究施設を建設した[13]。SARDは室屋の一部のレースのエンジニアリングを担当し、室屋もSARDの航空機研究にアドバイザーとして関わることになった[14]

2017年からは登録名をニックネームの『YOSHI MUROYA』に変更。初戦はオーバーGで敗退したが、サンディエゴで開催されたシーズン第2戦から機体塗装を『ファルケンカラー』に変更し2勝目を挙げた[15]。続く第3戦・千葉大会でもペナルティー無しで優勝し、ホームでの2連覇及び2連勝を果たした[16]。最終的には、年間4勝でポイントランキングで1位となり、初の年間総合優勝を果たした[17]。故郷福島県では県民栄誉賞が送られるとともに、優勝パレードが行われた[18]

戦績[編集]

レッドブル・エアレース[編集]

金色 銀色 銅色 ポイント圏内完走 ポイント圏外完走
1位 2位 3位 4-08位( - 2015年[注 1]
4-10位[注 2](2016年 - )
09位以下( - 2015年[注 1]
11位以下[注 2](2016年 - )
日本の旗 室屋義秀
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ戦績
開催年 1 2 3 4 5 6 7 8 ポイント 勝利数 最終順位
2009年 アラブ首長国連邦の旗
13位[19]
0
アメリカ合衆国の旗
11位
1
カナダの旗
DNP
0
ハンガリーの旗
12位
0
ポルトガルの旗
10位[20]
2
スペインの旗
6位
6
9 0 14位
2010年 アラブ首長国連邦の旗
10位[21]
2
オーストラリアの旗
9位
3
ブラジルの旗
12位
0
カナダの旗
DNP[注 3]
0
アメリカ合衆国の旗
DNP[注 3]
0
ドイツの旗
12位
0
ハンガリーの旗
中止
ポルトガルの旗
中止
5 0 12位
2011年から2013年はレース休止
2014年 アラブ首長国連邦の旗
9位[22]
0
クロアチアの旗
3位[23]
7
マレーシアの旗
10位[24]
0
ポーランドの旗
12位
0
イギリスの旗
6位
3
アメリカ合衆国の旗
9位[25]
0
アメリカ合衆国の旗
9位
0
オーストリアの旗
9位[26]
0
10 0 9位
2015年 アラブ首長国連邦の旗
6位[27]
3
日本の旗
8位[28]
(DNF)[注 4]
1
クロアチアの旗
10位[29]
0
ハンガリーの旗
9位[30]
0
イギリスの旗
3位[7][31]
7
オーストリアの旗
10位[32][33]
0
アメリカ合衆国の旗
3位[8][34]
7
アメリカ合衆国の旗
4位[35]
5
23 0 6位
2016年 アラブ首長国連邦の旗
7位[36][37]
3
オーストリアの旗
14位[38]
0
日本の旗
1位[10]
15
ハンガリーの旗
5位[39]
4.50
イギリスの旗
8位[40]
3
ドイツの旗
14位[41]
0
アメリカ合衆国の旗
5位[42]
6
アメリカ合衆国の旗
中止[43]
31.50 1 6位
2017年 アラブ首長国連邦の旗
13位[44]
0
アメリカ合衆国の旗
1位[15]
15
日本の旗
1位[16]
15
ハンガリーの旗
3位[45]
9
ロシアの旗
13位[46]
0
ポルトガルの旗
6位[47]
5
ドイツの旗
1位[48]
15
アメリカ合衆国の旗
1位[49]
15
74 4 1位
2018年 アラブ首長国連邦の旗
2位[50]
12
フランスの旗
4位[51]
7
日本の旗
14位 (DNF)[52]
0
ハンガリーの旗
11位 (DNF)[53]
0
ロシアの旗
8位[54]
3
オーストリアの旗
2位[55]
12
アメリカ合衆国の旗
12位[56]
0
アメリカ合衆国の旗

34 0 5位

備考: * CAN: 中止 * DNP: 不参加 * DNF: 途中棄権 * DSQ: 失格

曲技飛行大会[編集]

開催期間 競技名 開催場所 クラス 順位 使用機 機体記号 備考
1997年 7月1日 - 11日 第2回 FAI曲技飛行アドバンスト世界選手権 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ローレンス Advanced 52位 Pitts S-2B [57]
2003年 6月25日 - 7月4日 第22回 FAI曲技飛行世界選手権英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 レイクランド Unlimited 45位 Su-26M2 N24SU [58]
2007年 6月26日 - 7月4日 第24回 FAI曲技飛行世界選手権英語版 スペインの旗 スペイン グラナダ Unlimited 39位 Su-26MX RA-3296K [59]
2007年 11月2日 - 4日 FAIワールドグランプリ英語版
オートボルテージュ アエロバティックス日本グランプリ
日本の旗 日本 栃木県茂木町ツインリンクもてぎ 5位 EA-300S JA11DB [60]
2008年 10月31日 - 11月2日 FAIワールドグランプリ英語版
オートボルテージュ アエロバティックス日本グランプリ
日本の旗 日本 栃木県茂木町ツインリンクもてぎ 6位 EA-300S JA11DB [61]
2008年 7月5日 - 13日 第16回 FAI曲技飛行ヨーロッパ選手権英語版  チェコ フラデツ・クラーロヴェー Unlimited H/C EA-300S N8JX [62]
2011年 8月31日 - 9月11日 第26回 FAI曲技飛行世界選手権英語版 イタリアの旗 イタリア フォリーニョ Unlimited 45位 Sbach 342英語版 D-ERXA [63]
2012年 7月26日 - 8月4日 第10回 FAI曲技飛行アドバンスト世界選手権  ハンガリー ニーレジハーザ Advanced 13位 エッジ540 N19ZE [64]
2012年 9月1日 - 9日 第18回 FAI曲技飛行ヨーロッパ選手権英語版 スロバキアの旗 スロバキア ドゥブニカ・ナド・ヴァフォーム英語版 Unlimited H/C エッジ540 N19ZE [65]
2013年 10月9日 - 20日 第27回 FAI曲技飛行世界選手権英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州グレイソン
北テキサス地域空港英語版
Unlimited 31位 エッジ540 N19ZE [66]
フリースタイル 6位 [67]

ギャラリー[編集]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2009年・2010年は11位までポイント圏内。
  2. ^ a b 2016年シーズンは初戦のみ9位までポイント圏内、第2戦以降改訂された。
  3. ^ a b 第4戦と第5戦は機体トラブルのため欠場。
  4. ^ ラウンド8で最大負荷が10Gを超えたため敗退。この時のタイムは全選手の全フライト中で最速だった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【速報】サムライパイロット・室屋義秀が日本人初のレッドブル・エアレース年間総合優勝!
  2. ^ エアレース・パイロット室屋義秀に学ぶ“満たされる”ためのシンプルな思考法”. 世界一だけを見据えてきた男. All About For M (2016年7月16日). 2018年5月7日閲覧。
  3. ^ 室屋義秀:夢は大きく” (英語). Red Bull Air Race (2016年6月5日). 2016年6月7日閲覧。
  4. ^ Team MUROYA announces new race aircraft.”. Facebook (2015年3月1日). 2015年9月7日閲覧。
  5. ^ 機体を変えて千葉に挑む室屋義秀” (英語). Red Bull Air Race (2015年3月26日). 2015年9月7日閲覧。
  6. ^ FALKENが「Red Bull Air Race World Championship」に参戦する室屋義秀選手をサポート
  7. ^ a b 第5戦アスコットはボノムが優勝!室屋義秀は3位!” (英語). Red Bull Air Race (2015年8月16日). 2015年8月18日閲覧。
  8. ^ a b Bonhomme takes decisive win in Fort Worth” (英語). Red Bull Air Race (2015年9月27日). 2015年9月29日閲覧。
  9. ^ Muroya maneouvres for race podium” (英語). Red Bull Air Race (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  10. ^ a b Muroya celebrates stunning home victory” (英語). Red Bull Air Race (2016年6月5日). 2016年6月5日閲覧。
  11. ^ 〈速報〉「空のF1」で日本人パイロットの室屋が悲願の初V!
  12. ^ レクサス、エアロバティック・パイロット「室屋義秀選手」とスポンサー契約
  13. ^ レースで、高性能パーツで、そして新しいチャレンジで未来を楽しく "SARD" 佐藤勝之 Katsuyuki Sato
  14. ^ SARD、レッドブル・エアレースパイロット室屋義秀のサポートを継続
  15. ^ a b サンディエゴ:室屋義秀が優勝!” (英語). Red Bull Air Race (2017年4月16日). 2017年4月17日閲覧。
  16. ^ a b Muroya makes the fans happy in Chiba” (英語). Red Bull Air Race (2017年6月4日). 2017年6月4日閲覧。
  17. ^ 室屋義秀が日本人初総合V レッドブル・エアレース”. 日刊スポーツ (2017年10月16日). 2017年10月16日閲覧。
  18. ^ エアレース・室屋義秀選手に福島県民栄誉賞 「県民の皆さんの力がトロフィーの形に」
  19. ^ 大空の覇者へ!表彰台へのカリキュラム〜レッドブル・エアレース第1戦アブダビ編〜”. MASTER. Faust A.G. (2009年6月25日). 2015年8月18日閲覧。
  20. ^ 浅田真樹 (2009年9月23日). “【エアレース】"空のF1"の巨大な"祭り"〜室屋義秀がポルトで自己最高位獲得”. Web Sportiva. 集英社. 2015年8月18日閲覧。
  21. ^ 浅田真樹 (2010年3月31日). “【エアレース】参戦2年目の室屋義秀が見せた可能性〜レッドブル・エアレース開幕戦”. Web Sportiva. 集英社. 2015年8月18日閲覧。
  22. ^ Final 4 Results - Abu Dhabi” (英語). Red Bull Air Race (2014年3月1日). 2016年2月4日閲覧。
  23. ^ Rovinj: Electrifying win for Arch” (英語). Red Bull Air Race (2014年4月14日). 2016年2月4日閲覧。
  24. ^ Putrajaya Final Results” (英語). Red Bull Air Race (2014年5月18日). 2016年2月4日閲覧。
  25. ^ Pilots react to Race Day at Fort Worth” (英語). Red Bull Air Race (2014年9月7日). 2016年2月4日閲覧。
  26. ^ 浅田真樹 (2014年10月29日). “【エアレース】今季終了。日本人パイロット・室屋義秀が奮闘”. Web Sportiva. 集英社. 2015年8月18日閲覧。
  27. ^ 浅田真樹 (2015年2月15日). “エアレース・開幕戦で室屋義秀6位。次戦の日本で飛躍の予感!”. Web Sportiva. 集英社. 2015年8月18日閲覧。
  28. ^ 浅田真樹 (2015年5月19日). “念願のエアレース日本大会で室屋義秀が笑顔。「人生で一番いい日」”. Web Sportiva. 集英社. 2015年8月18日閲覧。
  29. ^ 浅田真樹 (2015年6月2日). “【エアレース】室屋義秀、第3戦で10位もトップ争いへ視界良好”. Web Sportiva. 集英社. 2015年8月18日閲覧。
  30. ^ 浅田真樹 (2015年7月8日). “【エアレース】室屋義秀が強くなったからこそ味わう「勝つことの難しさ」”. Web Sportiva. 集英社. 2015年8月18日閲覧。
  31. ^ 浅田真樹 (2015年8月19日). “【エアレース】今季初の表彰台獲得。室屋義秀が「さらに上を狙える」根拠”. Web Sportiva. 集英社. 2015年9月6日閲覧。
  32. ^ 第6戦シュピールベルク:決勝レース後リアクション”. Red Bull Air Race (2015年9月6日). 2015年9月15日閲覧。
  33. ^ 浅田真樹 (2015年9月10日). “【エアレース】「修業が足りない」。室屋義秀が苦しんだオーストリアの風”. Web Sportiva. 集英社. 2015年9月23日閲覧。
  34. ^ 浅田真樹 (2015年9月29日). “【エアレース】今季2度目の表彰台。室屋義秀、最終戦で初優勝へ!”. Web Sportiva. 集英社. 2015年10月20日閲覧。
  35. ^ 第8戦ラスベガス:決勝レース後リアクション” (英語). Red Bull Air Race (2015年10月18日). 2015年10月20日閲覧。
  36. ^ アブダビ決勝: パイロットリアクション” (英語). Red Bull Air Race (2016年3月12日). 2016年3月14日閲覧。
  37. ^ 室屋義秀選手、開幕戦7位 エアレース・準決勝で敗れる”. 福島民友新聞 (2016年3月13日). 2016年3月15日閲覧。
  38. ^ シュピールベルク決勝:パイロットリアクション” (英語). Red Bull Air Race (2016年4月24日). 2016年4月25日閲覧。
  39. ^ Dolderer unstoppable in Budapest” (英語). Red Bull Air Race (2016年7月17日). 2016年7月18日閲覧。
  40. ^ アスコット:決勝レース・リアクション” (英語). Red Bull Air Race (2016年8月14日). 2016年8月15日閲覧。
  41. ^ Lausitz 2016: Master Class Race Day reactions” (英語). Red Bull Air Race (2016年9月4日). 2016年9月5日閲覧。
  42. ^ インディアナポリス:決勝レース・リアクション” (英語). Red Bull Air Race (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  43. ^ NEWS UPDATE: Las Vegas race cancelled due to desert wind” (英語). Red Bull Air Race (2016年10月17日). 2016年10月17日閲覧。
  44. ^ アブダビ:決勝後・パイロットリアクション” (英語). Red Bull Air Race (2017年2月11日). 2017年2月19日閲覧。
  45. ^ ブダペスト:チャンブリスが優勝 室屋は3位” (英語). Red Bull Air Race (2017年7月2日). 2017年7月3日閲覧。
  46. ^ カザン:チャンブリスが2連勝” (英語). Red Bull Air Race (2017年7月23日). 2017年7月24日閲覧。
  47. ^ Sonka stuns rivals with Porto win” (英語). Red Bull Air Race (2017年9月3日). 2017年9月4日閲覧。
  48. ^ Muroya the master of Lausitz” (英語). Red Bull Air Race (2017年9月17日). 2017年9月18日閲覧。
  49. ^ インディアナポリス:室屋が優勝&ワールドチャンピオン獲得”. Red Bull Air Race (2017年10月15日). 2017年10月16日閲覧。
  50. ^ 2018シーズン開幕戦アブダビ:優勝はグーリアン 室屋は2位”. Red Bull Air Race (2018年2月3日). 2018年2月4日閲覧。
  51. ^ Hall has the Edge in Cannes with historic win”. Red Bull Air Race (2018年4月22日). 2018年4月26日閲覧。
  52. ^ 千葉:マット・ホールが優勝”. Red Bull Air Race (2018年5月27日). 2018年5月28日閲覧。
  53. ^ ブダペスト:ソンカが優勝 室屋は11位”. Red Bull Air Race (2018年6月24日). 2018年6月26日閲覧。
  54. ^ Sensational scenes in Kazan as Sonka takes dramatic victory”. Red Bull Air Race (2018年8月26日). 2018年8月27日閲覧。
  55. ^ ウィーナー・ノイシュタット:決勝レース後 パイロットリアクション”. Red Bull Air Race (2018年9月15日). 2018年9月27日閲覧。
  56. ^ Goulian becomes a home race hero in Indy”. Red Bull Air Race (2018年10月7日). 2018年10月8日閲覧。
  57. ^ Contest Profile - Aerobatic Contest Archive”. Aerobatic Contest Archive. 2018年6月20日閲覧。
  58. ^ Contest Profile - Aerobatic Contest Archive”. Aerobatic Contest Archive. 2018年6月20日閲覧。
  59. ^ Contest Profile - Aerobatic Contest Archive”. Aerobatic Contest Archive. 2018年6月20日閲覧。
  60. ^ ツインリンクもてぎ|リザルト|2007"オートボルテージュ"アエロバティックス日本グランプリ”. ツインリンクもてぎ. 2018年6月17日閲覧。
  61. ^ Final Competition Results”. 2018年6月17日閲覧。
  62. ^ Combined Results (overall)”. Aerobatic Contest Results Organiser. 2018年6月20日閲覧。
  63. ^ Overall mixed”. 2018年6月17日閲覧。
  64. ^ Contest Results: Overall”. Aerobatic Contest Results Organiser. 2018年6月20日閲覧。
  65. ^ Contest Results: Overall - mixed”. Aerobatic Contest Results Organiser. 2018年6月20日閲覧。
  66. ^ WAC 2013 Overall Results”. Aerobatic Contest Results Organiser. 2018年6月17日閲覧。
  67. ^ Contest Profile - Aerobatic Contest Archive”. Aerobatic Contest Archive. 2018年6月20日閲覧。
  68. ^ 篠田哲生 (2014年5月9日). “高級時計メーカーが物語を託した日本人パイロットとは?”. Web Sportiva. 集英社. 2015年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
マティアス・ドルダラー
(2016)
レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ チャンピオン
2017
次代: