2017年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2017年のレッドブル・エアレース世界選手権
前年: 2016 翌年: 2018

2017年レッドブル・エアレース・ワールドシリーズでは、2017年に開催される通算12シーズン目のレッドブル・エアレース・ワールドシリーズについて述べる。

2017年1月19日、2017年シーズンの開催地が発表された。3年連続で日本での開催が決定したほか、ロシアカザンで初開催[注 1]アメリカサンディエゴ2009年シーズン以来の開催となる。[1]当初、第6戦・第7戦の開催地はヨーロッパ圏内であること以外未定だったが、3月8日に第6戦が2009年シーズン以来となるポルトガルポルト、第7戦は2年連続となるドイツラウジッツとなることが発表された[2]

概要[編集]

2016年12月23日、今シーズンの開幕戦が例年通りアラブ首長国連邦アブダビで行われることが発表された。アブダビでのレースは2005年から毎年開催されており、2017年で10年連続となり、2003年のレース開始から数えると通算75戦目となるアニバーサリー・レースとなる[注 2][3]

2017年1月10日、チャレンジャークラスに参加する新パイロット3名が発表された。中国香港出身のケニー・チャン、ハンガリーのダニエル・ジェネヴェイ、フランスのバティスト・ヴィーニュが加わり[4]、昨シーズンのハンネス・アルヒ(オーストリア)の死去に伴い急きょマスタークラスに参戦したクリスチャン・ボルトン(チリ)が正式に昇格、2015年シーズンの優勝者ミカエル・ブラジョー(フランス)も昇格する[5]

マット・ホール(オーストラリア)は、2009年のデビュー時からMSX-Rを使用してきたが、今シーズンからジブコ エッジ540に変更した。レッドブル・エアレースで3度チャンピオンになった経験を持ち、現在はレース中継の解説者として活躍するポール・ボノムは、ホールは機体に慣れるまでに多少の時間を要するだろうが、短時間で結果を出せるようになるだろうと述べた[6]

10月5日、ピーター・ポドランセックが今シーズン限りでの引退を表明した[7]

最終戦は10月14日・15日に行われ、マルティン・ソンカ室屋義秀ピート・マクロードカービー・チャンブリスの4名が総合優勝の座を争い、この内ソンカと室屋がファイナル4まで進出、室屋が優勝し、ワールドチャンピオンとなった[8]。チャレンジャーカップは、予選でメラニー・アストルが1位通過したが、悪天候により決勝が中止となり、総合成績からフロリアン・バーガー(ドイツ)が2年連続でチャンピオンとなった[9]

参加パイロット[編集]

マスタークラス[編集]

No. パイロット 使用機 ラウンド
5 チリの旗 クリスチャン・ボルトン ジブコ エッジ540 V2[P 1] 全戦
8 チェコの旗 マルティン・ソンカ ジブコ エッジ540 V3[P 2] 全戦
10 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス ジブコ エッジ540 V3[P 3] 全戦
11 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー MXエアクラフト MXS[P 4] 全戦
12 フランスの旗 フランソワ・ルボット ジブコ エッジ540 V2[P 5] 全戦
18 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン ジブコ エッジ540 V3[P 6] 全戦
21 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー ジブコ エッジ540 V3[P 7] 全戦
26 スペインの旗 フアン・ベラルデ ジブコ エッジ540 V2[P 8] 全戦
27 フランスの旗 ニコラス・イワノフ ジブコ エッジ540 V2[P 9] 全戦
31 日本の旗 室屋義秀 ジブコ エッジ540 V3[P 10] 全戦
37 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック ジブコ エッジ540 V2[P 11] 全戦
84 カナダの旗 ピート・マクロード ジブコ エッジ540 V3[P 12] 全戦
95 オーストラリアの旗 マット・ホール ジブコ エッジ540 V3[P 13] 全戦
99 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン ジブコ エッジ540 V2[P 14] 全戦

チャレンジャークラス[編集]

チャレンジャークラスのパイロットは全員、エクストラ 330LXを使用する。第3戦は中止され、第5戦で代替開催されたが、便宜上代替開催分を第3戦と記す。

No. パイロット ラウンド 最終戦
6 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 1 - 4, 7
7 中華人民共和国の旗 ケニー・チャン 2 - 6 ×
15 フランスの旗 バティスト・ヴィーニュ 1 - 5 ×
17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1, 3 - 5, 7
24 イギリスの旗 ベン・マーフィ 1, 3, 5 - 7
33 フランスの旗 メラニー・アストル 1, 3, 5 - 7
48 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 1 - 3, 5, 6
62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1, 2, 4, 6, 7
78 ハンガリーの旗 ダニエル・ジェネヴェイ 2 - 4, 6, 7 ×

レース日程と結果[編集]

ラウンド 地域 開催日 マスタークラス チャレンジャークラス レポート
予選第1位 優勝者 予選第1位 優勝者
1 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アブダビ 02月10日・11日 チェコの旗 マルティン・ソンカ[10] チェコの旗 マルティン・ソンカ[11] ドイツの旗 フロリアン・バーガー[12] スウェーデンの旗 ダニエル・リファ[13] 詳細
2 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンディエゴ 04月15日・16日 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー[14] 日本の旗 室屋義秀[15] アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン[16] ドイツの旗 フロリアン・バーガー[17] 詳細
3 日本の旗 日本 千葉県千葉市幕張海浜公園 06月03日・04日 カナダの旗 ピート・マクロード[18] 日本の旗 室屋義秀[19] 運営上の理由で中止[20]
第5戦でダブルヘッダーで開催[20]
詳細
4  ハンガリー ブダペストドナウ川 07月01日・02日 カナダの旗 ピート・マクロード[21] アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス[22] ハンガリーの旗 ダニエル・ジェネヴェイ[23] ドイツの旗 フロリアン・バーガー[24] 詳細
5 ロシアの旗 ロシア タタールスタンカザン 07月22日・23日 カナダの旗 ピート・マクロード[25] アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス[26] - ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ[27]
中華人民共和国の旗 ケニー・チャン[28]
詳細
6 ポルトガルの旗 ポルトガル ポルトドウロ川 09月02日・03日 カナダの旗 ピート・マクロード[29] チェコの旗 マルティン・ソンカ[30] ドイツの旗 フロリアン・バーガー[31] アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン[32] 詳細
7 ドイツの旗 ドイツ ブランデンブルク州ラウジッツ
ユーロスピードウェイ・ラウジッツ
09月16日・17日 オーストラリアの旗 マット・ホール[33] 日本の旗 室屋義秀[34] イギリスの旗 ベン・マーフィ[35] スウェーデンの旗 ダニエル・リファ[36] 詳細
8 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 インディアナポリス
インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
10月14日・15日 オーストラリアの旗 マット・ホール[37] 日本の旗 室屋義秀[8] フランスの旗 メラニー・アストル[9] 中止[38] 詳細

得点及び順位[編集]

マスタークラス[編集]

マスタークラスのスコア・システム
順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位   11–14位 
得点 15 12 9 7 6 5 4 3 2 1 0
順位 パイロット 第1戦
アラブ首長国連邦の旗
第2戦
アメリカ合衆国の旗
第3戦
日本の旗
第4戦
ハンガリーの旗
第5戦
ロシアの旗
第6戦
ポルトガルの旗
第7戦
ドイツの旗
第8戦
アメリカ合衆国の旗
ポイント
1 日本の旗 室屋義秀 13 1 1 3 13 6 1 1 74
2 チェコの旗 マルティン・ソンカ 1 5 3 4 9 1 3 4 70
3 カナダの旗 ピート・マクロード 3 10 7 2 2 2 5 11 56
4 アメリカ合衆国の旗 カービー・チャンブリス 11 4 8 1 1 4 6 10 53
5 チェコの旗 ペトル・コプシュタイン 12 6 2 5 4 7 8 5 43
6 オーストラリアの旗 マット・ホール 10 9 6 8 6 3 2 8 40
7 ドイツの旗 マティアス・ドルダラー 4 3 4 13 10 8 12 2 39
8 スペインの旗 フアン・ベラルデ 2 11 10 9 5 DNS 4 3 37
9 アメリカ合衆国の旗 マイケル・グーリアン 6 8 5 12 3 10 14 7 28
10 フランスの旗 ミカエル・ブラジョー 9 13 9 6 12 5 7 6 24
11 フランスの旗 ニコラス・イワノフ 5 7 13 7 11 11 9 13 16
12 スロベニアの旗 ピーター・ポドランセック DSQ 2 12 DNS 14 9 13 14 14
13 フランスの旗 フランソワ・ルボット 8 12 11 10 7 13 10 12 9
14 チリの旗 クリスチャン・ボルトン 7 11 14 11 8 12 11 9 9
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

太字は予選第1位であったことを示す。

チャレンジャークラス[編集]

チャレンジャークラスの選手はシーズン中に少なくとも3大会に出場しなければならず、最も良かった4大会のスコアをチャレンジャー・カップのランキングに計上でき、ランキング上位6名のパイロットが最終レースへの参加権を得る。

第3戦・千葉大会のチャレンジャーカップは第5戦・カザン大会でダブルヘッダーで開催された[20]

チャレンジャークラスのスコア・システム
順位  1位   2位   3位   4位   5位   6-8位 
ポイント 10 8 6 4 2 0
順位 パイロット 第1戦
アラブ首長国連邦の旗
第2戦
アメリカ合衆国の旗
第3戦
日本の旗
第4戦
ハンガリーの旗
第3戦代替
ロシアの旗
第5戦
ロシアの旗
第6戦
ポルトガルの旗
第7戦
ドイツの旗
第8戦
アメリカ合衆国の旗
ポイント
1 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 2 1
1 2 2 4 38
2 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1 3 2 6 1 6 34
3 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 6 3 2 1 3 2 34
4 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 5 2 7 3 1 5 25
5 フランスの旗 メラニー・アストル 3 5 4 3 5 1 23
6 イギリスの旗 ベン・マーフィ 4 3 5 5 4 3 19
以上の6名が最終戦に参加。
7 フランスの旗 バティスト・ヴィーニュ 7 5 4 6 2 14
8 中華人民共和国の旗 ケニー・チャン 6 5 DSQ 1 6 12
9 ハンガリーの旗 ダニエル・ジェネヴェイ 4 6 4 4 6 12
結果
金色 優勝
銀色 2位
銅色 3位
ポイント圏内完走
青灰色 ポイント圏外完走
周回数不足 (NC)
リタイヤ (Ret)
予選不通過 (DNQ)
予備予選不通過 (DNPQ)
失格 (DSQ)
スタートせず (DNS)
エントリーせず (WD)
レースキャンセル (C)
空欄 欠場
出場停止処分 (EX)

最終戦(予選)[編集]

本戦は悪天候により中止となったため、総合成績によりフロリアン・バーガーがチャンピオンとなった[9]


No. パイロット タイム ペナルティ
1 33 フランスの旗 メラニー・アストル 1:18.059
2 6 ポーランドの旗 ルーク・チェピエラ 1:18.378
3 24 イギリスの旗 ベン・マーフィ 1:18.477
4 62 ドイツの旗 フロリアン・バーガー 1:18.586
5 48 アメリカ合衆国の旗 ケヴィン・コールマン 1:20.402
6 17 スウェーデンの旗 ダニエル・リファ 1:21.408

脚注[編集]

  1. ^ 2006年シーズン第4戦(サンクトペテルブルク)は中止。2015年シーズンソチでの開催が予定されていたがクロアチアロヴィニへ変更された。
  2. ^ 中止された大会は含まない。

出典[編集]

パイロット
  1. ^ クリスチャン・ボルトン”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  2. ^ マルティン・ソンカ”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  3. ^ カービー・チャンブリス”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  4. ^ ミカエル・ブラジョー”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  5. ^ フランソワ・ルボット”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  6. ^ ペトル・コプシュタイン”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  7. ^ マティアス・ドルダラー”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  8. ^ フアン・ベラルデ”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  9. ^ ニコラス・イワノフ”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  10. ^ 室屋義秀”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  11. ^ ピーター・ポドランセック”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  12. ^ ピート・マクロード”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  13. ^ マット・ホール”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
  14. ^ マイケル・グーリアン”. Red Bull Air Race. 2017年2月14日閲覧。
その他
  1. ^ Red Bull Air Race 2017シーズンの日程が発表!”. Red Bull Air Race (2017年1月19日). 2017年2月14日閲覧。
  2. ^ 2017シーズン:ポルトとラウジッツが追加決定”. Red Bull Air Race (2017年3月8日). 2017年3月11日閲覧。
  3. ^ 2017 season to kick off in Abu Dhabi”. Red Bull Air Race (2016年12月23日). 2017年2月14日閲覧。
  4. ^ チャレンジャークラス:ニューパイロット3名が追加”. Red Bull Air Race (2017年1月10日). 2017年2月14日閲覧。
  5. ^ 2017シーズン:マスタークラスにパイロット2名が昇格”. Red Bull Air Race (2017年1月17日). 2017年2月14日閲覧。
  6. ^ ポール・ボノムが読む2017シーズン”. Red Bull Air Race (2017年1月23日). 2017年2月19日閲覧。
  7. ^ ポドランセックが2017シーズン限りで引退”. Red Bull Air Race (2017年10月5日). 2017年10月16日閲覧。
  8. ^ a b インディアナポリス:室屋が優勝&ワールドチャンピオン獲得”. Red Bull Air Race (2017年10月15日). 2017年10月16日閲覧。
  9. ^ a b c Challenger Qualifying belongs to Astles”. Red Bull Air Race (2017年10月14日). 2017年10月15日閲覧。
  10. ^ アブダビ:マスタークラス予選結果”. Red Bull Air Race (2017年2月10日). 2017年2月14日閲覧。
  11. ^ アブダビ:ソンカがキャリア初優勝”. Red Bull Air Race (2017年2月11日). 2017年2月14日閲覧。
  12. ^ Bergér impresses rivals in Qualifying”. Red Bull Air Race (2017年2月10日). 2017年2月14日閲覧。
  13. ^ Abu Dhabi 2017 reactions: Challenger Cup”. Red Bull Air Race (2017年2月11日). 2017年2月14日閲覧。
  14. ^ サンディエゴ:予選はドルダラーがトップ”. Red Bull Air Race (2017年4月16日). 2017年4月17日閲覧。
  15. ^ サンディエゴ:室屋義秀が優勝!”. Red Bull Air Race (2017年4月16日). 2017年4月17日閲覧。
  16. ^ Coleman beats the heat in Qualifying”. Red Bull Air Race (2017年4月15日). 2017年4月17日閲覧。
  17. ^ Bergér sees off competitors in San Diego”. Red Bull Air Race (2017年4月16日). 2017年4月17日閲覧。
  18. ^ 千葉:予選はマクロードが首位 室屋義秀は4位通過”. Red Bull Air Race (2017年6月3日). 2017年6月4日閲覧。
  19. ^ 千葉:室屋がホームレース2連覇を達成”. Red Bull Air Race (2017年6月4日). 2017年6月4日閲覧。
  20. ^ a b c 第5戦カザンでチャレンジャーカップ2連戦”. レッドブルエアレース (2017年5月25日). 2017年5月26日閲覧。
  21. ^ ブダペスト:予選はマクロードが首位 室屋は2位通過”. Red Bull Air Race (2017年7月1日). 2017年7月3日閲覧。
  22. ^ ブダペスト:チャンブリスが優勝 室屋は3位”. Red Bull Air Race (2017年7月2日). 2017年7月3日閲覧。
  23. ^ Genevey takes Qualifying in Budapest”. Red Bull Air Race (2017年7月1日). 2017年7月3日閲覧。
  24. ^ Bergér smashes track record to take Challenger win”. Red Bull Air Race (2017年7月2日). 2017年7月3日閲覧。
  25. ^ カザン:予選はマクロードが首位”. Red Bull Air Race (2017年7月22日). 2017年7月24日閲覧。
  26. ^ カザン:チャンブリスが2連勝”. Red Bull Air Race (2017年7月23日). 2017年7月24日閲覧。
  27. ^ Czpiela takes Challenger win”. Red Bull Air Race (2017年7月22日). 2017年7月24日閲覧。
  28. ^ Chiang astounds with Kazan win”. Red Bull Air Race (2017年7月23日). 2017年7月24日閲覧。
  29. ^ Majestic McLeod dictates Qualifying over the Douro”. Red Bull Air Race (2017年9月2日). 2017年9月3日閲覧。
  30. ^ Sonka stuns rivals with Porto win”. Red Bull Air Race (2017年9月3日). 2017年9月4日閲覧。
  31. ^ Bergér takes Qualifying in style”. Red Bull Air Race (2017年9月2日). 2017年9月3日閲覧。
  32. ^ Coleman commands the Challenger Cup in Portugal”. Red Bull Air Race (2017年9月3日). 2017年9月4日閲覧。
  33. ^ Hall receives the best birthday present in Qualifying”. Red Bull Air Race (2017年9月16日). 2017年9月16日閲覧。
  34. ^ Muroya the master of Lausitz”. Red Bull Air Race (2017年9月17日). 2017年9月18日閲覧。
  35. ^ Murphy tops tightest Qualifying in Challenger history”. Red Bull Air Race (2017年9月16日). 2017年9月16日閲覧。
  36. ^ Ryfa roars to Lausitz triumph”. Red Bull Air Race (2017年9月17日). 2017年9月18日閲覧。
  37. ^ インディアナポリス:予選はホールが首位”. Red Bull Air Race (2017年10月14日). 2017年10月15日閲覧。
  38. ^ Bergér crowned champ and Astles takes win after Challenger Cup race is cancelled”. Red Bull Air Race (2017年10月15日). 2017年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]