ワタミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワタミグループから転送)
移動: 案内検索
ワタミ株式会社
Watami Co., Ltd.
Watami.jpg
ワタミ本社ビル(居食屋「和み亭」が隣接している)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7522 1996年10月31日上場
本社所在地 日本の旗 日本
144-8531
東京都大田区羽田一丁目1番3号
大鳥居京急第一ビルワタミグループ本社ビル
設立 1986年5月1日
業種 小売業
事業内容 グループ事業の戦略立案・経営管理
グループの事業も参照)
代表者 代表取締役社長 桑原 豊
資本金 44億1028万円
(2009年3月31日現在)
発行済株式総数 4,168万6,780株
(2012年3月31日現在)
売上高 単体57億4100万円
連結1,401億9700万円
(2012年3月期)
純利益 単体22億6500万円
連結34億1800万円
(2012年3月期)
純資産 単体228億5000万円
連結293億5000万円
(2012年3月31日現在)
総資産 単体401億7700万円
連結1,114億2500万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 単体96人、連結5,730人
(2012年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 有限会社アレーテー 25.07%
サントリービア&スピリッツ株式会社 8.01%
ソニー生命保険株式会社 4.97%
アサヒビール株式会社 4.26%
ワタミ株式会社 4.07%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 関連会社の項目を参照
関係する人物 渡邉美樹(創業者)
外部リンク http://www.watami.co.jp/
特記事項:現在は居酒屋和民などを展開するのは子会社。財務事項及び資本金は以下四捨五入。
テンプレートを表示

ワタミ株式会社(英称:Watami Co., Ltd.)は、持株会社であり、その傘下で日本基盤の主に外食産業を事業展開している企業集団ワタミグループを統括している企業である。

ワタミの屋号は、主力業態である『居食屋 和民』(いしょくやわたみ)からきており、創業者の渡邉美樹わたなべき)に由来する。また、和の民、和やかな民という意味も込められている。

沿革[編集]

  • 1984年4月 - 神奈川県横浜市南区有限会社渡美商事を設立。株式会社つぼ八(つぼ八本部)とフランチャイズ契約を締結
  • 1984年5月 - 第1号店となる居酒屋「つぼ八」高円寺北口店を出店
  • 1986年5月 - 神奈川県横浜市中区株式会社ワタミを設立
  • 1987年2月 - 株式会社ワタミ、商号をワタミフードサービス株式会社に変更
  • 1987年3月 - 有限会社渡美商事の直営店舗の営業全部を、ワタミフードサービスが譲受
  • 1989年6月 - お好み焼宅配事業1号店のお好美壱番「KEI太」方南町店を出店
  • 1989年7月 - 日本製粉株式会社と共同でジェットオーブンによる「お好み焼製造法」の特許を出願
  • 1990年3月 - 本店を東京都大田区西蒲田に移転
  • 1992年4月 - 自社ブランドの新業態として、1号店居食屋「和民」笹塚店を出店
  • 1992年4月 - 「つぼ八」本部とフランチャイズ契約の解除と、ワタミフードサービスが経営の「つぼ八」店舗を「和民」店舗に順次変更する覚書を締結
  • 1993年10月 - 「つぼ八」店舗から「和民」店舗への変更が完了
  • 1994年9月 - お好み焼HOUSE「唐変木」から居食屋「和民」へ業態転換
  • 1996年3月 - お好美壱番「KEI太」を全店退店し、お好み焼宅配事業を廃止
  • 1996年10月 - 日本証券業協会に株式を店頭登録
  • 1998年5月 - 株式会社キャリアビジョンに出資
  • 1998年7月 - 株式会社ピー・エム・エスを設立
  • 1998年8月 - 東京証券取引所市場第2部に株式を上場
  • 1998年11月 - 株式会社ティージーアイ・フライデーズ・ジャパンを設立
  • 1999年5月 - ファミリーコミュニティレストランとして「和み亭(なごみてい)」1号店を稲田堤(神奈川県川崎市)に出店
  • 1999年7月 - 国際環境規格ISO14001の認証を取得
  • 1999年8月 - 株式会社ティージーアイ・フライデーズ・ジャパンがRestaurant & American Bar「T.G.I. Friday's」1号店を東京都渋谷区に出店
  • 1999年8月 - 教育活動の第一歩として、「わたみ北海道自然学校」を開催
  • 2000年2月 - 社内ベンチャー第1号として、グリーンインダストリー株式会社を設立
  • 2000年3月 - 東京証券取引所市場第1部に株式を上場
  • 2000年4月 - 株式会社ピー・エム・エスがジャパン・リテイル・メンテナンス株式会社に社名変更。日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社、株式会社モスフードサービスより出資を受ける
  • 2000年7月 - 和民(中國)有限公司設立
  • 2000年7月 - 株式会社安全安心食卓研究所設立
  • 2000年11月 - 株式会社カーラジェンテを設立
  • 2000年12月 - イタリアン居食屋「CaraGente」(カーラジェンテ)1号店を東京都渋谷区に出店
  • 2001年11月 - 和民(中國)有限公司が海外新規出店1号店として居食屋「和民HongKong」Humphreys Avenue店を出店
  • 2002年3月 - ワタミ手づくり厨房が埼玉県越谷市にて稼動開始
  • 2002年4月 - 有限会社ワタミファームを設立し、株式会社安全安心食卓研究所の業務を継承。ワタミファームは千葉県山武町にて農場運営を開始
  • 2002年6月 - ジャパン・リテイル・メンテナンス(株)が「リサイクルセンター」を東京都足立区で稼動
  • 2002年9月 - 国際規格ISO9001の認証を「和民」「和み亭」のサービスについて取得
  • 2002年9月 - nippon no syokutaku「ゴハン」1号店として高田馬場店を出店
  • 2002年12月 - 本店を東京都大田区羽田(現在の本社所在地)へ移転
  • 2003年1月 - 居食屋「わたみん家」1号店として京成大久保店を出店
  • 2003年8月 - 炭火焼だいにんぐ「わたみん家」1号店として本厚木店を出店
  • 2003年8月 - 第12回「日食・環境協力賞」受賞
  • 2003年9月 - イタリアン居食屋「カーラジェンテ」の撤退を完了
  • 2003年9月 - 有限会社ワタミファームを株式会社へ組織変更し、新たに農業生産法人・有限会社ワタミファームを設立
  • 2003年10月 - ワタミ手づくり厨房株式会社をワタミフードサービス株式会社に合併
  • 2003年11月 - ごはん酒房「然の家」1号店として本厚木店を出店
  • 2004年4月 - ワタミメディカルサービス株式会社設立
  • 2004年4月 - 居食屋「和み亭」1号店として鹿島田店を出店
  • 2004年5月 - 語らい処「坐・和民」1号店として新宿野村ビル店を出店
  • 2004年7月 - ワタミダイレクトフランチャイズシステムズ株式会社を設立
  • 2004年7月 - ジャパン・リテイル・メンテナンス株式会社が、ワタミエコロジー株式会社に社名変更
  • 2004年7月 - 株式会社キャリアビジョンがワタミユニバーシティ株式会社に社名変更
  • 2004年9月 - 海鮮処「和民市場」1号店として川崎たちばな通り店を出店
  • 2004年10月 - PREMIER「和民」1号店として大船東口店を出店
  • 2004年11月 - 農業生産法人有限会社当麻グリーンライフと資本提携し、グループ会社化
  • 2005年1月 - 和民(深セン)有限公司を設立し、中国本土1号店として居食屋「和民Shenzhen」萬象城店を出店
  • 2005年3月 - 株式会社アールの介護の全株式を取得
  • 2005年4月 - ワタミフードサービス株式会社を、ワタミ株式会社へ商号(社名)変更
  • 2005年5月 - 三商和民股フン有限公司(Watami & Mercuries Co.,Ltd.)設立
  • 2005年7月 - 居食屋「手づくり厨房」1号店として赤羽東口駅前店を出店
  • 2005年9月 - 株式会社ワタミバイオ耕研を設立
  • 2005年10月 - ワタミメディカルサービス株式会社が自社開発の高齢者マンション(住宅型有料老人ホーム)一号棟として「レヴィータ岸和田」を開設
  • 2005年11月 - 三商和民股フン有限公司が台湾新規出店1号店として居食屋「和民Taiwan」忠孝店を出店
  • 2006年2月 - ワタミフードサービス株式会社を設立し、ワタミの外食事業を移管。ワタミ株式会社はグループ経営を統括する持株会社に移行
  • 2006年2月 - DINING & BAR 「Japago」1号店として三軒茶屋店を出店
  • 2006年3月 - 焼肉居食屋「炭団」1号店として御茶ノ水駅前店を出店
  • 2006年4月 - 株式会社アールの介護とワタミメディカルサービス株式会社が合併し、ワタミの介護株式会社に社名変更
  • 2006年10月 - アルバイト従業員の労働時間のうち30分未満部分を切り捨てて賃金を支払っていなかったことが発覚。北大阪労働基準監督署から是正勧告を受ける。その後、全国41店舗で同様の賃金不払いが発覚(詳細項を参照)。
  • 2008年6月 - 上記賃金不払いを北大阪労基署に通報した元店員が報復人事で解雇されたとしてワタミを提訴[1]
  • 2009年6月20日 - 代表取締役社長をワタミフードサービス株式会社代表取締役社長の桑原豊が兼任し、渡邉美樹は新設される代表取締役会長に就任。
  • 2011年2月15日 - 渡邉美樹が東京都知事選挙出馬のため、代表取締役会長を辞任。
  • 2012年7月17日 - ワタミ夢ストリートを本社内に開設。

グループの事業[編集]

外食事業[編集]

運営会社を記していない業態は、ワタミフードサービス株式会社が運営する業態である。

現行の展開店舗[編集]

居食屋 和民(東大和店、2013年)
語らい処「坐・和民」の店舗例(本八戸三日町店:八戸市
JAPANESE DINING 和民(新江古田駅前店、2013年)
居食屋「和民」(わたみ)
ワタミの基本となる業態。「居酒屋」と「ファミリーレストラン」の中間の「居食屋」として、「豊かで楽しいもうひとつの家庭の食卓」が基本コンセプト。従来の和民(看板の色から「赤和民」と呼ぶ人もいる)の他、取り扱いドリンクとアイテム数を増やし、看板や内装を新たにした新しい和民(「New和民」と呼ぶ人もいる。「民」の漢字は点がひとつ多い異体字が用いられていている。看板の色は薄い黄土色)も登場している。現在、居食屋「和民」を名乗る店舗は東大和店のみとなっており、その他の店舗はJAPANESE DINING「和民」等にリニューアルオープンしている。
JAPANESE DINING「和民」、Japanese Casual Dining「和民」(わたみ)
2011年3月に居食屋「和民」からのリニューアルとして中目黒に1号店を出店。2014年4月9日現在、全国で192店舗が存在し、ワタミグループの中核を成している。
炭火焼だいにんぐ「わたみん家」(わたみんち)
本格炭火焼、自家製おでん、大阪風串揚げを提供する居食屋業態。ワタミダイレクトフランチャイズシステムズ株式会社が運営する。ワタミ社員が独立して、フランチャイズ展開することを念頭においた業態でもある。フランチャイズにより店舗数が増加しており、ワタミグループで最多の店舗数である(220店舗以上)。
語らい処「坐・和民」(ざ・わたみ)
語らいながらゆっくり飲める、個室感覚の食空間を提供する、高級感のある居食屋業態。(160店舗以上)
居食屋「炭旬」(すみしゅん)
炭火串焼と旬鮮料理を中心とした店。2008年6月に1号店をオープン。「わたみん家」と同様に、ワタミ社内の社員独立制度のパッケージとして考案された業態である[2]
Restaurant & American Bar「T.G.I. Friday's」(ティージーアイ・フライデーズ
アメリカのカールソン・レストランツ・ワールドワイド社が世界57か国以上で展開する、「古きよきアメリカ」をコンセプトとするカジュアルダイニングレストラン。日本国内では株式会社ティージーアイ・フライデーズ・ジャパンが運営する。アメリカ・グアムでも現地法人・ワタミUSAグアムが店舗を運営している。
BARU&DINING「GOHAN」(ごはん)
japanese dining「ゴハン」からリニューアルオープン。イタリア・スペイン料理を扱う洋風レストラン。
炭の鳥子 Sumi no TORIKO(すみのとりこ)
2014年1月にオープンした新業態。炭火やきとりと手づくり料理を中心メニューとする。
JAPANESE CASUAL RESTAURANT ごちそう厨房「饗の屋」(きょうのや)
日本食ファミリーレストラン。
JAPANESE BARU「旨い屋」(うまいや)
2012年7月にオープンした和風居酒屋。
CHINA BISTRO「WANG'S GARDEN」(ワンズ ガーデン)
「気軽に本格的な美味しい中華料理を楽しめる」がコンセプトの中華料理店。
炉ばたや「銀政」(ぎんまさ)
炉ばた焼きが特徴の比較的高価格帯の居酒屋。2014年3月にオープン。
居食屋「橘内」(きつない)
炭火串焼きと旬鮮料理を提供する。

展開終了の店舗[編集]

海鮮処「和民市場」
新しい魚介料理が楽しめる居食屋業態。
ごはん酒房「然の家」(ぜんのや)
自然をキーコンセプトとした、ゆったりと語り合える新しい和の居食屋空間を提供する業態。
焼肉居食屋「炭団」(たどん)
「炭火・肉・タレ」にこだわった炭火焼肉居食屋業態。
DINING & BAR「Japago」(ジャパゴ)
japanese dining「ゴハン」の基本を継承した、カフェとしてもダイニングバーとしても利用できる業態。
japanese dining「ゴハン」
古きよき「日本の食卓」をコンセプトとするモダンな居食屋。海外展開店舗の「和民HongKong」(香港)、「和民Shenzhen」(深セン)、「和民Taiwan」(台湾)のベースとなった店でもある。2012年9月をもって閉店。
居食屋「和み亭」(なごみてい)
家族ターゲットのファミリーコミュニティレストランを居酒屋マーケットにシフトさせた業態。駅周辺生活圏に特化し、平日は居酒屋ニーズに、週末はファミリーが来店する居食屋ニーズに対応していた。
居食屋「手づくり厨房」
手作り・できたてをコンセプトに、炭火焼、石焼き、溶岩焼きなどの特色のある料理の味と香りを楽しめる居食屋業態。居酒屋チェーン店では初の店内全面禁煙を導入したことで話題となった。
イタリアン居食屋「CaraGente」(カーラジェンテ)
株式会社カーラジェンテが運営していた、イタリアン居食屋。2003年9月に撤退。
お好み焼HOUSE「唐変木」
お好み焼き店業態。
お好美壱番「KEI太」
お好み焼宅配事業。

中食事業[編集]

展開終了の店舗[編集]

わたみキッチン
三越からの出店要請を受けて、ダイヤモンドシティー・ミュー(現 イオンモールむさし村山ミュー)の三越・武蔵村山店店内に1号店を、新宿・京王百貨店内に2号店をオープンした。
外食産業で培った調理技術をふんだんに投入した惣菜を調理・販売しており、将来的には、介護事業で培った食べやすい料理も導入される方向であった。
当初、「おおきなかぶ」という名称で開業する予定だったが、現在の名称に改められ、店舗ロゴにそのイメージの名残が残っていた。しかし、百貨店地下食品売場の平均販売単価と、ワタミが得意とする販売単価との差があまりにも大きすぎたため、2007年夏に全店閉店、即座に撤退した。

農業事業[編集]

ワタミグループ全店での、安全な食材を使った料理の提供を目的に、1998年に契約栽培での減農薬・減化学肥料栽培野菜を導入した。2001年には、グループ内企業での有機農産物の生産を開始している。現在、約40種類の野菜に加え、酪農と乳製品加工と、生産品目を拡大しており、ワタミグループ各店に食材として供給するほか、「ワタミファーム倶楽部」で有機野菜の宅配を行っている。

農業事業は、主に株式会社ワタミファームを中心に事業展開が行われている。ワタミファームと呼ばれる農場は全国に6か所ある。グループ会社農場を含め約250haの農場で、日本で生産されている有機野菜の約6%(2004年度実績)を生産する、有機農業事業者では日本最大のグループになった。

将来的には、畜産への参入も計画している。

介護事業[編集]

2004年4月、ワタミメディカルサービス株式会社を設立して、介護事業に参入した。2005年3月に介護会社をM&Aで買収し本格参入。

現在は、ワタミの介護株式会社が事業展開を行う。コムスンの介護事業者認定取り消しで一部事業(施設介護)を受け入れ表明していたが、断念した。

また、宿泊施設、飲食物の提供、乳幼児の保育、老人の養護、布団などの貸与などに関して、「ワタミの介護」、「ワタミ」、「介護」などの語や意匠について商標権を有する[3]

環境事業[編集]

店舗施工・メンテナンス業務を行う、ワタミエコロジー株式会社が行っている。 ワタミグループの店舗や介護施設などでのエネルギー削減システムやリサイクルシステムの展開、自社リサイクルセンターでのリサイクル活動により、地球環境保護、二酸化炭素排出削減による地球温暖化防止に貢献すべく活動している。

教育事業[編集]

ワタミユニバーシティ株式会社が行う。ワタミグループ内での採用・教育から、人材開発・教育に関することなど多岐に亘るサポート業務へ事業を拡大し、外食産業以外での他企業へも業務を提供している。

国際貢献・社会貢献[編集]

特定非営利活動法人「School Aid Japan」(スクール・エイド・ジャパン)を通じて、「一人でも多くの子どもたちに人間性向上のための教育機会と教育環境を提供する」ことを目的に、発展途上国において、学校施設の建設、学校教育環境の改善、教材支援や就学困難の児童への支援を行っている。

School Aid Japanの活動は、ワタミグループ各社・社員からの寄付、その他の個人・団体の寄付のほか、ワタミグループのクレジットカード「ふれあいカード」の総利用額1%相当額の寄付、ワタミ株主優待券による寄付により支援されている。

ブラック企業との批判[編集]

死亡事故[編集]

自社の従業員に対し「365日24時間死ぬまで働け」との文言が記載された理念集を配布し、実際に従業員が過労自殺する(後述)など人命に関わる事件を度々起こしたことから、“ブラック企業”と批判されている[4]。ブラック企業と目される企業は有名企業にも少なくないが、ワタミはその筆頭格とされる[5]

またワタミのグループ会社となる「ワタミの介護」運営の施設で事件や事故が続出していることが報じられている。2012年2月に入居していた当時74歳の女性が入浴中に溺死し、当初ワタミ側は遺族に病死と報告していたが、その後の警察の司法解剖の結果、溺死と判明した。また神奈川県の施設に入居していた当時87歳の男性は床ずれの悪化から敗血症になるまで放置され、その後には入院となり5日後に死亡したことなどが報じられている。また他の施設でも事故が起こっており入居者の家族は「スタッフの人数が少ない」と口を揃えているという[6]

これらに対しワタミの代表である渡邉美樹は自社のHP内で下記に記された不祥事があるにもかかわらず、ブラック企業批判を「到底受け入れられるものではありません」と反論。業界内の平均値よりも離職率時間外労働時間が下回っていること、年収が高い事などに触れ、一部の情報からワタミグループをブラック企業と呼ぶことは受け入れられないとしている[7]

ブラック企業大賞[編集]

2012年ブラック企業大賞では、「ブラック企業」にノミネートされ、総投票数の49.8%を獲得し「ブラック企業市民賞」を受賞した。

2013年ブラック企業大賞では、唯一2年連続でノミネートされ、ウェブ投票の72%の票を集め[8]、ブラック企業大賞と一般投票賞をダブル受賞した[9]

労働組合の不存在[編集]

ワタミには、労働組合は存在しない[10]。ワタミ人事部は、2008年4月に入社し過労自殺した女性と同期に入社した従業員に対し、会社説明会の席上で、「ワタミの従業員は家族であり『労使一体』であるため、労働組合が存在する必要はない」と述べている[10]

不祥事・事件[編集]

労働基準法違反[編集]

従業員への賃金未払い[編集]

ワタミの傘下企業である「ワタミフードサービス」は、アルバイト従業員の勤務時間を30分単位で記録し、端数を切り捨てて賃金計算を行っていた。 このような時間外労働時間の四捨五入や切り捨ては労働基準法により禁止されている違法行為・犯罪行為である。

北大阪労働基準監督署は「和民香里園駅前店」と「坐・和民枚方市駅前店」を調査し、未払い賃金の存在を明らかにした。そのうえで、ワタミフードサービスに対し是正勧告を行い、他店舗でも同様の問題がないか調査するよう指導した。ワタミフードサービスが内部調査を実施したところ、全国47店舗で同様の事例が確認された[11]。ただし、ワタミ社長室が公表したコメントでは「香里園店を含む6店舗」[12]にて問題があったことは認めているが、内部調査により同様の行為が発覚した店舗数については公表していない。この問題に対し、ワタミの社長室は「時間管理が十分ではなかった」[13]と説明している。

ワタミの広報担当では「労働時間の切り捨てはあってはならず、徹底できていない店があった。全国の店舗ですでに改めた」[1]とし、217人に対し合計約1280万円の未払い賃金を支払った[13]

内部告発者を懲罰解雇[編集]

北大阪労働基準監督署に通報した元従業員は「内部告発に対する報復で解雇された」[1]と主張し、ワタミフードサービスを提訴した。元従業員の主張によると、賃金未払いの改善を求めても店長が対応しないためワタミフードサービス側に通告したうえで労働基準監督署に通報したところ、ワタミフードサービス側から「労基署に行くようなやつは会社にとって脅威だ」[14]と退職するよう要求され、2007年9月に解雇されたとしている。

しかし、ワタミの社長室では「内部告発を理由に解雇を行なった事実は一切ございません」[12]とのコメントを公表し、「解雇する時はやむを得ない理由場合に限られていますし、内部告発が原因だということは絶対にありません」[15]と説明している。インタビューにてこの問題を問われた際、ワタミ社長の渡邉美樹は「事実無根です。そんな卑劣なことをするはずがありません。結果的に彼の告発のおかげで賃金未払いの事実が分かり、それを改善することでワタミがより成長できる機会を得られたのです。そのような人を報復のために解雇するなどあり得ません」[16]と主張している。 2009年1月14日大阪地裁で和解が成立し、ワタミフードサービスが懲戒解雇を撤回して合意退職とし、解決金75万円を支払った。また、和解条項で、同社は解雇の際に不適切な発言があったことも認めて陳謝した。

不適切な労使協定の元での時間外労働[編集]

ワタミの一部店舗で、労働基準法によって定められている労使間の手続きを踏まないまま時間外労働をさせていたことが2012年5月に発覚し、同社は実態調査に乗り出す方針を表明した[17][18]

女性従業員の過労自殺[編集]

2008年4月に「ワタミフードサービス」に入社し、神奈川県横須賀市内の京急久里浜店に配属された26歳の女性従業員が[19]、2か月後の同年6月に同市内の自宅近くのマンションから飛び降りて自殺した[20]。女性の遺族は「長時間の深夜勤務や、残業が続いた」ことを原因とする労働災害の認定を申請した[21]。横須賀労働基準監督署は女性の自殺が業務に起因するものとは認めなかったため[19]、遺族は神奈川労働局に審査を求めた[22]。神奈川労働者災害補償保険審査官により改めて審査が行われた結果、2012年2月14日付けで、女性の自殺は過労による労働災害であると正式に認定された[22]

決定書および代理人弁護士によると、「深夜の調理担当として配属された[22]」女性は「連日午前4時から6時までの調理業務[23]」および「朝5時までの勤務が1週間連続[21]」するなど、「最長で連続7日間の深夜勤務を含む長時間労働[24]」により「1か月の残業が約140時間[22]」に達し「4月から6月の2か月間の残業は計約227時間[24]」にも及んだばかりか、「『休日』には午前7時からの早朝研修会やボランティア活動およびリポート執筆[23]」が課され「休日や休憩時間が不十分[21]」で「極度の睡眠不足の状態[25]」に陥り、「不慣れな調理業務の担当となり、強い心理的負担を受けた[21]」ことなどを主因として「精神障害を発病[23]」し女性が自殺に追い込まれたと、業務と自殺の因果関係を認めた[22][23]

自殺前の女性の手帳には、助けを求める悲痛な叫びが記されていた[21][26]。本件に関して女性の父親は「過酷な労働環境により娘は自殺に追い込まれた。ワタミの責任だと認められたことが娘への何よりの供養。これを機に、ワタミが従業員を重んじる企業へと更生することを望む。また、同様の状況下にある人を少しでも救ってほしい」と述べた[21][23][25]

ワタミ広報グループは報道各社の取材に対し、いったんは「審査官による決定書の内容を把握しておらず、コメントを差し控えたい」と述べたが[21][22][25]2月21日に自社のウェブサイト上にて「当社の認識と異なっており、今回の決定は遺憾」との声明を文書にて発表した[27][28]

同社の創業者であり取締役会長渡邉美樹は自身のTwitterで女性の自殺について触れ、「労災認定の件は非常に残念であるが、労務管理ができていなかったとの認識はない」との見解を示した[29]。そしてそのわずか5時間半後には、自身が理事長を務める「郁文館夢学園の姉妹校建設のためバングラデシュに来た。バングラデシュにおける教育モデルを作りたい[30]」などと発言した。渡邉の発言には多くの批判が寄せられたが[31][32]、渡邉はそれに対し「多くの指摘に感謝する[33]」と述べた。また、「バングラデシュで学校を作ることは、亡くなった彼女も期待してくれていると信じている[33]」などと発言した。渡邉は、神奈川労働者災害補償保険審査官によって正式に認定された元女性従業員の苛烈極まりない労務を認めなかったばかりか、女性の自殺という取り返しのつかない結果に至ってしまったことに対する謝罪の弁を述べることもなかった[31]。渡邉の一連の発言に対し、あまりにも不見識であるとの猛烈な批判が殺到した[31]。事ここに至って、渡邉はようやく「命懸けで反省する。彼女に心から詫びねばならない」と陳謝した[10][32][34]

この渡邉の発言のあとの2月24日、ワタミは自社のウェブサイトから、「当社の認識と異なっており、今回の決定は遺憾」と会社としての見解を表明していた文書を削除し[28]、新たに「労災認定については、神奈川労働者災害補償保険審査官による決定の内容を精査し、真摯に対応する」との声明を文書にて発表した[35]。しかしワタミは、自殺した元女性従業員の残業時間や勤務状況、および先の文書を削除した意図に関しての回答は拒否した[28]

代理人弁護士はワタミに対して、遺族への謝罪と賠償を請求し、再発防止策の提示を求める要望書を提出すると表明した[25]

渡邉は自ら「命懸けで反省する」と公言し[34]、ワタミも「真摯に対応する」との声明を出していたが[35]、そういった一般向けへの態度とは裏腹に、遺族に対しては「金を払えばいいのだろう」という姿勢で臨んだ[36][37]。労災が認定されたにもかかわらず、ワタミは遺族に対し「直ちに会社の安全配慮義務違反には当たらない」と主張し、遺族が求めていた再発防止策への明確な回答も拒んだ[36]。遺族は、元女性従業員の自殺の原因究明と再発防止のため、2012年9月にワタミの会長である渡邉本人との直接交渉を求めた[36]。それに対しワタミは、「渡辺会長の同席は一回だけ」、「録音は不可」、「両親の立てた代理人とは交渉しない」、「労働組合の立ち会い不可」などと回答し、娘を失って悲嘆に暮れる遺族の感情を逆なでした[36][37]。遺族が抗議すると、2012年11月、ワタミは、加害者である自らが被害者である遺族に対して名古屋地方裁判所民事調停を申し立てるという異例の対応を取った[37]。申し立てた調停の趣旨は、ワタミ側が遺族側に対して支払うべき損害賠償の金額を決定させることであった[37]

ワタミの行動には、一刻も早く事件を風化させ、企業イメージを回復したいという意図が表れていた[37]。遺族は、ワタミが反省の色を示さず、実態究明をも拒んだまま事を進めようとするのであれば、損害賠償も謝罪も再発防止策もありえないと悲憤した[36]。2013年12月、1億5千万円の損害賠償を求めて提訴[38]

裁判における占拠問題[編集]

2014年3月27日の東京地裁における第2回口頭弁論の際、大量の和民職員によって法廷の入り口が塞がれている状態となっており、法廷の傍聴席が占拠しているというツイートをNPO法人「POSSE」のスタッフがツイートした。それに対し、渡邉はフェイスブックで「事実と反する」と表明。「双方傍聴希望が多数あり、その場で協議した結果、原告側(2):被告側(1)の割合で傍聴席をわけ、受け入れたのが事実だ」と発言した。

ワタミ広報も「関係各部署のスタッフが自主的に傍聴しに時間前に並んだにすぎない」としており、多数の和民の職員が裁判の傍聴を求め、争った事実はあるものの、業務として行った事ではない事を表明している[39]

居酒屋「和民」桜木町野毛店での火災事故[編集]

2010年4月26日午後5時半ごろ、神奈川県横浜市中区花咲町2-59の白鳥ビル4階の居酒屋「和民」桜木町野毛店から出火し、調理室などが焼けた。ビル内にいた人は全員避難してケガ人はなかった。伊勢佐木署は、従業員が鍋を火にかけて目を離した隙に、油やゴミが付いた排気ダクトに燃え移ったと言う。また、同日付で「和民」を閉店。その後、店舗を改装し、5月14日に「炭火焼だいにんぐ わたみん家」として新たに営業再開した。[40]

ノロウイルスによる食中毒[編集]

  • 2007年11月・12月
    埼玉県上尾市谷津の居酒屋「和民」上尾モンシェリー店で、11月30日および12月1日に飲食した客33名(5グループ)が、下痢や嘔吐などの体調不良を訴えた。鴻巣保健所の立ち入り検査および病院の検査において、一部の客と従業員3名からノロウイルスの陽性反応が検出されたことから、同店は12月12日から3日間の営業停止処分となった[41][42]
  • 2009年4月・5月
    介護付有料老人ホーム「レストヴィラ町田小野路」で、4月29日より入居者・職員らに下痢や嘔吐などの症状があり、5月1日までに男性10人、女性18人の合計28人が発症した。東京都町田保健所の立ち入り検査の結果、4人からノロウイルスの陽性反応が検出された。東京都福祉保健局より、5月3日から7日間の給食提供業務停止の行政処分となった[43][44]
  • 2010年1月・2月
    広島県東広島市西条本町の居酒屋「語らい処 坐・和民」広島西条駅前店で、2月18日夜に飲食した22歳から60歳の客の男女14人が嘔吐や下痢を訴え、西部東保健所は集団食中毒と断定した。同店は、2月22日夜から当分の間、営業禁止処分となった。また、兵庫県神戸市中央区の居酒屋「語らい処 坐・和民 」JR三宮高架下店において、1月18日にも14人の集団食中毒を出した[45]
  • 2010年9月
    東京世田谷区内の「語らい処 坐・和民」三軒茶屋駅前店。世田谷保健所の生活保健課によると、2010年9月10日に出された宴会料理が原因で、ノロウイルスによる食中毒の症状を訴えた客が20人いた。同13日の立ち入り検査では店内から検出できなかったが、複数の食事グループから同じ遺伝子配列のウイルスを検出した為、同30日から7日間の営業停止処分にした。ワタミの公式サイト上では、同日付で世田谷区からの行政処分についての文書を出し、店名を挙げた上で処分を厳粛に受け止め、再発防止などに努めることを明らかにしている。なお店舗は処分を受けた事実を公表せず、休業理由を「店内改装のため」と偽っていた。桑原社長、渡邉会長とも「詳細の公表はしない」、理由も「一切回答出来ない」[46]
  • 2011年1月25日
    静岡県東部保健所は25日、沼津市大手町の飲食店「炭火焼だいにんぐ わたみん家」沼津店で会食した、2組計18人が嘔吐や下痢、発熱などの症状を訴え、ノロウイルスによる食中毒と診断されたと発表。同保健所は25日から当分の間、同店を営業禁止にした。同保健所によると、患者や従業員の便から、ノロウイルスが検出された。患者は、それぞれ22人、6人のグループで、1月15日に食事し、翌16日夜から症状が現れた[47][48]
  • 2012年12月5日~6日
    東京都千代田区保健福祉部・千代田保健所生活衛生課は、ワタミフードサービスが営業するわたみん家水道橋西口東京ドーム口店」においてノロウイルスによる集団食中毒が発生したことを、2012年12月13日に公表した[49]。同保健所は、同日より同店に対して、施設およびその取り扱いを改善するよう命じ、衛生上の危害が除去され安全が確認されるまで営業を禁じる処分を下した[49]。発症が確認されたのは、12月5日から6日にかけて同店より提供された食事を摂った、21歳から59歳までの大学生および会社員の男女にて構成される四団体[50]。東京都によると、両日の利用客は、合計で約400人であった[50]。ワタミフードサービスは、同店においてノロウイルスによる食中毒症状や体調不良が生じ、千代田区から行政処分を受けたことを認め[51]、「水道橋西口東京ドーム口店」の店舗ページには「都合により一時休業中」との一文を掲載し[52]、同月10日より営業を自粛した[51]

「ワタミの介護」入居者死亡事故[編集]

87歳の男性入居者が死亡、不適切な介護[編集]

ワタミの介護」が運営する介護老人ホーム「レストヴィラ元住吉」にて入居者の男性(当時87歳)が2006年に容態が急変し死亡した[4]。男性の死の直前にワタミ本社内にて設けた家族と渡邉との会談の席上で、渡邉は男性の家族に対し「1億欲しいのか」と放言した[4]。男性の死後、遺族はワタミを提訴した[4]。横浜地方裁判所は「ワタミの介護」側に約2160万円の支払いを命じる判決を出した[4][53]。横浜地裁は、男性が死亡した原因は施設側の不適切な介護に起因する細菌感染と敗血症によるものと認定した[53]。遺族は、渡邉の「1億欲しいのか」という放言によって精神的に大きな傷をこうむり、それを忘れることはできないだろうと語った[4]

74歳の女性入居者が溺死・隠蔽、警視庁が捜査[編集]

2012年2月16日午後、東京都板橋区にある「ワタミの介護」の「レストヴィラ赤塚」にてパーキンソン病を患っていた女性(当時74歳)が、入浴中に死亡した[54][55]。女性は、パーキンソン病のため身体が不自由であったにもかかわらず、浴室内で一時間半以上放置されたのち、浴槽内で鼻から下が水につかった状態で発見された[54][56]警視庁高島平警察署業務上過失致死容疑で捜査を始めた[54][56]司法解剖の結果、死因は溺死であった[56]。この女性は2009年にパーキンソン病と診断され、2010年末に同施設へと入所した[54]。2012年1月ごろから、パーキンソン病による身体の不自由のため、施設内にて転倒を繰り返していた[54]。だが職員は、入浴中に一度も女性の様子を確認しなかった[56]。事故当初、施設側は遺族に対して「10分間、目を離した間に心肺停止になった。病死の可能性が高い」などと説明した[54]。しかし警察の捜査によって施設側の説明は虚偽であることが判明したところ、施設側は一転して「ほかに入浴者がおり、手が回らなかった」などと釈明した[54]。女性の長女は、施設側の介護体制の杜撰さを指摘し、そのような施設に母親を入所させてしまった自身の判断について哀痛と悔恨の弁を述べた[54]

「ワタミの宅食」における不祥事[編集]

宅食事業子会社「ワタミタクショク」をサービスとして「まごころスタッフ」による手渡しを基本とした宅配サービスを行っている。さらに事前に申し出をしておけば、弁当を届ける際に安否確認サービスを利用する事ができ、異変があった場合には、速やかに家族や医療機関等に連絡するサービスを提供している。

ところが、2013年8月、一人暮らしであった横浜市港南区の女性に弁当を宅配する際、弁当宅配員が弁当を届けたところ、応答が無かったにも関わらず、安否確認を怠っていた。その後、放置しており、翌日確認したところ、女性は死亡していたという。死因は心不全によるものであったが、状況などから宅配員が訪問した時間帯に倒れた可能性があるとされている。[57]

この事故後、死亡した女性の長男が、ワタミタクショクに手渡し及び安否確認サービスに対する説明を求めたところ、「宅配の翌日まで弁当に手が付けられていなかったら、異変として対応する」との説明を受けたという。[58]長男は、2014年2月、ワタミタクショクとその社長、女性宅配員(ワタミタクショクとの契約関係については不明とされている)、さらに事業スキームを考案した渡邉美樹を相手どり、横浜地裁に訴訟を起こしている。

なお、訴訟提起後、ワタミタクショクのホームページに「無料のサービスであり、サービス実施に関して当社やまごころスタッフが義務や責任を負うものではありません。」という一文が追記され、それに伴い、鷲尾真知子が登場しているイメージ写真等も一新された。[59][60]

他社とのトラブル[編集]

「魚民」vs「和民」看板紛争

2003年12月26日モンテローザは、ワタミフードサービスに対し、同社から「『和民』に似た名称の店名、似たデザインの看板を『魚民』がわざと使っている」との虚偽の事実を公表されたとして、3000万円の賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こした。

それに対し、ワタミ側も名誉を傷つけられたとして逆提訴。互いに「店を混同させる手法があからさま」(ワタミ)、「赤地に白抜きの看板は外食産業の共通財産」(モンテローザ)と主張を対立させたものの、翌年12月17日、東京地裁で和解が成立。「魚民」が看板の使用を中止する義務はないことを「和民」側が認める、モンテローザ社が損害賠償請求を取り下げる、双方が今後、お互いを誹謗中傷しないことなどが条件。

これにより「魚民」「和民」共存になった。

ところがワタミ社長・渡邉美樹はその後、2007年に著書『もう、国には頼らない。』中で“○民”と名を挙げ“和民というヒットした先行者がいれば真似て全部そっくりにする者が出て来る”と記す。モンテローザはこれを和解内容に反するとして、法人のワタミ及び渡邉に対し1億円の賠償を求め提訴。東京地裁は2009年11月16日、渡邉個人の責任のみを認め300万円の賠償を命じた。

関連会社[編集]

  • 外食事業
    • 株式会社ワタミフードサービス - 居酒屋「和民」などの飲食店を経営
    • ワタミダイレクトフランチャイズシステムズ株式会社 - 2009年4月1日、株式会社ワタミフードサービスに統合
    • ワタミ手作りマーチャンダイジング株式会社(旧株式会社渡美商事)
    • 株式会社ワタミファーム - 農産物の販売等
  • 介護事業
  • その他の事業
    • ワタミタクショク株式会社 - 高齢者宅等への弁当宅配事業。
    • ワタミエコロジー株式会社

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「ワタミがアルバイトに賃金未払い 内部告発の店員を解雇」朝日新聞社 2008年6月1日
  2. ^ 居食屋「炭旬(すみしゅん)」直営1号店が綾瀬にオープンします。 - ワタミ・2010年4月12日
  3. ^ 登録番号第5023028号、2007年2月2日登録。
  4. ^ a b c d e f 「週刊文春」編集部 (2013年6月12日). “ワタミに死亡事故で賠償命令 渡辺美樹会長は遺族に「1億欲しいのか」”. 週刊文春. 文藝春秋. 2013年6月13日閲覧。
  5. ^ 萩原雄太 (2013年6月11日). “参院選出馬の陰で……飛び降り自殺から5年「金なら払う」終わらないワタミ過労死事件の今”. 日刊サイゾー. サイゾー. p. 1. 2013年3月16日閲覧。
  6. ^ 週刊文春 2013年6月20日号
  7. ^ 「ブラック企業」と呼ばれることについて”. わたなべ美樹(ワタミグループ創業者)公式サイト. 2013年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月31日閲覧。
  8. ^ ブラック企業大賞2013 ウェブ投票!”. 2013年8月14日閲覧。
  9. ^ 決定!ブラック企業大賞2013 大賞・各賞” (2013年8月11日). 2013年8月14日閲覧。
  10. ^ a b c 萩原雄太 (2013年6月11日). “参院選出馬の陰で……飛び降り自殺から5年「金なら払う」終わらないワタミ過労死事件の今”. 日刊サイゾー. サイゾー. p. 3. 2013年3月16日閲覧。
  11. ^ 「ワタミ未払い賃金1200万円」『ワタミ未払い賃金1200万円:ニュース:ジョブサーチ:YOMIURI ONLINE(読売新聞)読売新聞 2008年6月2日
  12. ^ a b ワタミ『本日の一部報道について2008年6月1日
  13. ^ a b 長谷川豊「ワタミ:バイト217人に未払い賃金1280万円支払う」毎日新聞社 2008年6月1日
  14. ^ 「ワタミ賃金未払い告発の元店員――『解雇は報復』と提訴」朝日新聞社 2008年6月2日
  15. ^ 「ワタミ『内部告発で報復解雇』――渡邊社長『事実無根』と全面否定」『J-CASTニュース:ワタミ「内部告発で報復解雇」 渡邊社長「事実無根」と全面否定ジェイ・キャスト 2008年6月4日
  16. ^ 末永稔「ワタミ渡邉美樹社長が真相を激白!『賃金未払いと内部告発による解雇報道についてお話ししましょう』」『ワタミ渡邉美樹社長が真相を激白!「賃金未払いと内部告発による解雇報道についてお話ししましょう」(後編) - TOPICS - 日経レストラン ONLINE日経BP社 2008年6月3日
  17. ^ ワタミの一部店舗、時間外労働で不適切労使協定 読売新聞 2012年5月17日
  18. ^ ワタミグループ 広報グループ (2012年5月17日). “本日の一部報道について (PDF)”. トピックス. ワタミ. 2012年5月20日閲覧。
  19. ^ a b 就職2カ月で過労自殺 居酒屋チェーン「和民」の26歳女性” (日本語). 労働相談. 神奈川県労働組合総連合 (2010年3月1日). 2012年2月22日閲覧。
  20. ^ 「和民」元社員、過労で自殺を労災認定” (日本語). JNN News i. TBSテレビ (2012年2月21日). 2012年2月22日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g NHKニュース (2012年2月21日). “「和民」の女性社員自殺 労災認定” (日本語). NHKオンライン. 日本放送協会. 2012年2月22日閲覧。
  22. ^ a b c d e f 山下俊輔 (2012年2月21日). “ワタミ従業員自殺:ストレス原因と労災認定” (日本語). 毎日jp. 毎日新聞社. 2012年2月22日閲覧。
  23. ^ a b c d e ワタミ社員の自殺、労災認定 入社2カ月の女性” (日本語). 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2012年2月21日). 2012年2月22日閲覧。
  24. ^ a b 自殺のワタミ社員、一転して労災認定” (日本語). YOMIURI ONLINE. 読売新聞社 (2012年2月21日). 2012年2月22日閲覧。
  25. ^ a b c d 「過労自殺」入社2カ月ワタミ新入社員、労災審査官認定/神奈川” (日本語). カナロコ. 神奈川新聞社 (2012年2月21日). 2012年2月22日閲覧。
  26. ^ 共同通信社 (2012年2月21日). “ワタミ社員の過労自殺を認定 入社2カ月の26歳女性” (日本語). 東京新聞. 中日新聞東京本社. 2012年2月22日閲覧。
  27. ^ ワタミグループ 広報グループ (2012年2月21日). “本日の一部報道について (PDF)” (日本語). トピックス. ワタミ. 2012年2月22日閲覧。[リンク切れ]
  28. ^ a b c ワタミ反省の色なし!? 自殺した女性の勤務内容について一切回答せず / 「遺憾」とした文書を削除” (日本語). ロケットニュース24. ソシオコーポレーション (2012年2月24日). 2012年2月25日閲覧。
  29. ^ 渡邉美樹 (2012年2月21日). “労災認定の件、大変残念です。四年前のこと 昨日のこと ...” (日本語). Twitter. 2012年2月22日閲覧。
  30. ^ 渡邉美樹 (2012年2月22日). “雑踏のバングラデシュに到着しました。今回は、郁文館夢 ...” (日本語). Twitter. 2012年2月22日閲覧。
  31. ^ a b c 渡邉美樹会長発言がネット大炎上 ワタミ側は「自殺社員」の労災認定に反論”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2012年2月23日). 2012年2月25日閲覧。
  32. ^ a b ワタミ渡邉会長、労災認定に「命懸けの反省」”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2012年2月27日). 2012年3月1日閲覧。
  33. ^ a b 渡邉美樹 (2012年2月22日). “バングラデシュ 朝、五時半に、イスラムの祈りが、響き ...” (日本語). Twitter. 2012年2月22日閲覧。
  34. ^ a b 渡邉美樹 (2012年2月24日). “縁あって、ワタミの思いに、共鳴してくれて入社してくれ ...” (日本語). Twitter. 2012年2月25日閲覧。
  35. ^ a b ワタミグループ 広報グループ (2012年2月24日). “2月14日付け決定された労災認定について (PDF)” (日本語). トピックス. ワタミ. 2012年2月25日閲覧。
  36. ^ a b c d e 中沢誠 (2012年12月29日). “2012かながわ取材ノートから(9) 「ワタミ」過労自殺 人命軽視にSOS”. 東京新聞. 中日新聞東京本社. 2013年1月16日閲覧。
  37. ^ a b c d e 萩原雄太 (2013年6月11日). “参院選出馬の陰で……飛び降り自殺から5年「金なら払う」終わらないワタミ過労死事件の今”. 日刊サイゾー. サイゾー. p. 2. 2013年3月16日閲覧。
  38. ^ ワタミ元社員の両親が提訴 入社2カ月後に過労自殺 共同通信2013年12月9日
  39. ^ [ワタミ社員「裁判傍聴席を占領?」騒動 渡辺美樹氏はフェイスブックで「否定」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140328-00000004-jct-soci&p=2]
  40. ^ (10/4/27 朝日新聞)
  41. ^ (07/12/13 毎日新聞)
  42. ^ 中川直洋 (2007年12月12日). “ノロウイルスによる食中毒事故発生のお詫びとご報告”. ワタミ. 2007年12月時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月18日閲覧。
  43. ^ (09/5/3 毎日新聞)
  44. ^ 清水邦晃; ワタミグループ PR・IRグループ (2009年3月3日). “東京都福祉保健局からの行政処分について”. ワタミの介護. 2009年5月時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月18日閲覧。
  45. ^ (10/2/22 産経新聞)
  46. ^ 村上力 (2010年11月16日). “居酒屋ワタミが事故を隠蔽工作――ノロウイルス食中毒事故で7日間の営業停止処分”. 週刊金曜日ニュース. 金曜日. 2012年5月18日閲覧。
  47. ^ (11/1/25 静岡新聞)
  48. ^ 桑原豊; ワタミグループ 広報グループ (2011年1月25日). “静岡県東部保健所からの行政処分について (PDF)”. トピックス. ワタミフードサービス. 2012年5月18日閲覧。
  49. ^ a b 千代田区保健福祉部・千代田保健所生活衛生課 (2012年12月13日). “食品衛生法第63条の規定に基づく違反者の公表について(食品衛生担当)”. 千代田区総合ホームページ. 東京都千代田区. 2012年12月14日閲覧。
  50. ^ a b 水道橋の「わたみん家」で27人 ノロウイルス集団食中毒”. MSN産経ニュース. 産経デジタル (2012年12月13日). 2012年12月14日閲覧。
  51. ^ a b 桑原豊 (2012年12月13日). “千代田区からの行政処分について (PDF)”. ワタミフードサービス. 2012年12月14日閲覧。
  52. ^ 桑原豊. “炭火焼だいにんぐ「わたみん家」水道橋駅西口東京ドーム口店 ※都合により一時休業中”. ワタミフードサービス. 2012年12月14日閲覧。
  53. ^ a b 老人ホーム入居者死亡訴訟判決、ワタミ側に賠償命令/横浜地裁”. カナロコ. 神奈川新聞社 (2012年3月24日). 2012年3月25日閲覧。
  54. ^ a b c d e f g h 和田浩幸 (2013年1月12日). “女性水死:東京・板橋の介護施設で ワタミ運営、職員が入浴時放置”. 毎日jp. 毎日新聞社. 2013年1月14日閲覧。
  55. ^ ワタミ系の介護施設で74歳女性が溺死 入浴中、警視庁が捜査”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2013年1月12日). 2013年1月14日閲覧。
  56. ^ a b c d 入浴中の74歳入所者溺死…「ワタミ」の施設”. 読売新聞. 読売新聞社 (2013年1月12日). 2013年1月14日閲覧。
  57. ^ 弁当宅配「安否確認怠り母死亡」=ワタミ子会社を提訴-横浜地裁
  58. ^ 「安否確認怠り母親死亡」 ワタミ子会社を提訴 横浜の男性
  59. ^ [1]
  60. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]