TBS NEWS DIG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JNN News iから転送)
TBS NEWS DIG
Powered by JNN
URL https://newsdig.tbs.co.jp/
種類 合同会社
言語 日本語
タイプ ニュースサイト
ジャンル 報道
運営者 TBS・JNN NEWS DIG合同会社
設立者 ジャパン・ニュース・ネットワーク
営利性 営利
開始 2022年4月18日 (3か月前) (2022-04-18)
現在の状態 運営中
TBS・JNN NEWS DIG合同会社
TBS・JNN NEWS DIG, LLC.
種類 合同会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-8006
東京都港区赤坂5丁目3番6号
設立 2022年4月7日
業種 情報・通信業
事業内容 TBS NEWS DIG Powered by JNNの運営
代表者 職務執行者 宇野肇
(代表社員 株式会社TBSテレビ
資本金 300万円
所有者 ジャパン・ニュース・ネットワーク28局
外部リンク https://newsdig.tbs.co.jp/
テンプレートを表示
TBS NEWS DIG Powered by JNN
YouTube
チャンネル
活動期間 2009年9月15日 -
登録者数 約110万人
総再生回数 約11億6110万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月3日時点。
テンプレートを表示

TBS NEWS DIG(ティービーエス・ニュースディグ、正式名称:TBS NEWS DIG Powered by JNN(ティービーエス・ニュースディグ パワード・バイ・ジェイエヌエヌ))は、TBS・JNN NEWS DIG合同会社(ティービーエス・ジェイエヌエヌ・ニュースディグ、: TBS・JNN NEWS DIG, LLC.)が提供する、インターネットを介したジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)のニュース動画配信システムである。

日本国内のニュースサイトとしては最も早く、JNN基幹局のTBSテレビ東京放送だった時代の1999年に、JNN News i(ジェイエヌエヌ・ニューズ・アイ)として運用を開始。2017年4月1日から2022年4月17日までの期間には、TBS NEWS(ティービーエスニュース)という名称で運用されていた。2022年4月18日からは、TBSテレビを含めたJNN加盟全28局の共同出資による「TBS・JNN NEWS DIG合同会社」が、配信専用のサイトやYouTubeチャンネルを運営している。

TBS News 2020 logo.png

概要[編集]

地上波(JNNTBSテレビ)および、ニュース専門のCS放送局(以下では『TBS NEWS』と略記)で放送済みのニュースを中心に、ストレートニュース、天気予報、報道・情報系の特集動画を常時送信。『TBS NEWS』やTBSテレビが新宿駅の南口前に常設している情報カメラからの24時間ライブ配信や、サイト独自のシリーズ企画に沿った特集動画のライブ/アーカイブ配信も実施している(詳細後述)。

2001年頃からは、地上波テレビとCS放送(TBS NEWS)で毎日昼・夕方・深夜に放送されるニュース番組の冒頭部分から、著作権に抵触する可能性のある映像(世界規模のスポーツ大会における試合・競技映像など)を除く映像を、リードを含めて最長で30分(当初は15分)程度に編集したうえでアーカイブ動画として配信している。なお、アーカイブ動画の公開期間は7日間である。

2017年3月31日までは「JNN NEWS i」、翌4月1日から2022年4月17日(日曜日)までは「TBS NEWS」という名称を使用。2022年4月18日(月曜日)からサイトの運営主体がJNN加盟全28局で出資するTBS・JNN NEWS DIG合同会社へ移行したことを機に、「TBS NEWS DIG Powered by JNN」(ユニバーサルデザインを施したJNN全般のニュース記事・動画配信サイト)を新設。前日(17日)まで加盟局ごとに運営していたニュース動画・記事配信ページの大半を統合した[1]ほか、TBSテレビがYouTube上で運営しているニュース動画の配信チャンネル名も「TBS NEWS DIG Powered by JNN」に改められた。

新サイト名の「DIG」(「深く掘り下げる」「探求する」「発見する」といった意味を持つ英語)には「テレビだけでは語り尽くせないニュースや情報をデジタルの世界で深く掘り下げる」という想いを込めていて、サイトの開設に際しては「ディグ」(イヌの顔や習性にちなんだキャラクター)を新たに設定したほか、ゲヒルン提供の情報に基づく防災関連のコンテンツを配信の対象に追加。地上波では、「ディグ」に大森南朋が声を当てたアニメーションCM[2]を上記の全国ニュース内で流しているほか、『Nスタ』の平日版第1部(通常はTBSテレビを含めたJNNN加盟局の一部で放送される任意ネットパート)内のストレートニュースコーナーの名称を「Nスタ News Clip」から「Nスタ NEWS DIG」に変更している。

配信の手段[編集]

FLVWMV高画質(291kbps)、WMV低画質(56kbps)という3つの形式で配信している。

「JNN Newsi」時代から、TBSテレビ(2022年4月18日以降は「TBS・JNN NEWS DIG」)が配信専用のサイトを自前で運営しながら、ニュース動画の一部をYahoo!ニュースBIGLOBE経由で配信。2005年4月4日からは一時、「MSNビデオ」(MSNが当時日本国内で運営していた動画ストリーミングの無料サイト)からも配信を実施していた[3]

TBSテレビがGoogleとの間で公式パートナー契約を締結したことに伴って、Googleが運営するYouTubeでの配信を2009年9月28日から開始[4]2015年10月21日でいったん終了したが、2018年秋から再開している。

2014年1月27日からはSmartNews(スマートニュース)での配信も始めていて[5]、同社が2015年に創設した「SmartNews Awards」(良質なコンテンツの担い手であるメディアの活動を毎年顕彰する制度)では、「TBS NEWS」時代の2019年[6]2021年に「ブレーキングニュース部門」でベストパートナー賞を受賞している。

主な配信動画[編集]

「TBS NEWS DIG Powered by JNN」として運用を始めた時点では、以下の動画を中心に配信している。

  • 「朝のニュース」(5:00 - 11:00時点でのニュース動画)
  • 「昼のニュース」(11:00 - 18:00時点でのニュース動画)
  • 「夜のニュース」(18:00 - 翌朝5:00時点でのニュース動画)
    • いずれも、当該時間帯にライブ配信、当該時間帯の終了後から1週間限定でアーカイブ配信を実施。YouTube上の配信チャンネルでは、ライブ配信の時間帯に限ってチャット機能を開放している。
    • 配信対象の番組で放送中に時刻や天気予報を表示していた場合には、表示のスペース(画面の右上)を「TBS NEWS DIG」のブランドロゴに差し替え。配信動画のサムネイルでは、対象番組のキャスター(主にTBSテレビのアナウンサー)から1名の顔の画像を、本放送の日付や時間帯ごとのタイトル(前述)と合わせて表示している。
    • 平日の配信分については、TBSテレビが平日の早朝に『THE TIME,』(JNN全国ネットの生放送番組)の放送を開始した2021年10月1日金曜日)から、以下の番組のダイジェスト動画で構成している。
      • 「朝のニュース」:『THE TIME,』内の全国ニュースパート+『TBS NEWS』でのストレートニュース
      • 「昼のニュース」:『JNN NEWS』(『ひるおび』11時台後半への内包分)の全国ニュースパート+『TBS NEWS』でのストレートニュース
        • 『JNN NEWS』の動画については、担当キャスターによる放送冒頭の挨拶から収録されているため、「この番組は午前11時半から放送された『JNNニュース』のダイジェストです」という字幕を動画の右上へ独自に挿入。かつては、『ひるおび』のスタジオから13時台の後半に放送される全国ニュースなども、配信の対象に加えていた。
      • 「夜のニュース」:『Nスタ』平日版のJNN全国ニュースパート+『TBS NEWS』でのストレートニュース
        • 『Nスタ』の動画については、メインキャスターによるトップニュース直後の挨拶も収録されているため、「この番組は(放送月・放送日)に放送された『Nスタ』のダイジェストです」という字幕を動画の右上へ独自に挿入。ただし、地上波では放送されている「ニュースプレゼンター」(TBSテレビのアナウンサーが項目・コーナーごとに日替わりで分担)のリード映像を割愛しているほか、『TBS NEWS』からの動画だけで賄うこともある。
    • 土・日曜日には、全ての時間帯の配信を『TBS NEWS』からの動画だけで賄っている。かつては、土・日曜日の『JNN NEWS』(11時台と『S☆1』への内包分)、土・日曜日午後の『TBSニュース』(TBSテレビから地上波で関東ローカル向けに放送)、『Nスタ』日曜版のJNN全国ニュースパートも配信の対象に含まれていた。
  • 全国の天気予報(全ての曜日で配信)
    • 「今日の天気」(『TBS NEWS』で早朝に放送された当日の天気予報動画)
    • 「明日の天気 全国」(『TBS NEWS』で夕方に放送された翌日の天気予報動画)
      • いずれも、気象予報士が単独で進行。「TBS NEWS DIG Powered by JNN」の運用開始を機に、上記のタイトルが付けられた。
  • 「明日の天気 関東」(関東地方における翌日の天気予報)
    • 『Nスタ』平日版の第3部(18時台の関東ローカルニュースパート)で女性キャスター(メインキャスターかニュースプレゼンターから1名)と気象予報士が伝えている天気予報をベースに動画を配信。同番組では日曜版の関東ローカルパートでも天気予報を放送しているが、日・月曜日向けの天気予報は配信の対象から外れている。
  • 「TBS NEWS DIG Powered by JNN」オリジナルの報道・情報系動画シリーズ
    • 「NEWS DIG Special Reports」「WORLD NOW ~Live from Somewhere~」(TBSテレビ/JNNの海外支局特派員によるリポート動画)「経済の話で困った時に見るやつ」(TBSテレビアナウンサー・駒田健吾の進行による経済情勢の解説動画)などで構成。「JNN NEWS i」→「TBS NEWS」時代には、金平茂紀伊藤洋一などによるコラムの動画も定期的に配信していた。

この他にも、『Nスタ』で全国ネットを実施していないパートや『news23』(地上波で平日の最後に放送される全国ニュース)『報道1930』(BS-TBS)内で放送されたニュース・特集、土曜夕方の『報道特集』で流れた特集のアーカイブ動画も個別に配信。YouTube内の配信チャンネルでは、「TBS NEWS DIG Powered by JNN」の運用開始を機に、『あかさか実験台』(BS-TBSで2022年2月4日から不定期で設けられている単発番組枠)や派生企画のライブ/アーカイブ動画配信ページも組み込まれている。

主な配信記事[編集]

ニュースによっては、放送済みの映像を編集した動画をYouTubeなどで配信しない代わりに、原稿や出演者の発言などを書き起こした記事を画像と合わせてテキストページで公開。『ひるおび』からも、2022年5月18日(水曜日)以降の午後枠(平日11時台の『JNN NEWS』より後のパート)を対象に、同枠内で放送された報道・情報系特集の一部を上記の方法で紹介している。

JNN加盟局での運営[編集]

「TBS・JNN NEWS DIG」が設立されるまでは、放送済みのニュース動画を配信するページを、JNNの加盟局ごとに運営。「JNN NEWS i」時代のTBSテレビを例に取れば、「TBS News i」というページをTBSテレビの公式サイト内に設けていた。加盟局側のページでは、TBS側から配信される全国ニュースと関東ローカルニュースに加えて、放送対象地域内のローカルニュースの動画を独自に配信していた。もっとも、配信の形態は局によって異なっていた。

2022年4月18日からは、「TBS・JNN NEWS DIG」が「TBS NEWS DIG Powered by JNN」の提供を始めたことに伴って、加盟局側のページの大半を「TBS NEWS DIG」のサイトへ集約[7]。ページの名称が原則として「(アルファベットによる配信局名の略称)NEWS DIG Powered by JNN」(準基幹局で略称が「MBS」の毎日放送では「MBS NEWS DIG Powered by JNN」[8][9]という名称に統一されたほか[1]、「マイエリア」(地域ブロック・都道府県・自治体・区のいずれかの名称)を登録することによって当該エリアでの加盟局のページへワンクリックで切り替えられる機能が設けられた。さらに、「深掘りDIG」というポータルページも新設。TBSテレビを含む加盟全局のニュース記事・動画から、取材のテーマが共通している記事や動画をまとめて紹介しているほか、TBSテレビの単独取材による記事や動画を「DIG編集部Originals」というページで別途取り上げている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 社長室広報部 (2022年4月18日). “JNN系列28局の統合ニュースサイト「TBS NEWS DIG Powered by JNN」が4月18日(月)スタート!”. TBSテレビ. 2022年4月30日閲覧。
  2. ^ 「TBS NEWS DIG Powered by JNN」スタート!”. TBS NEWS DIG (2022年4月16日). 2022年4月18日閲覧。
  3. ^ “MSN、無料動画ストリーミングサイトをオープン”. ITmedia. (2005年4月4日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0504/04/news064.html 2022年5月13日閲覧。 
  4. ^ TBSテレビがGoogleと公式パートナー契約を締結 TBSのニュースがYouTubeで視聴可能に”. TBSテレビ ニュースリリース. 2009年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月14日閲覧。
  5. ^ “「SmartNews(スマートニュース)」に、5メディアを追加” (プレスリリース), スマートニュース, (2014年1月27日), https://kyodonewsprwire.jp/release/201401257786 2022年5月13日閲覧。 
  6. ^ SmartNews Award 2019
  7. ^ 加盟局によっては、ニュース配信サイトの独自運営を続けつつ、全国向けニュース動画・記事の配信のみ「NEWS DIG」で実施していることがある。その典型が毎日放送で、自社制作の報道・情報番組(関西ローカルの『よんチャンTV』など)で放送された報道系企画のアーカイブ動画、自社の解説委員・記者などによる動画コラム、「お天気通信」(関西地方向けの天気予報をベースに報道情報局の気象情報部が制作している気象解説動画シリーズ)などを「MBS NEWS」(「NEWS DIG」の開設前から自社で運営しているニュース配信サイトYouTubeチャンネル)で配信。
  8. ^ JNN系列28局の統合ニュースサイト「TBS NEWS DIG Powered by JNN」が4月18日(月)スタート”. 毎日放送 (2022年4月18日). 2022年4月20日閲覧。
  9. ^ アルファベットの略称ロゴを持たないチューリップテレビでは「TUT NEWS DIG Powered by JNN」という名称になるが、ロゴでは「チューリップテレビ NEWS DIG Powered by JNN」になる。一方で「BSS」の略称ロゴが2つある山陰放送では、斜体字のロゴ(ウォーターマーク等で使用されるロゴ)ではなく製作著作クレジットの「BSS山陰放送」から抜き出したロゴを使用した「BSS NEWS DIG Powered by JNN」になる(ニュース動画配信時に後者のロゴをウォーターマークにしているため)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]