シゴフミ マル秘日報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シゴフミ > シゴフミ マル秘日報
本来の表記は「シゴフミ 日報」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
インターネットラジオ:シゴフミ 日報
配信期間 2007年12月28日 - 2008年7月4日
配信サイト BEAT☆Net Radio!
配信日 毎週金曜日
配信回数 プレ放送2回+本放送26回
配信形式 ストリーミング
ネット局 大阪放送
パーソナリティ 植田佳奈(フミカ役)
浅野真澄(チアキ役)
テンプレート - ノート

シゴフミ 日報』(シゴフミ まるひにっぽう)は、声優植田佳奈(フミカ役)と浅野真澄(チアキ役)がパーソナリティを務めたラジオ番組アニラジ)。

概要[編集]

インターネットで配信されるネットラジオとして、BEAT☆Net Radio!にて2007年12月28日2008年1月4日のプレ放送(『シゴフミ』の作品紹介、各コーナーの紹介および募集などを行った)を経て2008年1月11日から毎週金曜更新の本放送となる。更に2008年4月6日からは大阪放送にて地上波での放送(AM放送)も開始された(第15回ネット配信より告知)。インターネット配信は2008年7月4日の第26回放送で終了。放送回数はプレ放送2回+本放送26回の計28回。 主要スポンサーはバンダイ

シゴフミ』の宣伝、販促を目的としたスタンスではあるものの、パーソナリティの個性を重視した内容になっているのが特徴で、シゴフミ関連の宣伝はありつつも、本放送開始以降は本来の趣旨である番組紹介がほとんど無い。元々、浅野と植田は旧知の仲でもあり、息の合った掛け合いが繰り広げられている。笑いの沸点の低い植田に対して笑いの沸点の高い浅野が冷ややかな突っ込みを入れる機会が多い。冒頭のピアノモノローグなど、番組の構成が浅野が以前、川澄綾子とパーソナリティを努めた『.hack//Radio』と似ている。但しこちらでは浅野がボケ役に回る事が多かった。また、浅野と植田のトークの中で「シゴフミ」製作スタッフおよび関係者の話題がよく取り上げられたのも特徴のひとつである。

パーソナリティのどちらかが、何かしらを手紙にして読む形でスタートする。浅野は植田宛てのメッセージ、一方の植田は身近にあったことをネタにしていることが多い。

主なコーナー[編集]

福音局お笑い検閲
リスナーから一行で笑えるメッセージを募集して、パーソナリティ二人が検閲、面白いと思ったものには笑いの消印を押す。大抵のメールに植田が笑ってしまう為、浅野が「どこが面白いの?」と突っ込む場面が多々ある。タイトルに「一行」とあるが、特に字数制限は無いので、実際にはかなり長いものもある。
魅惑のスパム・ルーム
もし、こんな件名のスパムメールが来たら絶対に開いてしまう・・・というような魅惑メールの件名をリスナーから募集するコーナー。普段の番組内での互いの呼称は「佳奈ちゃん」「ますみん」だが、このコーナーでは魅惑的?な女性の役柄になる為、植田佳奈は浅野真澄に対して「お姉さま」、浅野真澄は植田佳奈に対して「ノンノン」と呼んでいる[1]
フミダス2008
心にグサリと刺さるフレーズ(単語、単文)をリスナーから募集し、用意された3つのフレーズを、互いにABCの3択で指定されたテーマ(例:ラブレター)の文章に仕上げるという言葉遊びのコーナー。心に刺さると言うより単に「おかしな言葉」である事が多い(例:テレビを持って走る快感)。
宣伝販促コーナー
シゴフミのキャラであるフミカ(植田)、チアキ(浅野)が番組関連商品の宣伝をするコーナー。
ふつおたコーナー
リスナーからのふつおたを紹介するコーナー

主題歌[編集]

テレビアニメと同じく、オープニングにALI PROJECTの「コトダマ」、エンディングにSnow*の「Chain」が用いられている。

放送局[編集]

ネット配信[編集]

AM放送[編集]

CD[編集]

シゴフミ マル秘日報 CD 一通目
2008年6月25日発売 LACA-5794
パーソナリティ:植田佳奈(フミカ役)、浅野真澄(チアキ役)
ゲスト:佐藤竜雄(テレビアニメ「シゴフミ」監督)[2]
ラジオ『シゴフミ マル秘日報』の DJCD。新規収録CDとプレ放送+第13回までの配信内容をMP3データとして収録したCD-ROMの2枚組。新規収録CDは、本放送のコーナーである「魅惑のスパム・ルーム」「フミダス2008」の他に、出演者のトーク「マル秘日報」とお便りを紹介する「ゆうび〜ん」で構成されている。なお、「魅惑のスパム・ルーム」をはじめ全てのコーナーで紹介されるお便りは、本放送とは異なり番組リスナーからではなく全てアニメーション『シゴフミ』の製作スタッフおよび関係者から実名あるいは匿名で提供されたものを使用している。[3]
シゴフミ マル秘日報 CD 二通目
2008年7月23日発売 LACA-5797
パーソナリティ:植田佳奈(フミカ役)、浅野真澄(チアキ役)
ゲスト:シゴフミSTAFF
ラジオ『シゴフミ マル秘日報』の DJCD。新規収録CDと第14回〜第26回までの配信内容をMP3データとして収録したCD-ROMの2枚組。新規収録CDは「ゆうび〜ん」と「恐怖のインタビュー」が交互に差し込まれた構成になっており、「ゆうび〜ん」はパーソナリティである植田佳奈と浅野真澄のそれぞれから相方やシゴフミスタッフへ宛てた手紙を読み上げている。「恐怖のインタビュー」は、シゴフミの番組打ち上げ会場の一角にパーソナリティの二人が構えて、そこへ打ち上げ中の佐藤竜雄監督を始めとするシゴフミスタッフを次々と呼びつけてインタビュートークを繰り広げるという、ラジオ本放送や前作のCD以上にスタッフの顔が見える前代未聞の内容になっている(CDジャケットイラストも、手紙を手にしたフミカとお酒のグラスを手にしたチアキが描かれている)。

補足[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当初、浅野真澄は「かなやん」と呼んでいたが、植田佳奈の口癖が元となり第09回放送から「ノンノン」に変わった。
  2. ^ シゴフミ Blog:二人はスゴイ/佐藤竜雄 シゴフミ Blog:佐藤監督、最高でした シゴフミ Blog:浅野さんはチアキ役
  3. ^ シゴフミ Blog:お疲れ様でした!

外部リンク[編集]